2005年10月21日

指先認証でドアオープン

東京モーターショウの情報で大にぎわいですね。非常に気になる今日この頃です。
大阪モーターショウは2回ほど行きましたが、カメラ小僧さん達にウンザリでした。熱い視線をそっちに注ぎすぎです! コンパニオンが消えると同時に波のように引くのも止めて下さい!!それはいいとして・・・

日立製作所が指静脈認証技術を開発・発表しました。クルマのドアノブの奥にカメラがあり、ドアノブを握ると甲側の指の静脈をスキャン・認証してドアを開ける仕組みです。この生体認証システムで個人を認識すればキーがいらないという事ですね。

 ドアノブを握るだけで本人確認 日立が指静脈認証技術 (asahi.com)
 ドアハンドルを握るだけで本人を認証して開錠 (Response.)
 日立、自動車のドアハンドルに内蔵できる指静脈認証技術を発表――東京モーターショーにて出展 (ASCII24)
 握ればオープン! (ワールドビジネスサテライト)


この記事を書こうとしたら、ちょうどテレビ東京系のワールドビジネスサテライト(WBS)で、これについて放送していました。こちらでは動画である程度公開していますので、興味があればドウゾ。

まずはメリット。
東京モーターショウでの発表ですが、もちろん、自動車だけではなく家などでも応用可能です。これがあれば、雨の中、鍵を使わなくてもいいのでグッと楽になります。「そんなのキーレスエントリーで済むじゃない。」いえいえ、これのメリットは他にもあります。鍵を落とす心配もありませんし、鍵を複製される心配がありません。なんせ鍵穴がないためピッキングにも対応出来、セキュリティ上、かなり有効です。例えばクルマの盗み方の一つに、トランクのキーシリンダーを引き抜いてそこから複製した鍵で開ける方法があります。ちなみに、見た目とセキュリティのために鍵穴を潰してキーレスエントリーのみでドアを開ける「スムージング」というのがあります。但し、キーレスエントリーが電池切れで出先で泣いたという話もあります(笑)


さて、デメリット。
もし、怪我をしたら?
認証は中指の静脈をみるため、絆創膏、手袋、血豆などが出来ている場合はダメです。ただし、他の指も登録出来るため、予め登録しておけば大丈夫の予定です。じゃぁ、全部の指が怪我をしたら?? 包帯でぐるぐる巻きのように、です。・・・そんな状態で運転は出来ないよ! それもそうですけど、外出先の場合はとりあえず友達に運転して貰う事も出来ないんですよね。

そうです、何かの事態の時に代わって開けれないんです。
外出先で運転手が病院に搬送とかにあうと、どうしようもないんです。少ない可能性とはいえ、これは非常に怖い事なんですよね。写真や映像では鍵穴があるように見えますが、コレがあっては結局はピッキングなどの被害から逃れられません。本当のメリットを述べる以上は消えるべき存在ですしね。

次に問題なのが、電力問題。
最近のバッテリーは出来がイイとはいえ、それ以上に使用する電力。カーオーディオやカーナビを含め、警報装置も最近は多く、クルマは常に少しずつ電気を使用するわけです。長時間使わなかった場合やライトのつけっぱなしでバッテリー上がりが起きた場合、どうやってクルマに入るかという問題が発生します。特に、事故でクラッシュして電源が壊れた場合、ドアをどうやって開けるの?という不安がよぎりました。そんなのボンネットを開けてバッテリーケーブルで接続すれば・・・ですから、そのボンネットを開けるためには、まずはドアを開けないと!!

次の問題が誤認証。
いい例がちょうど発生しています。

 ホンダ、ライフでキーとじ込みの恐れ (car view)
 ホンダ、フィットのスマートキーに不備 (car view)
 自動車用最新型キー:トラブル続発で採用中止 ホンダ (毎日新聞)

これは、スマートカードキーというホンダの最新キーシステムで、スマートカードという薄くて小型のカードを持っていると、その電波をクルマが拾ってドアノブに触れるだけで開いて、エンジンまでかけれるシステムです。(アコードワゴンの説明) それが、携帯電話の電波の影響等でキーを車内に置いたままドアを閉めると施錠されてしまい、業者を呼ばないと開けれない等のトラブルが発生しているのです。なんせ、ドアを開けるところからエンジンを掛けるまで従来のキーは不要なのですから、今までのキーを持つ必要なんてありません。 電波だけに確実に大丈夫とは言い切れず、とうとう9月からは採用を中止する事になったそうです。もちろん、電波とカメラでは扱いは違いますが、クルマや家などは風雨に晒されたり、クルマは振動などもあり不具合が出ないとは限りません。


