2005年10月13日

MSとヤフーのIM相互案、日本は難しいかも

MicrosoftとYahoo!のIMに互換性が出るかも」と昨日伝えておきながら、いきなり日本は難しそうになってきました。

この話は元々「米国」の話なんですね。MSNのアカウントは世界共通と聞いていたので、問題ないと思っていました。ですが、Yahoo!のアカウントID(利用者ID)は米Yahoo!と日Yahoo!では、管理が違うらしいんです。

そのため、重複したアカウントが作られているそうです。数年前から重複アカウントは良くないという事で登録出来ないようになっており、既に重複している場合は変更要請を送っているそうです。ですが、仕事で使っているなどで簡単に変えれないというユーザの都合があるので、実際に相互に出来るのは、MSNメッセンジャーと米Yahoo!メッセンジャーのみとなる可能性が出てきました。

 ヤフーとMSがメッセンジャーで連携--実現しても日本だけは暗雲 (CNET Japan)


難しい原因なのですが、Yahoo!のアカウントは、例えば「藍旋@yahoo.co.jp」の場合「藍旋」がアカウントになり、「藍旋@yahoo.com」の場合も「藍旋」がアカウントになります。メールアドレス全部であれば世界唯一ですが、アカウントの部分だけで判断すれば重複が発生しちゃうんです。MSNメッセンジャーはメールアドレスでログインしますが、Yahoo!メッセンジャーはアカウント部分のみでログインします。

さらにいえば、米Yahoo!と日Yahoo!でも、メッセージのやりとりが出来ないそうです。
結構面倒ですね・・・・ですが、IM経由で大量のウイルスがばらまかれている現在、必ずしも、この方法が良くないとは言えないと思いません? いきなりウイルスを送りつけられる可能性は、MSNよりもYahoo!の方が遙かに少ないと思われます。


メッセンジャーのログインをアカウント部分ではなくメールアドレス全部にすれば?と思いましたが、Yahoo!はメールからヤフオクまで多数の機能をYahoo!IDのみで運用しています。大量に存在するユーザに迷惑を掛けずに(障害を起こさずに)全て変更して、リリースするのはかなりリスクがあります。それもメッセンジャーだけではなく、携帯アプリ等の色々なソフトと連携しているために、一斉に変更という方法をとる必要がでるでしょう。少しずつ変更していくのも出来ますが、それもまた複数回のリリースを重ねるために、ユーザの不利益になるんですよね・・・


また、日Yahoo!は会員向けの新たなサービス「セーフティーアドレス」を発表したばかりで、これはメインのメールアドレスのアカウント部分をメイン以外に最大10個まで作れ、複数作ったアドレスをオンラインショッピングや懸賞等に使ってスパムが来たら複数作った方は削除して下さい、届いたメールは全てメインのアドレスでメールは取得出来ますというサービスです。このサービスで、覚えやすいアカウントがドンドンとられていて、さらに日米のアカウントをくっつけるのは難しい気がします。


アカウントはメールアドレスの一部ですし、簡単そうに見えて意外に大変かも・・・っていうのが私の感想です。
posted by 藍旋 at 13:53 | Comment(4) | TrackBack(2) | コンピュータ

2005年10月12日

MicrosoftとYahoo!のIMに互換性が出るかも

私はMSN Messenggerというインスタントメッセージ(IM)を使っていますが、人によってはYahoo!メッセンジャーや、AOLのインスタントメッセージなど、使い分けるのは面倒なんですよね。AOLは使いにくいと感じましたけど・・・

そこで、米Yahoo!と米Microsoftが、IMサービスのユーザがメッセージ交換出来るようにする方向で検討を進めているそうです。

 ヤフーとマイクロソフト、IMの相互乗り入れへ (CNET Japan)


ただし、あくまでも「検討」です。
さらに、テキストと音声メッセージが対象となっているため、ファイル送信はどうかは判りません。ウイルスの被害が増えているため、特にYahoo!が拒否する可能性は十分にあります。でも、IMの魅力に、簡単なファイル送信にあるんですよね。。。仕事で使う時は、この機能を重宝しました。メールでやっていると、時間かかる上にファイルサイズ問題があり、サーバの負荷も大きくて弊害があるんですよね。

知りませんでしたけど、Microsoftの「Live Communications Server」というソフトを使えば、複数のIM間でテキストのやりとりは出来たんですね。サーバーソフトなのでお値段もアレで論外ですけど!

