2005年08月25日

化粧=老化促進があるなんて!!

ガックリですよね。化粧品に含まれる化粧品防腐剤「メチルパラベン」が、紫外線にあたると皮膚細胞の老化促進する作用があるそうです。

 化粧品防腐剤、紫外線で老化促す作用 京都府立医大調査(asahi.com)より引用

化粧して外出するとシワやシミが増える?――。ファンデーションなど化粧品の防腐剤として広く使われているメチルパラベンには、紫外線があたると皮膚細胞の老化を進める作用があることが、京都府立医科大生体安全医学講座(吉川敏一教授)の研究でわかった。きれいに見せるための化粧品でお肌を痛めるかもしれない、という研究結果だけに注目を集めそうだ。

 メチルパラベンは抗菌作用が高い一方、皮膚に対する刺激が低いことから、パウダー類や化粧水、乳液など化粧品では最も一般的に使われている防腐剤。紫外線カットのための製品にも含まれている。単体での安全性は確認されているが、同講座は、実際に使われる状況での影響を調べた。

 実験では、皮膚細胞(ケラチノサイト)に、通常の使用方法で皮膚が吸収する濃度のメチルパラベンを添加し、夏の日中の平均的な紫外線量(1平方センチメートルあたり30ミリジュール)をあてた。細胞の死亡率は、添加しない場合の約6%に対し、添加した方は約19%。紫外線によって酸化した細胞内に発生し、老化の元凶となる「脂質過酸化物」の量は約3倍だった。

 吉川氏は、メチルパラベンが紫外線を浴びると、シワやシミなどにつながる皮膚の老化を進めることが確認できたとして「メチルパラベン入りの化粧品をつけたら、強い直射日光は避けた方がいいのではないか」と話している。

 吉川氏らは、9月にイタリアで開かれる国際抗酸化学会で、研究結果を発表する予定だ。


この記事を見ている限り・・・紫外線反射やカットが含まれている場合でも、ダメな雰囲気ですよね。。。シミ対策(老化対策)のために使っているものがそれを促進してるなんてショックですよね。

一度、全てチェックしてみた方が良さそうです。
posted by 藍旋 at 17:53 | Comment(9) | TrackBack(3) | 気になるニュース
この記事へのコメント
パラベンは表示指定成分のひとつなので、これが使われている化粧品には、必ず表記があります(医薬部外品の場合は例外)。パラベンの中でもメチルパラベンは、最も刺激の少ないものってことで、ほんとにポピュラーに、多くの化粧品に使われています。「でも、肌に良くないんじゃないの?」って話は、もう何年も前から言われていて・・・(私の手元にある何冊かの本には書いてあります)、、、しっかり調べて欲しいですよね。消費者は表示を承知の上で買ってる、ってことになってるし。
Posted by ロズマリン at 2005年08月25日 20:52
ロズマリンさん、こんばんわ〜♪
そ、そんな話があったんですね。。。知りませんでした。ちょっとネットで調べた限りではよさげに書いてますよね。
Posted by 藍旋 at 2005年08月25日 21:30
「化粧品に含まれてる成分ってどうなのよ?」って、これを調べだすと、とても奥が深いです。私の上のコメントで、「表示指定成分」という言葉を使ってますけれども、「全成分表示」が義務付けられた現在となっては、もはや「表示指定」は死語かも知れません。
パラベンは、化粧品には、主に保存料として使われてます。化粧品会社にしてみれば、「これより安全な保存料って、他にある?ないでしょ?入れなきゃ腐っちゃうわよ?だから入れてんのよ」って話になることでしょう。
Posted by ロズマリン at 2005年08月26日 00:41
たびたびすみません。なかなか、短いコメント欄では要点をまとめて書けず申し訳ないです(汗)。この話はとても奥が深くて・・・。化粧品に使われている合成化学物質は(パラベン以外にも)いろいろあります。中には、“発がん性のあるもの・発がん性の疑われているもの”もあったりします。(それでも日本の厚生労働省は“微量なら”使用OKしちゃってます。)もしかして、パラベンだけを目の敵にして、パラベン不使用の化粧品を使おうとすると、ひょっとすると、他の危なげなモノ入りの化粧品を使ってしまうかもしれず・・・。そんな不安がちょっとよぎりました。
Posted by ロズマリン at 2005年08月26日 11:19
ロズマリンさん、こんばんわ〜♪
ロズマリンさんに言われて、ちょっと調べてましたけど・・・今まで売り文句しか見てなくて、成分について殆ど意識した事がなかったので、パンク寸前です。。。結構使われてるんですね!
これはブログに書くには知識が足りなくて断念です。(私が全文引用してる時点で理解度低いのが見て取れます。)

