2006年02月11日

2006年のWRCは6ワークス

GyaOでWRCを放送します!」で、WRCの話を書きましたし、TV東京系のWRC地上波放送、いつやるのかわからないのでとりあえず、今年の話を・・・

去年の終わり、2006年はスバルとフォードのみがマニュファクチャラー(ワークス)参戦となっており、さぞ寒々とした展開・・・と思っていましたが・・・箱を開けると、意外に沢山のエントリーなんですよ!

2連覇のセバスチャン・ローブを擁するシトロエンが2005年に撤退する物の2007年に再参戦するための特別処置と、資金不足が主な原因で撤退が相次ぐ事が判っていたため、今年からマニュファクチャラー1とマニュファクチャラー2という物が設定されました。
1は今まで通りで、2は規制緩和されたものです。これによりS.ローブがマニュファクチャラー2で参戦しても3ワークスのみ・・・寂しいと思ったんですけど、結局は1と2を併せて6ワークスとなりました。

マニュファクチャラー1とマニュファクチャラー2の違い(WRC Plus 2006 Vol.1より)
項目マニュファクチャラー1マニュファクチャラー2
シーズン参戦数16戦全戦10戦以上
エントリーフィー
(参加料)
21万2000ユーロ
(約3010万円)
2万5000ユーロ
(約355万円)
車両最新型WRカー制限無し
WRカーは前年度ホモロゲーション車で年1回VO(ヴァリアントオプション。シーズン途中のホモロゲ取得)取得可能。
グループNはPWRCとの掛け持ちは不可。
グループAはJWRCとの掛け持ち可能。
ドライバー1台は全戦エントリー
もう一人は自由
自由
対象チームスバル
フォード
クロノス・シトロエン
ボジアン(プジョー)
ストバート(フォード)
レッドブル・シュコダ

※ユーロは2006/2/11の相場の約142円で計算

当初、シトロエンがV2したセバスチャン・ローブをクロノスというサテライトチームでマニュファクチャラー2で参戦させる予定でしたが、資金調達に上手くいってマニュファクチャラー1で参戦出来ました。さすがは前年チャンピオンです♪

プジョーとシトロエンは経営母体が一緒で、ヨーロッパではPSA (Peugeot Citroen Alliance)と呼ばれています。メインのプジョーが撤退するためにシトロエンも一緒に・・・。ですので、今年はメーカー色を押さえての意味を込めて、シトロエンのイメージカラーの赤からスポンサーのゴロワース(GAULOISES)の青色にだとか。そのわりには、マニュファクチャラー2にプジョーがいるんですよね・・・どういうこと??

面白いのが、フォードが2ワークスエントリーという事ですよね。
マニュファクチャラー1のフォードは、オイルメーカーのBPがスポンサーで、BPフォードとか呼ばれています。同時に、サイドにはカストロール(Castrol)とオイルメーカーが共同スポンサーになっているようです。
マニュファクチャラー2のフォードは、ストバート・VK・フォードとか呼ばれています。イギリス国内ラリーの常連チームらしいです。

寂しいのが、三菱です。
残念ですがマニュファクチャラーでは全くエントリーしておらず、ミツビシ・ラリーアート・イタリーからジジ・ガリがR.1と2でプライベート参戦するなどがありますが、お金を払ってWRカーを借りている状態で次の出走も本当にあるかわからない状態です。。。三菱はジジ・ガリを押していますので、出走するならこの人が乗るみたいです。


また、資金不足でワークスが減っているというのもあり、レギュレーション(規則)が厳しくなりました。
そのため、レギュレーションも費用軽減に繋がる物が多く、開発に大量の資金が必要な電子制御デバイスやチタン等のレアメタル系が使用できなくなります。

レギュレーション変更について(WRC Plus 2006 Vol.1より)
テクニカルレギュレーション
項目2005年2006年
ウォーターインジェクション使用可禁止
エンジン圧縮比自由11.5まで
アクティブデフ使用可センターデフのみ使用化
トラクションコントロールシステム使用可禁止
アクティブサス使用可禁止
ABS使用可禁止
レアメタル使用可禁止
スポーティングレギュレーション
項目2005年2006年
ボディシェル(2台体制の場合)10台+ジョーカー2台/1シーズン8台+ジョーカー2台/1シーズン
トランスミッション2基/1ラリー3基/2ラリー
再出走システムレグ3は出走不可レグ3でも出走可


ウォーターインジェクションとエンジン圧縮比はエンジン、アクティブデフ〜ABSは足回り、レアメタルは全般に関わる事です。基本的に廃止の話でので説明はなしで♪
ウォーターインジェクションは、エンジンシリンダーに水分を噴射して冷却を行うと同時に、気化時の膨張により爆発力を増す装置です。10馬力とか増えるそうですが、非常に高温になるため制御が難しくエンジンを傷めやすいのが特徴です。ですので一般車には今後も付くものではありませんね・・・