アイコンの送信や、シェイク(MSNの機能でウィンドウをぶるぶるさせます。)等を使うのが出来ないでしょうから、全く意識せずには難しそうですね。でも、これで大分用途が増えそうと嬉しいです♪


MSN メッセンジャー
Yahoo!メッセンジャー
AOL インスタントメッセージ


【追記】
MSとヤフーのIM相互案、日本は難しいかも
日本と米国のYahoo!でアカウントの管理が違うらしく、日本ユーザとは難しいかも知れません。
posted by 藍旋 at 16:53 | Comment(4) | TrackBack(4) | コンピュータ

2005年10月03日

ブラウザは最新にね!

Windows系のメジャーなブラウザは全てバージョンアップして下さいね!

IEの未公開の脆弱性050929」で書きましたが、JavaScriptの「XmlHttpRequest」というオブジェクト(部品)が、取得したデータの内容をちゃんと確認しないというものでしたが、どうやら、他にも影響してきました。

 XMLHttpRequestオブジェクトの脆弱性はFirefox/Mozilla以外のブラウザにも影響 (IT media)

 Geckoエンジンに由来する脆弱性、Lunascapeにも影響 (INTERNET Watch)

 Operaの旧バージョンにXmlHttpRequsetの脆弱性、最新版で修正済み (INTERNET Watch)


FirefoxやOpera等は、呼び出し元と同一ドメイン(同じ http〜内)以外と通信出来てしまうという事です。悪用された場合は認証情報!やCookieの情報が漏れてしまうので、対策しておきましょうね。


IEは、まだ未パッチ状態で、対策は「IEのセキュリティレベルを「高」に設定すれば被害を防ぐことができる」。Windows Updateが出たらアップデートしましょう!

Firefoxは、最新バージョン1.0.7で対策済み。アップデートしましょう!

Operaは、最新バージョン8.50で対策済みアップデートしましょう!

Lunascapeは、IEとGeckoエンジンの使い分けが出来ます。IEは上の通り未対応状態、Geckoエンジンプラグインも未対応状態。私も殆ど使っていませんが、GeckoエンジンはLunascapeの設定→更新チェックを付けておけば、多分最新版がリリースされたら判ると思います。

Sleipnirは、IEとGeckoエンジンの使い分けが出来ます。IEは上の通り未対応状態、Geckoエンジンは Mozilla ActiveX Project から、10月2日に「Mozilla 1.7.12 ActiveX Control Installer」がリリースされたので、これをインストールすれば大丈夫なのかも?一応、Firefox1.0.7と書いてあるので・・・ちょっと自信ありません。試しに使っているSleipnirが、起動不能状態で困っています(p_q)


何はともあれ、出来るだけ最新を使いましょうね。


ちょっと技術的なお話なので、ここから下は読まなくてもOKかも。
ところで、こんなに一度にどうして・・・って思いましたが、「XmlHttpRequest」の利用が急激に増えたからなんでしょうね。

Ajaxという言葉を聞いた事ありますか?

最近、一気に使用されてきている技術で、今まではWEBブラウザ上でデータをやりとりする場合は、基本的にはリンクやボタンをクリックしたりする必要がありました。それが、このAjaxを使えば、文字入力やマウスドラッグなどで、データのやりとりをする事が出来るのです。その際に、XmlHttpRequest が使われているようですね。

何の事かサッパリだと思いますが、Google Maps等のマウスドラッグでドンドンと地図が出てくる等は、この技術を使っています。他にも、Gmailのアドレス帳も、メール作成で名前やアドレスを入力を続けるとドンドンと候補が絞り込まれるのも、この技術です。他にも、Microsoftの Start.comMSN Virtual Earth 等も、Ajaxを使っています。

Ajax自体は新しい特別な技術ではなく、JavaScriptとXMLの組み合わせによるWebサーバとの非同期通信の技術を指すそうです。

一気に普及してきただけに、このような不具合も一気に見つかったんでしょうね。
posted by 藍旋 at 21:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ

RFID(アールエフアイディー)って知ってます?

RFID(アールエフアイディー)って知ってます?

