2006年03月16日

「生協の白石さん」に憧れて?

生協の説明会に例年になく人が集まったそうです。
そうです、「生協の白石さん」に影響されてです。

 生協の採用説明会に学生3割増 「白石さん」人気で (asahi.com)

フムフム、「白石さんのような温かい人が働いている場で私も働いてみたい」…何いってるのー!ちゃんと考えて就職活動しなさいーー!!単純に流行ったや面白かったからといって、就職先として飛び付かない!


そもそも、キッカケとなった「ひとことカード」って、本来は商品の要望とかの目安箱。率直に言ってしまえば、「牛を置いて」「愛は売ってないのですか?」とかいう変な物にもちゃんと答えてあげているのが有名になっただけの話。

実際にそんな目安箱は色んな所にあります。近くのパン屋やホームセンター等々。同じ目安箱があるそれらはダメなんですか??
「だって白石さんは生協だよ」なら、就職したところに生協の白石さんはいるんですか?? 東京農工大の生協だけですよ。

「白石さんのような温かい人がいる生協がいい」なら、生協がどこも温かいなんて、あり得ないのは判っているはずです。私が知っている生協は結構素っ気ない店員が多かったです。固定客が多い分、普通のお店よりも態度がなっていない人が多いのが現状だったりします。もちろん、多いだけですけどね。

「でも、『愛は売ってないのですか?』とかにも真剣に答えてくれるんだよ」? それって・・・あなた自身が生協に入って、真面目に答えれるの?? 新入生が入ってくる4月。参考書や雑貨などで大賑わいの生協で、忙しくて昼ご飯もまともに食べれないような時に「リュウとケンはどっちが強いんですか? 同じだろ!」なんていうひとことカードが来て、真面目に答えれますか??
私なら答える前にシュレッダー行き確実ですよ!


なんでこんな風に絡むかというと、IT業界に「カッコイイ」「スマート」なんていうイメージだけで入ってくる人が多いからです。そして、辞めていきます。新人さんが20人入って来年には5人も残らないとか、別に不思議じゃない業界だったりします。テレビで見る綺麗なオフィスで悠々と・・・なんていう企業はごく一部。非常に地味でコツコツとした仕事だったりします。

確かに、私も誰でも知っているような企業のシステム開発の一部をやってきたりしましたが、本当に地味で、時には開発中の帳票の数字に間違いが無いか、昔の事務さんみたいに定規をあてて数字を電卓で延々と計算していったり・・・すごい地味なチェックをしていたりします。そして終電で帰ったりするんですよね。

さらにこの業界、ホントにうつ病が多いんです。調査でも他業界と比べても非常に多い罹患率だったり。私もカウンセリングを受けた事がありますし・・・(ノ_・。) そんな所は


確かにイメージは大事ですけど、「生協の白石さん」に関しては、メインの業務以外の部分に憧れを持ちすぎです。
白石さんも「カードは業務のほんの一部ですが、仕事が広く知られてうれしい」という通り、知られて嬉しいのは確かですけど、ほんの一部の業務。こういう事だけで入ってくる人は、すぐに現実とのギャップに辞めちゃうんです。「生協って安定してそうだし」っていう考えの人の方が、現実を見れて遙かに長続きします。


昔の話ですけど、新人さんに仕事を教えて手伝って・・・この子が育てばいつか私が楽になる!なんて思いつつ、自分の仕事よりも教育に力を入れて、その子が早く帰った後に自分の仕事を始めるっていうのをやっていました。そしてある時、いきなり、言われるんです。

「うーん、この業界って、なんか思っていたイメージと違うんですよね。部長に退職願出しちゃいました」
「ぇ・・・?ぇぇぇ???」

そして、フリーターや違う業界に・・・私の短いキャリアでも数回・・・なので、テレビなどでいいイメージだけを身に付けて就職を考えてくる人って、残ってくれない可能性が高くて怖いんです。同じ業界なら巣立ったと思えるんですけど、辞める原因が業界のイメージが違うだから、全く別の業界に・・・これが残念に思えるんですよね。


私も転職しているので転職はダメなんて思いませんけど、仕事って凄く大変なんです。「〜が流行っているから、私もそれをしてみたい!」は、後で失敗したと思いますよ!!
posted by 藍旋 at 07:32 | Comment(8) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
自分の人生を決めるきっかけが生協の白石さんだとしても、しっかりと自分を見つめてから決めて欲しいものですね。
Posted by wakana at 2006年03月16日 08:31
えー、そんなおバカな学生がいるなんて、信じられませんねー。

