2005年10月27日

JR西日本と系列は本当に事故を受け止めていますか

10月23日にJR西日本が自社主催の福知山線脱線転覆事故の遺族・負傷者向け説明会を催しました。25日に事故が発生したので、ちょっと待ってました。ずらずらっとその周辺のニュースをリストアップ。ニュースは早く削除されるのでちょっとまずかったかも。

また、今回も長いですが、最後に系列会社と話をした人の怒りのお話を書いています。新聞とかにはない話なのでそこだけでも目を通して貰えれば嬉しいです。

4・25ネットワーク リーフレット(05.10.23発行)

 JR西、脱線事故で遺族らに説明会 事故解明へ専門部署 (asahi.com)
 背景解明へ専門部署 JR西、脱線事故遺族らに説明会(asahi.com)
 JR西、脱線被害者に安全対策など説明 (読売新聞)
 JR西日本、脱線事故の要因解明で専門部署設立へ (読売新聞)
 JR西が脱線事故の独自調査 (読売新聞)
 日勤教育見直しで回数半減 JR西日本 (神戸新聞)
 「知りたい」 遺族に募る切実な思い JR脱線事故から半年 (神戸新聞)
 遺族「本音聞こえぬ」 JR事故説明会 弁明に終始 (神戸新聞)
 尼崎脱線事故 背景調査へ専門部署 JR西表明 (神戸新聞)
 再発防止策の現状を報告 JRが2回目の遺族説明会 (中国新聞)
 複数遺族に補償額提示 尼崎脱線事故でJR西日本 (中国新聞)
 JR西「事故背景を独自調査」 専門部署新設へ (産経新聞)
 JR西日本、独自に原因究明へ専門部署・福知山線脱線事故 (NIKKEI NET)
 JR西説明会 遺族から不満 (赤旗)
 尼崎脱線事故 JR西が補償額提示 一部遺族、1億円近く (中日新聞)

 つり革・手すりが命守った 乗客54人が証言 JR脱線 (asahi.com)
 命の綱、東高西低 混雑対策が被害に差も JR (asahi.com)
 列車のつり革、多い関東、少ない関西 事故時に差? (asahi.com)

 脱線事故の遺族、9割以上が心身の変調訴え (読売新聞)
 JR脱線事故、遺族の9割「心身変調」 (読売新聞)


結局、行ったのは自社による説明会だけで午前は遺族向け、午後は負傷者向けだけでした。

事前の通知通りに事故と安全性向上計画の説明が1時間、質疑応答で2時間でした。説明内容はかなり物足りない内容だったようです。それはそうでしょう、確かに半年前の話で事故に関する話もニュースでもよく取り上げていますが、それでも死者107名の事故の説明会とは思えません。事故の要因に関する話となると「警察や事故調査委員会(国交省・鉄道委員会)の調査に影響がある」との事ですが、どういう影響なのでしょうか? 常に警察・事故調査委委員会とは話をしているはずなので、その範囲で判っている事を中心にJR西日本が話すべき内容です。

社内に事故の背景を独自調査する部署を作るといっていますが、今更何を・・・という気分です。対策本部のようなものは既にあったはずなのですが、今更ながらの本格的な設立では、JR西日本の取り組み姿勢に疑いを隠せません。捜査中を理由に原因・調査の部署は作っていなかったと言いますが、それを行わずに警察などの指導だけで日勤教育やダイヤ編成などを行ったというのでしょうか? それはそれで、非難されているから対応策でやっていますという態度にしか受け取れません。ましてや、その部門の規模なども未定とのこと。この説明会で聞きたいのは「JR西日本の取り組み方」です。その取り組み方がコレでは・・・遺族・負傷者の怒りは当然です。

質疑応答には乗っていた車掌と乗り合わせていながら現場を去った車掌二人を説明会に呼んで欲しいという事でしたが、これも拒否されたようです。遺族として呼び出して欲しい気持ちを非常に理解出来ますが、出席によるプレッシャーで今後の車内業務に影響が出ると思うと難しいところです。会社は社員を守るというのがあるので、一概に非難出来ないのがあります。もちろん、責任者・管理者は別です。

結局、マスコミの録画・録音禁止の非公開なのにこの状態です。JR西日本はどういうつもりで非公開にして行った説明会なのか、遺族や負傷者が一番聞きたいと思います。

遺族側であれ?と思ったのが、赤旗の記事で「遺族の三分の二から署名を集めれば変わるかと思っているが。」という遺族の話。遺族主催の説明会についてのハズですが、逆に2/3の同意を得れていないと言う事ですよね。思ったよりは少ないというイメージでした。


今回、事故があった時に生還出来た要因(サバイバルファクター)について、つり革・手すりがあります。私は大阪人なので他の電車をよく知りませんが、東京と大阪では手すり・つり革の数が全然違うんですね。asahi.comの記事の写真を見て驚きました。東京ってこんなに多いんですか? 体を支えるのは自分の足と人にもたれ掛かるになってしまうので、揺れやブレーキが強いと、時には息が出来ないほど苦しいです。ただ、手すりなどは客が邪魔だと文句言うから撤去しているというのもあるので、一概にJR西日本を責める気はありませんが、つり革は違いますよね。吊り広告を重視した結果だと思います。・・・吊り広告、電車の中で読むのは好きなんですけどね。果たして、この手すり・つり革の数が増えるでしょうか? 大きな改造、もしくは車両取り替えになる事は確かです。その時に、どれほど事故に対して考えているかが判りそうな気がします。