過剰にデジタルに頼りすぎると、こういう不測自体にどうしようもないんですよね。
雨や台風の時に入れない等は、洒落になりません。実際、番号認証などで開く家は停電で動かず、停電が復旧するまで入れなかったという話もあります。この場合、安全とセキュリティというのがありますが、外部要因が多いクルマではこういうシステムはそぐわないと思うのが私の意見。

いかがでしょ?
posted by 藍旋 at 03:11 | Comment(4) | TrackBack(5) | クルマ
この記事へのコメント
トラックバックどうもです。

指静脈認証も一見便利でメリットだけのように思ってましたけど、
この記事を読んでみるとそうでもないみたいですね。

確かにメリットはたくさんありますけど、
デメリットも大きいです。

そう簡単に採用にしてしまうのは危険ですね。

技術が向上するたびにそれに伴う問題がどうしてもあるんだなぁ。
Posted by 大二郎 at 2005年10月21日 12:00
大二郎さん、こんにちわ〜♪
私もかなりいいシステムだとは思うんですけど、事故の経験や修理などの経験上、過剰な電気化はトラブルの際に手が出せないというのを痛感しちゃうんですよね。。。

特に車両盗難された私としては、気になるところです(p_q)
Posted by 藍旋 at 2005年10月21日 16:39
TBありがとうございました!

確かに現状では、故障や事故などのトラブル時への対処に疑問を感じますよね。個人的には、その辺もクリアにできる技術を併用してくれるのでは?なんてのんきなことを考えています(^^;

でもそれくらいできないようでは、採用すべきではありませんね。「緊急時の対処」この辺のリスクヘッジをどうするか?今後の開発のゆくえが気になります(^^
Posted by 快適カーライフクリエイター・たか at 2005年10月24日 16:14
快適カーライフクリエイター・たかさん、こんばんわ〜♪

電気系のトラブルは怖いですよね〜。電気系は応急処置が出来ないので、ドアが開かない可能性というのは非常に怖く感じました。

ちょうどホンダのトラブルが連続したので、危険さを再認識しちゃいました。
Posted by 藍旋 at 2005年10月25日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

日立製作所が、ドアハンドルに指静脈認証技術の開発の発表
Excerpt: 10月17日、日立製作所は自動車のドアハンドルなどに組み込める指静脈認証技術を開発したと発表。ハンドルを握る自然な動作で本人確認から解錠が可能で、利便性が高いセキュリティシステムとして自動車だけでなく..
Weblog: One And Only
Tracked: 2005-10-21 07:41

ドアハンドルを握るだけで認証
Excerpt:  先日、歩き方で本人確認する技術を紹介しましたが、今度は、ドアハンドルを握って認証する技術です。 日立、ドアハンドルを握るだけで認証できる指静脈認証技術 CNET Japan より  こ..
Weblog: インサイト ブログ
Tracked: 2005-10-21 13:29

ドアハンドルで本人認証
Excerpt: 指の静脈パターンを使って本人認証する指静脈認証技術をドアハンドルに組込み、ドアハンドルを握るだけで認証できるそうです。 CNET Japan日立、ドアハンドルを握るだけで認証できる指静脈認証技術HI..
Weblog: achroma
Tracked: 2005-10-22 09:44

※精密機械なので、静電気のたまりやすい人は触らないで下さい?
Excerpt: 日立、ドアハンドルを握るだけで認証できる指静脈認証技術(CNET Japan) 日立製作所は10月17日、ドアハンドルを握る指の静脈パターンで本人認証できるグリップ型の指静脈認証技術を発表した。(2..
Weblog: 太郎日記’79J
Tracked: 2005-10-23 03:12

【モーターショー開幕】ドライビング・ザ・ライフ・パーフェクト...
Excerpt: 早いもので、書店の棚には年賀状のプリント本や手帳、カレンダーの類がひしめく季節となった。ちょっと前まで真夏日や熱帯夜の更新が話題だったというのに・・・。まだ10月だが、商売の事とはいえ、何かに急かされ..
Weblog: さいたまblog
Tracked: 2005-10-24 12:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。