今年はGyaOでの放送で、興味が増える人が増えるかも!?
是非、WRCの事を周りにも教えて挙げて下さいね〜♪


【追記】
ウォーターインジェクションの部分で単純に「爆発力が増す」と書いてあるのを、冷却と気化膨張によると訂正です。編集中に削除してたみたいです(*ノノ)
posted by 藍旋 at 17:24 | Comment(8) | TrackBack(0) | WRC 世界ラリー選手権
この記事へのコメント
前の記事で感動して、こっちの記事一つに全てまとめればよかった、と後悔orz
それはともかく、電子デバイスに関しては厳しくなりましたね。
まあ、電子デバイスはいくらでも改良の余地あり=開発費の高騰に繋がりますから、当然の流れかもしれませんね。
それにしても、圧縮比が規制入っても11.5って・・・NAならいざ知らず、ハイプレッシャーターボでこの値は凄いですね。
ウォーターインジェクション使えた頃は、一体どれだけ高い圧縮比だったのだろう?、と興味があったり。
Posted by AR1 at 2006年02月11日 20:11
藍旋さん、こんばんわ〜♪
こーしてみるとWRCもレギュレーション結構変わりましたね。
ウォーターインジェクションとアクティブデフの禁止しか知しませんでした。
F1も今年からV8 2.4リッターもしくはV10 3.0リッターのリミッター付へダウン、
レース中のタイヤ交換復活、さらにまたまた予選方式の変更、と
毎年変わりすぎです!!

すでにWRCは開幕し、F1もあと1ヶ月で開幕、と長かったオフシーズンが終わり、
また忙しい週末がやってきます。
あ〜待ち遠しい!!(><)
Posted by みあ at 2006年02月11日 21:10
AR1さん、こんばんわ〜♪
圧縮比11.5ってターボにしては高過ぎと思っていましたが・・・ランサーWRC2003モデルで、10.5でした。(WRC Plus Yearbook2005)

常識で考えるとターボでこれは・・・って思いつつ、「WRCですから!きっともっと高いんです!」と納得しようとしてました(笑)
あ、でも、ウォーターインジェクションで高圧縮比によるノッキングを押さえるとかあったんでしょうか?

それ以外で他が格別高いとは思えないですし・・・ランエボ2003ならウォーターインジェクション未装備だったと考えれますし、いかがでしょ??
Posted by 藍旋 at 2006年02月12日 00:59
みあさん、こんばんわ〜♪
一番大きいのは、2連戦して同じエンジンとボディシェルを使い続けるかなー?なんて思ってたりします。今まで以上に車両を大事にしないといけないので、プッシュがしづらくなってアグレッシブさが消えてしまいそうな・・・そんな根本を揺るがしそうでちょっと怖いです・・・

連戦にして移動・滞在費などの資金面の負担を減らすといいつつ、16戦からもっとラウンドを増やしたいというFIAの話。ちょっと矛盾過ぎですよね〜!
これでホントにメーカーが撤退していったらどうしましょう・・・?
Posted by 藍旋 at 2006年02月12日 01:04
リストラクターで吸入空気の絶対量を制御されている分、ブーストより圧縮比重視のセッティングになっている可能性はありますよね。
シーズン中にエンジンセッティングを変更できるのなら、ピストン形状を変更して圧縮比を変えた結果、圧縮比が12.0くらいまで達してしまったとか……推測です(笑)

あ、GyaOの放送、とりあえず試聴程度に見ました!
地上波放送の内容を引き継いだような構成でしたが、視聴した感じは(ADSL回線で基地局からかんなり離れていることを考慮して)好感触です。
もっと動きがカクカクのガビガビになるかと思っていたらそうでもないですし、なによりシークが早いことにビックリしました。
Posted by AR1 at 2006年02月13日 20:42
AR1さん、こんばんわ〜♪
開発費捻出に大変だった三菱といっても、極端に離れるとは思えないですし・・・NAマシンを見越してだと低すぎですよね〜?
真相、調べて下さいよ〜(*ノノ)

結構スムーズですよね!
どうしてもテレビと比べちゃうので、それに比べると・・・程度です。見れる喜びが遙かに凌駕ですよね(笑)
Posted by 藍旋 at 2006年02月15日 02:22
レギュレーションのお話難しすぎて…(汗)

特に先年電気系統のトラブルが多かったマニュファクチャラーにとってはさらに厳しいところではないのでしょうか。ま、それにしても低改造のマシンでグラベルを走ればその真価が(笑)

Gyaoのデマンド、まだチェックしていません(苦)今年はテレビ大阪はやってくれるのだろうか…
Posted by stickman at 2006年02月18日 23:46
stickmanさん、こんばんわ〜♪

私は・・・沢山のエントリーがあって、シノギを削る戦いがあれば、それでOKです!(笑)

テレビ大阪、Yahoo!My番組表でずっとチェックしてますが、見かけません・・・大丈夫なんでしょうか?
GyaOに契約とられて無くなっただと、ちょっと困るんですよね・・・やっぱりテレビの方が多くの人に気付いて貰いやすいですし。
Posted by 藍旋 at 2006年02月19日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。