私のバイト先の大学(全入系の無名大学)の学生さん達はもっと将来を真剣に考えていますよ・・・もっとも、「職人調査」「業界研究」なんて課題をやってもらってるんで、そうでないと困るんですが・・・

私的には、一部では「詐欺師」と呼ばれているのを知ってか知らずか、キャリアや職業について偉そうに説教をたれているこういう中年男のほうがよっぽど信用できませんが、どうでしょうか?http://www.ewoman.co.jp/survey.html?c=022120002&a0.x=7&a0.y=3#com_all
(「あなたがいったいどんな地獄を知っているというのか」というコメントを送ってやったところ、次の日は「想像力が大切・・・」と返してきました。全く口の減らない奴だ。おまえはホステスをした経験があるのか、私はあるぞ・・・)。

彼に限らず、このテの軽薄執筆男が大学教授になったりするご時勢だから、学生さん達が変な夢を見ちゃうのでしょうね。

農工大生協の白石さんについては、私は尊敬しています(彼は自分で出版したのではないからね)。
Posted by arbinoni at 2006年03月16日 09:14
wakanaさん、おはようございます〜♪
私も仕事を知るキッカケとしては、何であろうといいとは思いますけど、仕事はブームじゃないですしね。

カッコイイとかだけで、その仕事の本質は何?というのを忘れているのだけは、勘弁して欲しいですよね〜。
Posted by 藍旋 at 2006年03月18日 09:33
arbinoniさん、こんばんわ〜♪
就職説明会なのでどこの学生さんかはわかりませんけど、生協に興味じゃなくて、白石さん個人に興味で来るようでは、いけませんよね〜。東京農工大の生協なんですよね・・・この質問達って、基本はそこの学生なんですよね・・・仕事をやっている人に対して、ひやかししてるおバカさんに見えるのは私だけ??

中谷彰宏さんですね。こういうコラムでよく見かけますがイマイチ経歴ではつながりませんよね。「想像力が大切・・・」の返答は「ぇー?それでコラムで言ってたの?」って感じです(笑) 俳優業は一般社会よりも大変とも聞くので、なんとも言いづらいですけど・・・「想像力」の一言はちょっと(笑)

ただ、いい経験は昔を引きずって役立たず、悪い経験は踏み台に役立つ・・・この言葉に関してはそうかも!って感じでした。
Posted by 藍旋 at 2006年03月19日 18:07
「仕事をやっている人に対して、ひやかししてるおバカさん・・・」
そう!それなんです、面白いなあと笑って立ち読みしつつも私の心にひっかかっていた一抹の不安感は!藍旋さん、解明してくれてありがとう!(涙)

白石さんご本人も、一瞬であのような気の利いた返答が書けるのなら天才とあがめますが、もし時間をかけてひねり出しているのだとしたら「楽しいお仕事で給料もらえていいですね」と思います。

中谷氏の意見、「いい経験は引きずって役立たず」はその通り(拍手!)なんですが、悪い経験はどうかなあ・・・傷が残らないで直った程度の軽い怪我ならばそうかもしれないですね。
Posted by arbinoni at 2006年03月22日 09:05
その白石さん、うちの近くらしいですネ。
見たことはないですが(^^;;
生協も近くらしいです。
Posted by cleanair at 2006年03月25日 00:23
arbinoniさん、こんばんわ〜♪
お返事、遅くなってゴメンなさい!

白石さん、なんとなくサービス残業して書いてそうなイメージです。。。ここまで来ると「正式な業務」から外れている気がするので、お給料貰っていると、中止しなさいとか言われそうじゃないです?? 生協にお客を呼んでいるので、推奨されているんでしょうか・・・聞くわけにもいきませんしね(笑)

悪い経験は「あれに比べると、今回のは・・・!」って思える事がポイントでしょうか。
今の私の仕事は・・・昔の現場に比べると仕事量としては楽なのに、精神的に疲れて嫌気がさしています。
救いを感じている分、微妙に役立っているんでしょうか(笑)
Posted by 藍旋 at 2006年03月27日 22:59
cleanairさん、こんばんわ〜おんぷ
お返事遅くなってゴメンナサイ〜!

段々とcleanairさんの家が絞り込まれそうですよ(笑)
私の出身大学は生協なかったんですよね。タダの売店でした。ちょっと大きな大学の生協に行くと、色んなのがあるんだー・・・って驚きます!

講義の合間に殺到する学生相手に、忙しそうに働く生協の店員さん、お疲れ様ですよね〜。
Posted by 藍旋 at 2006年03月27日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL

※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。