2005年08月13日

ひぐらしのなく頃に

タイトルは、PCのゲームソフトで「ひぐらしのなく頃に」というサウンドノベル(小説)の事なんです。
今、コレにはまってるんですよね!ハイ、最近、ブログの更新が減っているのは主にコレのせいだったりします(*ノノ)

このサウンドノベルは同人ゲームで、完全にノベルのため選択肢はなく本当に小説です。ゲーム会社ではなく個人で作成しているゲームなのですが、ゲーマーにかなり大ヒット中なのです。どれぐらいかといいますと、複数の雑誌に漫画掲載されたり、コンシューマに移植(PS2とかの機種は未定)が決定し、アニメ化も決定したようです。

 公式サイト「07th Storming Party」
 「ひぐらしのなく頃に」TVアニメーション化決定 (ITmedia)
 雛見沢村 村興し実行委員会


このゲームは、全8話構成で現在6話まで発売中(6話目は8月14日発売なのですが)で、まだ真犯人はわかっていません。
1〜4話は事件編、5〜8話は解明編という形でして、基本的に「雛見沢村連続怪死事件(1979年〜1983年)」について、各話毎に別の話でパラレルワールドになっています。



主な内容は、昭和58年初夏に、主人公(中学2年生?)が寒村「雛見沢村」へ引っ越し、学年バラバラで世代も違う子達と一つの教室で学ぶ学校に通います。4人グループでゲームに興じたりと非常に楽しい時間をすごします。

ふとしたことから、その村での過去にあった事件を知ります。そこは過去にダム計画があって、政府と戦った過去があったのです。その戦った歴史の終幕は「綿流し」というお祭りの日に「ダム工事現場監督のバラバラ殺人」が発生し、同時に一人が「鬼隠し」(神隠しと同じで失踪です)にあう事によりダム計画は頓挫して幕を閉じます。ですが、それから毎年(4年間)、関係者が死に、人が消えます。

そして、今年、主人公はその祭り「綿流し」に立ち会います。そして今年も事件が起き、その日から主人公の周りが変っていきます。。。



このゲーム、かなりはまっちゃいます。大体一章20分とかとしても、6時間とか掛かっちゃいます。でも、やめようとしても、思わず次をおしちゃうんですよね(*ノノ)
いま、1〜4話目の2度目ですが、正直、全然とけません。と、いいますか、とけるんでしょうか?


このゲーム、1〜4話のセットで1,575円で、新しい5〜6話のセットは1,050円とリーズナブルです。但し、このゲームは同人という種類にはいるので、一般的なパソコンゲームが置いているお店では売っていないと思います。公式サイトから、通販サイトに移動出来ますよ♪


もし、興味をお持ちでしたら、1話目を全部出来る「ひぐらしのなく頃に体験版」があります。やってみませんか??

ただし、ゲームの説明の通り「4人グループでゲームに興じたりと非常に楽しい時間をすごします。」の部分が学園コメディちっくで長いです。その部分があわない人もいると思いますが、それを乗り切るまで頑張って下さい(笑)
posted by 藍旋 at 22:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | えとせとら
この記事へのコメント
沢村村でサウンドノベルとかなっています
沢村で学園コメディや、楽しい中学をブログしなかったよ。


Posted by BlogPetのトロ at 2005年08月14日 17:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL

※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。