2005年06月28日

ハイビジョンテレビについての間違い修正

えーと、前回の「D端子とHDMI端子」で、誤解していた事を書いてました。ゴメンナサイ。

本田 雅一氏の「パースペクティブ・アイ」で、誤解してる方がいますよ?ということで、さらに説明して下さっています。スイマセン、私の事デス(*ノノ)

本田さん(←早くも氏からさんに・・・)には、私の間違いの修正をする手間を増やして、申し訳ないです。。。


何よりも直接、その記事を見ていただくのが一番いいのですが、どんな事を間違っていたかですよね。

1.HDMI端子で見れない可能性があるのは次世代DVDビデオ等の「市販パッケージ」です。

2.ハイビジョンとは高解像度の放送の愛称のようなものである。


は、次世代DVDビデオソフトが見れない可能性があるだけで、自分で次世代DVDに録画した内容はそのまま見れますよ、ということです。さらに、AACSという規格に賛同したモノが対象です。最初は頭にはあったつもりですが、「半年後には出る予定の次世代DVDは全く見れない可能性」と、ハッキリと全てと否定してるところに、ちょっと頭に血が上ってるのがバレました(*ノノ)

さらにD端子でも、ハイビジョン放送やPS3等はちゃんと見れるので、ご安心を♪
とはいえ、市販DVDビデオが見れない時点で、ものすごい問題ですよねっ。


は、解像度が異なっていて、縮小して表示ってどういうこと!ですが、この解釈であれば間違っていないんですね。ただ、今の時点で30万を超えるような私みたいな一般人には高額商品の割には、あまりにも周知されていない事実なのがムッとするんですよね。


ハッキリ言えば、メーカーや業界(それと、マニア?)がどういう定義だろうと、一般的なハイビジョンテレビの認識は「高解像度=高画質で見れて、アナログのように画質の劣化がなくて綺麗に見える次世代のテレビ」というものであり、そういう触れ込みで売ってきているんですから、「高解像度で受信してますよ!まぁ、映すときは縮小してるから、ちょっと画質落ちちゃうけどね。次世代と言っても、進化途中だから1年後の製品が見れなくても、仕方ないでしょ?」は、おかしいと思うんですよね。


メーカーにとっては進化途中の一製品、でも、一般人にとっては10年選手がザラという、家電の中でも長寿命製品がテレビだという認識が薄い気がします。



そして、普及された家電の原則は、その商品ジャンルの一般的な認識をずれない事だと思います。

それは、「テレビはDVD等を接続したら見れる物。高画質・高音質はもちろん嬉しいけど、とりあえず、まずは映る事。」だと思います。今の世の中、何を・・・と、思うかもしれませんが、そのジャンルにあまり興味が無い人にとっては、その程度の認識なんですから。それは「冷蔵庫は冷やして保存するモノ」「洗濯機は洗濯物を洗う事」等、性能に差があっても、このジャンルはこういうものであるという共通認識からずれないのが必要だと思います。

家電を買うのは、新しい物好きだけではありませんし、お年寄りだって買います。「新しくなるんだから、今までの既成概念は捨てて、新しい事を覚えなおして下さい。」は、厳しいと思うんですよね。

もし、新しいサービスなんだから仕方ないというのであれば、それは大々的に告知して、テレビという名前を使わないなど、新しいジャンルの商品である事を伝えるべきだと思います。



例えば、ちょっとデジタルが苦手なお父さんにMP3プレーヤーを便利だからといって薦めてみて下さい。

「あ、これは著作権保護があるからこのプレーヤーだと聞けない。あ、それはコピー禁止だからムリ」
「なんや、あかんのかいな?そんなんわからんわ。ええねん、聞けたらええから、CDでええねん。あれやったら突っ込むだけでええねんから」

とか言って、放り投げると思うんですよね(^^;)
違う商品で代替手段があればいいですけど、それが出来なくなるテレビ。これって、思ったよりも大きいと思いませんか?



一般ユーザの生の認識として、この声、メーカーにも届いて欲しいデス。
この記事へのコメント
こんばんは〜。
お互い本田氏にはお手数をお掛けしてしまったみたいですね(汗)
それにしても、藍旋さんは論点が具体的で分かりやすいですね。
これからもこちらのブログをチェックしたいと思います。
Posted by tomato at 2005年06月28日 22:41
tomatoさん、ありがとうございます♪
私もハッキリと見れないと書いちゃったので恥ずかしいです(*ノノ)
でも、TBをちゃんと見てくれて指摘して頂いた本田さんには感謝ですよね♪

実は、一度、tomatoさんにTBしたとことがあり、その時に面白そうなのでRSSリーダーにチェック済みなんですよね(*ノノ)

これからもお願いします〜
Posted by 藍旋 at 2005年06月29日 02:57
D端子とHDMI端子ってそもそも端子の形が違いますよね。D端子も1〜4まであって分かりにくいですし、一般人をどうしてくれようというのでしょうか。けっこう今のままでも満足しているのは自分だけ??
Posted by cleanair at 2005年06月30日 18:13
cleanairさん、こんばんわ♪
D端子の数字の意味って、わかりづらいですよねー・・・私もS端子から変更したのを見ただけで、随分違って見えて、感動しました♪
問題は、次世代DVDビデオが物理的に見れない可能性だけなのですが、その意味は大きいですよね。
Posted by 藍旋 at 2005年07月01日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

“ハイビジョンコンテンツ”についての補足
Excerpt: 本田氏が「パースペクティブ・アイ」にて補足記事を書いています。 これって、たぶん私のことですよね?“HDコンテンツ”を連呼したし。 前のエントリーでは“HDコンテンツ”と記述しましたが、念頭には市販..
Weblog: トマログ
Tracked: 2005-06-28 22:10

ハイビジョンTV買ったのに、次世代DVDの映像が見れない!?(記事修正版)
Excerpt: 先日、次世代DVD以外のHD映像も見れなくなる、と見受けられる文章を書いていましたが、次世代DVD等市販の映像パッケージソフトの映像との誤りでした。訂正、お詫び申し上げます。前に記事で書いていますが、..
Weblog: Digital MinD - IT/DIGITAL News Blog
Tracked: 2005-06-28 22:52

HD DVD Microsoftも応援
Excerpt: HD DVDとBluerayDiscの戦いが続いている中、HD DVD側にMicrosoftも参戦したとのこと。って、ことは現状のDVDと互換性もあることも考えるとPC系は間違いなくHD DVDが有力..
Weblog: 徒然なるままに備忘録
Tracked: 2005-06-30 18:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。