2005年09月25日

クレジット提携悪徳商法110番

How do you think?さんの「クレジット提携悪徳商法110番が実施されます」で、悪徳商法と連携して過剰な債務を負わせる事に加担しているクレジット会社に関する臨時相談窓口の「クレジット提携悪徳商法110番」が紹介されています。


あの悪質リフォーム会社の事件、覚えていますか?
認知症や判断力が弱った人に対して、連携してリフォーム会社が訪れて、数百、数千万の多額の借金を負わせた事件ありましたよね。あれで、大手の信販会社が、与信限度額を遙かに超える金額を設定していくらでも借金出来るようにしていた事が大きな問題になりました。

そのような悪徳業者と提携しているクレジット会社についての相談窓口です。
全国13都市で、開催日は各都市で異なり、9月23日〜10月15日の間で都市ごとに一日を予定しているそうです。残念ながら、静岡は初日に開催されて終わっています。


見ているアナタが関係するかどうかは判りませんが、もしかしたらアナタの知り合いがこれで悩んでいるかも知れません。こういう団体が存在して相談に乗ってくれるという事を知っておくといいと思います。一度、見て下さい。管理人さんが消費生活アドバイザーなので、相談に乗ってくれるかも知れませんよ?

クレジットの過剰与信の問題点

クレジット提携悪徳商法110番が実施されます

クレジット過剰与信対策全国会議


与信とは、その人が借りれる最大の金額を設定する事です。クレジットカードの「カード利用限度額」や、企業の売掛金(ツケ)の限度などが、与信の事です。例えば、年収300万円の人が1000万円までカードで借りるなんてどう考えてもおかしいですよね? 個人相手だと、せいぜい頑張っても年収の3割の90万が限度かな?と設定するわけです。それが、あの事件では年金生活者に対して多額の与信設定をしてお金を巻き上げたというわけです。このような状態を過剰与信と言います。

そういえば、あの事件では大手の信販会社って事でしたがドコだったんでしょ?詳しい話がテレビ等で出てこなかった気がします。


被害にあった時は慌ててしまってそういう団体があるかもしれないという事を忘れがちです。その時になって調べればいいわ、じゃなくて、簡単な概要説明してくれるこういう記事に目を通しておくといいかも?ですよ。


posted by 藍旋 at 02:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
いつもお世話になっています。

今、この過剰与信での相談自体、被害者の方からの声が少なく、氷山の一角を切り崩す事が出来ていません。
でもいわゆる次々販売の陰には、必ずと言っていい程このクレジットの問題が存在しています。もっと沢山の方からのご相談を頂き、その事例を収集して社会の中の認識度を高めたいと考えています。

ちなみに主催しています『クレジット過剰与信対策全国会議』へのリンクはこちらです。
http://www1.ttcn.ne.jp/~creditkajoyoshin/
Posted by Rossy at 2005年09月28日 01:41
Rossyさん、こんにちわ〜♪
信販会社が多額の与信設定をしていたというニュースをテレビで見ましたが、あっさりとその話題が消えたのが不思議です。

どちらかと言えば、借りれる限度額が多きい程嬉しいと思っている人が多いので、多くしても害はないんじゃ?と思っている人が大半な気がします。私みたいに小心者ですと、私の収入に見合った設定が一番嬉しいのですが・・・

Rossyさん、頑張って下さい!!
Posted by 藍旋 at 2005年09月28日 14:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。