JR西日本脱線事故の被害者ネットワーク」にコメントを頂き、腹立たしい事を聞きました。JR西日本系列のフードサービスネットというJRの車内・構内・付近のフード関係を取り仕切る会社についてのお話です。

コメントをしていただいた方は、その会社に新しい店舗をオープンするので来ないかと誘われたそうです。その際に、あんなに大きな事故を起こし新しい事業展開なんて出来るのかと質問したところ、事故保障の予算は1000億2年で回収できる、と言われたそうです。 確かに、フードサービスネットは子会社で直接ではありません。ですが、親会社が起こした事故なのに、もう問題ないから大丈夫という含みを持たせるのはどういうつもりでしょうか? まだ、補償金に関する話は一部で始まったばかりです。そんな話を始める気分ではないという人もいます。それを、1000億、2年で片づくと数字で言い切るんですか? 現代表取締役はわかりませんでしたが、取締役には元JR西日本大阪支社長の土屋隆一郎等がいました。そういう人がいる社内で、外部の人に問題ないと言い切れる空気が流れているのが許せません。

フードサービスネットも企業であり経済活動はしないといけないのは判っています。例えそれでも、外部の人に話をする時には細心の注意をするという心配りさえも忘れています。コメントを頂いた方の怒りがとても判ります。

今回、話をアップするのはご迷惑が掛かると思い悩みましたが、風化する事が許せないとおっしゃってくれたのでアップさせて頂きました。感謝致します。
posted by 藍旋 at 01:47 | Comment(2) | TrackBack(6) | 気になるニュース
この記事へのコメント
自分の父も医療ミス(認めてもらえませんでしたが)でなくしました!本当の事 真実が被害者には伝わってこない 内部の専門家がマイナスを外に出さないように包み隠す 本当に知りたい事実は聞かされない こんなことは許されません 亡くなった方は どんな保障をされても 許せないと思います 怪我の方も 元の生活に戻してほしい それだけが望みだと思います JR関係の会社の末端の社員まで 考えを改めていかないといけないのではないでしょうか 現在他人事のように考えている 系列の会社は多くあると思います 社長はもちろん天下り 本当の誠意のある対応とはこのような所に現すべきでは と思います
Posted by シャン at 2005年10月27日 14:21
シャンさん、こんばんわ〜。
今日もJR西日本を使いましたが、事故の教訓を本当に活かしたいと思っているかどうか怪しいと思うと、ふと不安になります。今日も新大阪でドアが閉まるチャイムが鳴ってもまだ人が降り続けていました。乗れるのかな?と思えて焦る事自体、まだ改善されていない気分でした。

亡くなった人を鎮めるには、それを教訓として二度と起こさないようにする事ですよね。阪和線よりは過密ダイヤじゃないと言われても、そういう意味じゃないんですと言いたいです。過密ダイヤでも、遅れを無理なく取り戻せるなら問題ないのですから。
Posted by 藍旋 at 2005年10月27日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

2005/10/25(火) 僕は君の悔しそうな顔を忘れない。
Excerpt: あの事故から半年が経ちました。 あの翌日、僕は仕事を終え、献花に現場を訪れました。 悲惨な現場を目のあたりに、涙が止まりませんでした。 最年少の犠牲者は、僕達とリンクされている少女で、 ..
Weblog: Beach Park 浜村直之徒然日記
Tracked: 2005-10-27 06:09

JR福知山線事故から半年
Excerpt: <尼崎脱線事故>発生から半年 改善策40、実施は4項目 まだまだ遺族の心の傷は癒えませんし、市民の生活はこれからも続きます。事故を一時のブームで終わらせず、継続して検証していく必要があります。何せ改..
Weblog: 猫手企画@新聞屋
Tracked: 2005-10-27 08:11

「JR西事故」からまもなく6ヶ月。
Excerpt: 4.25ネットワークHPに、10月16日TASK主催の シンポジウムの報告が掲載されました。 (岩清水日記BOOKMARKあり) 柳田邦男さんやその他の方のコメントが掲載されています。 柳田邦男さん..
Weblog: 岩清水日記
Tracked: 2005-10-27 20:22

JR福知山線事故と同じ問題構造??☆★ JR宮島桟橋衝突事故 ☆★
Excerpt:   宮島桟橋事故でJR支社を捜索   衝突後も運航継続 宮島桟橋事故 JR西日本がまたもや人災事故? 事故は100%起きないということはない。 でも、それが利益優先の体質・安全軽視の体質か..
Weblog: 森羅万象?! 痛快?なりゆき言いたい放題!お気楽Blog ブロブロ☆ブログ!
Tracked: 2005-10-28 19:18

JR宝塚線脱線事故から半年がたちました
Excerpt: 遅いような、早いような・・・今月(2005年10月)の25日で、JR宝塚線脱線事故から、わたしの誕生日から、半年がたちましす。 何度も書きましたが、わたしは、この事故にあいPTSDとなり、未だに普通の..
Weblog: ぜんとりょ〜えん♪
Tracked: 2005-10-28 21:28

脱線事故から半年 補償交渉は難航
Excerpt: 百七人が死亡し、五百五十人以上の負傷者を出した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故は二十五日、発生からちょうど半年を迎えた。
Weblog: 黍若日記
Tracked: 2005-11-03 15:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。