2005年10月17日

WFPの食糧援助体験ゲーム「FOOD FORCE」日本語版リリース

WFP(国連世界食糧計画)が開発した緊急食料援助活動を行うシミュレーションゲーム「FOOD FORCE」を05年04月14日に英語版をリリースしていましたが、10月17日にコナミより日本版の「FOOD FORCE」を無償リリースしました。

 FOOD FORCE (日本語コナミ公式)
 FOOD FORCE (英語公式)
 WFP(国連世界食糧計画)


フリーゲームで、対象OSは、Windows。
一般向けと子供向けで別々に用意されており、各ファイルサイズは240MB
1GHz以上のPentiumIII、または、Athlon
メモリは256MB以上
ハードディスク320MB

私が先日見た時は、Mac OS Xも対象にあがっていたと思うのですが、Downloadページには見あたりませんでした。英語版ではあるのですが・・・

内容は、「1.空からの偵察」「2.食料の調合」「3.食料投下」「4.食料の調達搬出」「5.食料の輸送」「6.復興支援」。声優として「藤岡弘」と「平山あや」を起用。仮面ライダーを起用するのが正義風でしょうか(笑)

1プレイ試しましたが、セーブ無しのゲームで1プレイ30分〜40分ぐらいでしょうか? 各ミッション終了後に、それぞれについて、WFPの実際の活動についての説明があります。各ミッションで結果が気にくわない場合はミッション毎に再プレイ可能で、最終得点を公式サイトにアップが可能です。

本物の国連の機関の元でつくられたゲームで、リアリティに溢れていると大人気ということです。国連の主要機関の一つであるWFPがどういう事をしているか、理解を深めるにはこういうゲームはいいと思います。
posted by 藍旋 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | こんな商品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

食糧支援ゲーム「FOOD FORCE」がネットで注目
Excerpt:
Weblog: ??????????????????c?惹??茫
Tracked: 2005-10-20 13:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。