2006年03月13日

Seesaaブログはスパムだから統計外

サクッと傷つく一言ですが、これは2006年3月6日〜9日にサンディエゴで行われた、ETech 2006(Emerging Technology Conference)というイベントで、ブログ検索大手「Technorati(テクノラティ)」の関係者が世界のブログの統計をグラフで取った際に、「Seesaa っていう blog サービスが日本にあるけどあれはスパムなので統計に入れてない」と、言っていたそうです。

手痛い一言ですよね・・・「Seesaaブログのスパムブログの規制強化」で、Seesaaブログのスパム規制強化が3月10日に発表されたと書きましたが、ハッキリと原因がわかりますね。

要は、米国ブログ検索の最大手?のテクノラティが米国のイベントで日本の1サービスを名指しでスパム扱いしたんですから、かなりの不名誉です。その話を聞いて慌てて対策に乗り出したとしか思えません。

お知らせでも、ツール類により自動で検知や削除を行うような物とは明言しておらず、詳細も未公開・・・となると、取りあえず方針を打ち出しただけで、暫く?は人の手でなんとかしようというのが見え隠れします。このニュースを事前に聞いていたら、なーんだ・・・って感じでしたね。


にゅーあきばどっとこむさんでは、昨年からSeesaaでは問題になっており・・・と書いており、その中で紹介されている「ARTIFACT ―人工事実―」さんの過去記事で関連情報として詳しく書かれています。特にSeesaaではWikipediaなどを丸写しにしたロボットによる自動生成ブログが増えているとの事です。。。

特に人気のあるブログ等をツール等を使って丸々コピーして、アフィリエイトを仕掛けたり違うサイトに誘導させるのは「スパムブログ、スプログ」等と呼ばれています。昔、スプログの説明の記事を書いた気がしますが・・・無いですね!間違って削除したとかなら、泣きそうです・・・


確かに、SeesaaはAPI(他のプログラムから使えるように公開している命令)でアカウントを作ったり出来ますし、一つのアカウントで複数のブログが作れるので、スパム系からするともってこいです。こういうAPIが用意されていると、自分の使い易いブログエディターソフトから書けるので管理者からすると嬉しいのですが・・・弊害もまた多くあるんですよね。ちなみに私は記事の本文を秀丸等のエディターで書いてから、リンクなどをSeesaaのWEBエディターから編集していますので、こういうAPIが無くなっても気になりませんけど、「用意されていない」と「使わない」では意味合いが全然違うんですよね。


実際、ホント多いです。
Seesaaブログのスパムブログの規制強化」で、アフィリエイトばかりで下らないブログが多いって書いているのに、そんな所からのトラックバックが5件も(笑) そして、そのうち2件がSeesaaブログ・・・。もちろん、気付いた時点で削除です。

トラックバックの私の考え」でも、サブタイトルでもトラックバックは嬉しいとしていますが、あくまでも「同じ事柄に関して記事を書きました」など、同じ事柄についてのトラックバックが嬉しいだけで、キーワード一致だけで送られてきても、あっさり削除します。よくあるのですが、単純にFirefoxやIEというキーワードだけでトラックバックされると際限ないですよね。


ホントに、スパム対策の強化お願いします、Seesaaさん!!
posted by 藍旋 at 01:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | コンピュータ
この記事へのコメント
こんばんは、SeesaaユーザのFlipperです。
確かにサクッと傷つきますね。でも事実だから仕方ないです。1アカウントで複数ブログ持てるのは、他ブログに対するアドバンテージとして捕える事もできますが、無制限にしてるのは如何なものかと……これに制限設ければ結構減らせるのでは?あと、他のブログでも話題になってましたけど、シーサーブログのトラックバックランキングはひどいですね。スパムと思しきブログがごっそりランクイン。これも即刻廃止すべきかと思いますが。。

なんか、わざわざ和訳して紹介した「はてな」に対する非難めいた声もあるようですが、指摘された事によって改善する方向に向かえるのなら、それはそれでヨシとしたいものです。Seesaaも良い所たくさんあると思うので、頑張ってほしいですね。
Posted by Flipper at 2006年03月13日 02:30
seesaaブログにこんな評価がされているんですか……しかもその評価が日本ではなく海外から下されていることは、(あまりよくない意味で)相当知名度が高いんですねぇ……

スパムトラックバックといえば、FC2に最近導入された「ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバック制限機能」なんですが、とりあえず導入されたのはよしとして、これがデフォルトでONに入ってるは思わなかった。・゚・(ノД`)・゚・。
今はOFFにしていますけど、インフォメーションで「ONの状態で導入されますのでご理解のほど」とか書いておけばいいものを……通知なしだったんで、半月くらい気づきませんでしたorz
Posted by AR1 at 2006年03月13日 18:08
Flipperさん、おはようございます〜♪
3つぐらいに制限すれば良さそうですよね。どうしても欲しい人は別にアカウントを増やせばいいんですし。
そうなんですよね〜!あのランキング表を見ると、アダルトやスパムっぽいのが上位に多く、Seesaaの位置づけがよくわかります。
アダルト=スパムとは言い切れないので、一応書かなかったんですけど・・・やっぱりそうなんですよね?
Posted by 藍旋 at 2006年03月15日 07:04
AR1さん、おはようございます〜♪
前からSeesaaのランキングが他のブログサービスのランキングと違って偏りが多かったり、去年後半からのSeesaaからのスパムが多くて気になってましたけど・・・ストレートに言われましたよね!

プラグインなので、デフォルトONだったんですね。お疲れです(笑)
禁止URLや禁止WORDの対策はSeesaaもあるんですけど、拒否したトラックバックなどをリストアップしてくれる機能が欲しいかなー・・・なんて思っています。偶然キーワード一致とかありますしね〜
Posted by 藍旋 at 2006年03月15日 07:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL

※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。