2006年03月16日

本日3月15日のMicrosoft Update

先日お知らせした「3月15日は月例 Windows Update!」のパッチがリリースされました。

今回はセキュリティアップデートが2件と、悪意のあるソフトウェアの削除ツールでした。
セキュリティの危険度は、緊急1件、重要1件でした。

出来れば、手動でアップデートしましょう♪
自動でやるよりも、セキュリティ対策をしているという意識が芽生えますからね。
ちなみに、「Microsoft Update」も「Windows Update」も、基本的に同じ物です。「Microsoft Update」は、「Windows Update」と「Office Update」等が一つになったものです。

絵でみるセキュリティ情報からの情報です。
危険レベルは深刻度の評価システムとは?で判断出来ます。

緊急

重要


但し、重要のWindowsの脆弱性のパッチは、Windows XP SP1 や、Windows Server 2003 等が対象ですので、XP SP2を使っている人が大半だと思いますので、関係ある人は少なそうです。また、Outlookの迷惑フィルターなどのその他の更新もありました。


今回の悪意のあるソフトウェアの削除ツールも強化されました。
『Win32/Atak』『Win32/Torvil』『Win32/Zlob』等が対象となり、また、Antinny系が強化されて43種類の亜種に対応したそうです。


また、機能は同じですが、単体で実行出来るツールも公開されています。Firefox等のユーザはこちらって事ですね。


Winny関連の話はまた別にしたいんですけど・・・忙しくて全然書けないんですよね・・・
この記事へのコメント
藍旋たちが、月例とかを強化すればよかった?


Posted by BlogPetのトロ at 2006年03月19日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL

※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。