07年09月のこのページの記事一覧です。

2007年09月20日

コリン・マクレーが自家用ヘリで死亡事故

2007年9月15日の英スコットランドにて、世界ラリー選手権(WRC)の元チャンピオンのコリン・マクレーが自身が操縦する自家用ヘリコプターが墜落し、自身と長男、長男の友達と自身の友達4人の死亡が確認されました。享年39歳でした。
レースとは関係がない事故死だけでもショックなのに、長男も一緒とは痛ましいです。

 元WRC王者コリン・マクレーがヘリコプターで墜落死 (carview)
 元WRC王者、コリン・マクレー事故死 (Response.)
 伝説的なラリースト,コリン・マクレー氏がヘリコプター事故で死去 (4Gamer.net)
 コリン・マクレー (Wikipedia)

マクレーはWRCでダイナミックなドリフトを披露して日本でも多くのファンがいました。
1995年にスバルのインプレッサでスバル初のマニュファクチャラーズチャンピオンと史上最年少ドライバーズチャンピオンという栄冠に輝きました。90年代にライバルの三菱ランサーエボリューションを駆るトミ・マキネン、トヨタのセリカを駆るカルロス・サインツと共にWRCでの日本車黄金期をもたらしました。


ラリーの華は「ドリフト・ジャンプ・クラッシュ」ですよね。

今と比べて、あの頃のWRCは大きく横を向くドリフト、ジャンプは飛距離も高さもありました。その時のWRCを象徴とするような派手な全開走行を見せてくれるドライバーがコリン・マクレーだったと思います。

今はセバスチャン・ローブを筆頭としたグリップ重視のアングルの小さいドリフト、ジャンプも山なりではなく水平に鋭く飛ぶような感じで飛距離もありません。どちらも少しでも駆動力を得るための走行で素晴らしい技術です。速さを追求するとそこに行き着き、今の主流はそのような走りなわけですが、『観て楽しむ』観客としてはやっぱりワクワク感が減ったかも、という気はします。

最後のクラッシュでもコリン・マクレーは人気者?でした。全開走行が仇となりマシン大破は数知れず、あまりのクラッシュぶりに「Colin McCrash(マクラッシュ、壊し屋マクレー)」と呼ばれるように。まぁ、同じようにトミ・マキネンも全開走行でよくマシンを壊していましたけど、このニックネームのせいか私も妙にクラッシュ=マクレーというイメージがあります。

昨今はWRCからは縁遠い存在となっていましたが、ラリーゲームの監修を行い何本もリリースしているだけに違う方面からラリー界を盛り上げてくれていたと思います。
「6月には「Colin McRae: DiRT」がPC,Xbox 360,PLAYSTATION 3でリリースされており,発売第一週で50万本の売り上げを記録するなど,人気を博している。」(4Gamer.net)


あの青い555インプレッサのドライバーが死んだと思うと、なにやら寂しいです。
ええ、今でも仕事のテストデータで適当な3桁の数字入力となると「555」と入れちゃうお馬鹿さんな私ですから。

ランエボのマキネン vs インプレッサのマクレー vs セリカのサインツ

この時代のWRCが一番好きでした。マクレーには今後のレース界の安全を見守って欲しいです。
posted by 藍旋 at 02:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | WRC 世界ラリー選手権

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。