2006年02月24日

Google Desktop 3 for Enterprise

企業向けのデスクトップ検索「Google Desktop 3 for Enterprise」がリリースされました。

Google Desktop 3は使ったらダメ?」で問題になったGoogle Desktop 3の「Search Across Computer」ですが、複数のPCのデスクトップ検索結果を同じGoogleアカウント(Gmailアカウント)で共有してファイルを見る事が出来るようにするために、Googleのサーバに自動的にファイルを送信して30日間保存する機能です。エンタープライズ版では管理者がこの機能を管理出来る機能(完全無効化や保存期間の設定)を搭載して、管理者権限によるリスク回避を行うようにしています。

この機能、初めて見た時にセキュリティ上に問題あると思いましたが、想像以上にセキュリティ対策各社より猛反発受けてました!
また、Googleもそれを公式に認め、Google Desktop 3 for Enterpriseのリリースと同時に、企業はこのGoogle Desktop 3 for Enterpriseを使うようにアナウンスを行いました。

Google としては、この Search Across Computer のセキュリティとプライバシーには非常に配慮しており、暗号化レベルはWebメールのセキュリティレベルと同等としています。ただ、Googleのサーバではそうかも知れませんが、Gmailアカウントを盗み取るだけで重要なファイルを Google サーバ上から取得出来てしまうのは間違いない事実です。

Gmail等のWebメールの利点は、何処からでも見れる事です。その「何処でも」は決して安全な場所からしか接続しているとは限らないんですよね。ネットカフェでちょっと見るだけのつもりが、そこにスパイウェアが入ってました・・・で、重要なファイルがあっさり盗られては洒落にならないです。
また、Gmailアカウントは検索履歴やブックマークなども管理しているため、出先でちょっと使いたいためにあまり意識せずに入力してしまうのが現状だと思います。


面白い機能とは思いますけど、ちょっとユーザのセキュリティ意識が追いついていないというのが現状だと思います。
「メールでも重要な事を書いて送るし、気にしすぎじゃ?」と思うかも知れませんが、電子メールは相手に送る事を意識して書いて送ります(外部に送信)が、この機能では最重要ファイルでも見るだけで意識せずにGoogleのサーバに自動送信してしまいます。この差は非常に大きいですが、便利と思うとついつい飛びついて試してしまう人が多い現状では、危険ですよね。

・・・本当は私も試したくてウズウズしてます(*ノノ)
最低でも、2台はマシンがないと判らないんですよね。サブマシンはいつでもフォーマット可能なのでいいんですけど、メインマインでは怖くて絶対出来ませんし、3台目までは持ってないですから、試せないです・・・


全然、ブログを更新出来ないので、Googleのもう一つの軽いネタです。

Google のトップページにあった、ディレクトリ検索Yahoo!みたいにコンピュータやスポーツ等のカテゴリ分けして検索する)が無くなり、ローカル検索(地図検索)が追加されました。但し、無くなったわけではなく、トップページの「more >>」から移動して使う事が出来ます。

私もGoogleでディレクトリ検索は殆どした事がなく、ローカル検索の方が遙かに嬉しいです♪
ディレクトリ検索では、Yahoo!の方が私にとってはいい検索結果が出ている気がするんですよね。


ちなみに、私はGoogle好きですが、最近はYahoo!からの検索から来ている人が多いです。何となく、寂しい気分なんですよね〜(*ノノ)
posted by 藍旋 at 03:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL

※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。