2005年08月02日

犬の白内障にメニわんレンズ

犬も動物なのでもちろん病気にかかりますが、犬は遺伝的に10歳を過ぎるとほとんどが白内障になるらしいです。全然知りませんでした。。。
白内障による視力低下に、犬用の眼内レンズ「メニわんレンズ」を、メニコンが販売しているそうです。

 メニコンには犬猫用のコンタクトレンズがある
 株式会社 メニワン


眼内レンズということなので、手術も必要ですが、おおよその費用などはわかりませんでした。
メニコンは白内障の盲導犬を無償手術する「白内障の盲導犬に光を!」事業も行っているそうです。
また、犬・猫の治療用コンタクトレンズ「メニわん治療用コンタクトレンズ」もあるそうです。


昔、飼っていた雑種の犬も、かなりご高齢で、最後はだいぶぼんやりしていましたが・・・もしかして、白内障だったんでしょうか?私をわかってる様子でしたが、やっぱり匂いだったのかな・・・


最近はメガネに戻りましたが、昔はコンタクトだったんですよね。
「平成9年には世界最高レベルの酸素透過性を誇るハードレンズ「メニコンZ」を発売している。」この「メニコンZ」、ちょっとレンズが大きめなんですが、疲れがだいぶ少なかったです。出たばっかりの時だったので、すごく高かったですけど(笑)

使い捨てソフトが主流ですが、酸素透過率を考えると、全然少ないです。最終的に目を痛める可能性が高い事を考えれば、オススメしませんよ〜。
posted by 藍旋 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | こんな商品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。