相変わらず、危険を感じつつも、業界からの圧力で使用禁止を引き延ばしてるんでしょうね。アスベストと違って死ぬ事はないと思うので、何か起きても大丈夫だという魂胆が見え見えです!
Posted by 藍旋 at 2005年08月27日 01:31
TBさせていただきました!いやー吉川教授やってくださいました。化粧品業界がこれで変わってくれるといいのですけど。
Posted by ハスの実 at 2005年08月27日 10:03
ハスの実さん、こんにちわ〜♪
私的には「騙されたー!」って感じです。
ハスの実さんの記事の中でも『自然化粧品を謳ってるメーカーや美容皮膚科ですらも「パラベンが入っている方が安心ですよ」』って言われてるとおりですよねー・・・
でも、先のロズマリンさんのように、知ってる人は知ってたんですよね。一斉に他の素材に変わるんでしょうか??なんか反応鈍そうですよね。
Posted by 藍旋 at 2005年08月27日 13:31
こういうニュースが世に出回るとですね、化粧品会社の次の作戦は、「パラベンはシミを作るって、ご存知ですよね? うちで出してる○○ならパラベンが入ってないから大丈夫!」、ってな具合に、パラベン不使用を強調した製品を売り込んでくると思います。防腐剤として使用許可されている合成化学物質は、パラベン以外にもあります。今まではパラベンがポピュラーすぎて、他のものはマイナーでした。ただ、それらの物質が、パラベンと比較して安全なのかどうかは、、、やはりどなたかが研究してくれないと、わからないと思います。シミ・シワだけじゃなく、皮膚炎や発がん性なども心配ですからね。
とはいえ。こういうニュースをきっかけに、化粧品の成分について調べてみようと、興味を持つ消費者が増えることは、とても良いことだと思います。
Posted by ロズマリン at 2005年08月27日 17:24
ロズマリンさん、こんにちわ〜♪

あれ?私のコメントが消えちゃってる・・・書き込み失敗したのかな・・・?

そうなんですよね、大丈夫と思っていても、研究が進めばそれが悪かったなんてよくある話ですよね。
私は「パラベンに代わる新技術!」とかいう触れ込みで流されちゃいそうです。危険だから注目されてるわけですし、企業も安全(と思われる)モノを出してくると思いますし。。。

ダメダメ、ちゃんと自分で調べないと・・・!
Posted by 藍旋 at 2005年08月29日 13:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL

※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

化粧して外出するとシワやシミが増える?
Excerpt: 本日の朝刊にこんなニュースがありました。 化粧品防腐剤、紫外線で老化促す作用 京都府立医大調査 化粧して外出するとシワやシミが増える?――。ファンデーションなど化粧品の防腐剤として広く使われているメ..
Weblog: こんなん使ってますよ!!
Tracked: 2005-08-26 00:01

△▼△▼化粧品防腐剤 −メチルパラベン;紫外線作用で皮膚細胞...
Excerpt:  1.始めに シワやシミを取り(あるいは隠し)、女性の肌を美しくするはずの化粧品が、紫外線が当たることによって、皮膚細胞の老化を進める作用があることが、京都府立医科大生体安全医学講座(吉川敏一教授)の..
Weblog: 明日への道しるべ@ジネット別館
Tracked: 2005-08-26 22:53

にっくき敵。メチルパラベン。
Excerpt: ●遊びにきてくれて、ありがとうよ。ありがとう。ぽーちくりん→blogランキング。 2005.8/25(木)の朝日新聞の1面の記事を、みなさん読みましたか! まだの方、このブログ見て良かったです..
Weblog: ハスの実の穴
Tracked: 2005-08-27 10:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。