身近なところでは、JRのスイカ(Suica)・イコカ(ICOCA)に使われている、触れずにデータを読み込めるあの定期カードに使われています。中にはほんの数mm四方の米粒のような物に埋め込まれていて、CPU、メモリ、アンテナまで含まれている無線ICチップです。電源は、読み取り装置からの電波が供給するので半永久的で、バーコードに比べて産地や賞味期限や流通ルートなどの大量のデータが収納出来るため、スーパーなどの流通業界の期待の星なんですね。

まぁ、その分、誰が何を持っていると簡単に判るため、個人情報が漏れると危惧されているわけですが・・・


驚いたのはこの記事。

 『カトリーナ』犠牲者の遺体管理にRFIDチップを活用(HOT WIRED JAPAN)

あのアメリカを直撃して大きな被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」
沢山の方がお亡くなりになりましたが、何せ、未だに水に覆われている地区もあるなどで御遺体の管理に困るわけです。数百に及ぶ遺体を遺族が引き取るまで管理しなければいけません。

その管理を、このRFIDを遺体や遺体袋などに貼り付けて管理するというわけです。無線ですので、場所も確定しやすいという利点があります。また、その容量を活かして、発見場所・性別・肌の色・身長・目の色等を登録すれば、間違いも圧倒的に減るというわけです。

ちょっとそういう話に敏感な人は、遺体を商品のように見ている!と言われるかもしれませんが、災害の時は多くの遺体を少しでも早く間違いの無いように遺族の元に渡してあげるには、こういう方法はいいかなと思います。
posted by 藍旋 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2005年09月28日

livedoor blogについて教えて下さい

先日、友達から「ライブドアのブログが減ってるそうだがなんで?」という質問をされました。
何やら、Timeserverのブログさんの「ライブドアブログのアクティブユーザ数激減。一ヶ月で半分に。」という記事を見たそうです。

へ〜、BlogFan.ORG(ブログファン)の、ブログサービス比較のアクティブユーザ数を集計して推移を見てくれたそうです。ナルホドです、スゴイ勢いで減ってます!8月15日ぐらいから減っているそうで、9月27日の調査で見ると、10万→4.4万ユーザと1.5ヶ月で大激減です。


アクティブユーザ数とは、更新しているユーザ数の事です。BlogFan.ORG では、日・週・月で更新しているユーザ数を見るので、週や月単位でユーザ数を見ると人気度が判ります。アクティブユーザ数が増えるのは新しいユーザが増えている、アクティブユーザ数が減るのは、増えた数よりも更新を辞めてしまった人の方が多いという事ですね。
ブログは誰でも開設しやすい反面、すぐにネタ切れで辞める人も非常に多いのが特徴です。ですので、ブログ開設者数=サービスが良くて使っているユーザが多いとは言えないんですね。

そのため、「サイバーエージェント、「アメーバブログ」開設者数が50万を突破 (Japan Internet.com)」を見ても、何も思わないといいますか・・・先程の表を見ると、8月に1回でも更新したブログは5万件らしいので、このデータを見る限りでは、私が使っているSeesaaブログと9位争いなんですよね。成長数も変わらないですし。でも、ヤプログ!というブログサービス、殆ど見た記憶がないんですが。ユーザ層が違うのかな??

まぁ・・・見ていて何のオリジナリティも感じないニュースサイトや、「今日の朝はスクランブル・エッグつくって食べた」とかだけのブログとか(ホントにあったんですよ!)は、確かに見ていてつまらなくて、すぐに辞めちゃうのが判る気がします。


本題ですが、livedoorのブログユーザさん、もし見ていたら、なんかこういう減少の理由わかります?? 興味本位なのですが、教えて欲しいです〜。


正直、ホリエモンの選挙とかは原因と思えないですし。。。むしろ、惜敗という感じで盛り上がったぐらいだと思います。ホリエモンは応援するつもりはなかったですが、ネットによる選挙活動の推進には応援したくもあり・・・今のネットによる選挙活動不可はおかしいですしね。livedoor Blogサポートブログを見ると、ブログの移行が遅れているとか、管理画面がおかしくなるとか・・・そういうのでしょうか??


投稿する前に気付きましたが、「新環境の管理画面が非常に重い」「再構築の作業に5分以上掛かった」等があるそうです。他にも生の意見も聞きたいです〜。
posted by 藍旋 at 17:28 | Comment(12) | TrackBack(3) | コンピュータ

2005年09月27日

Seesaaのメンテナンスで重要な点

Seesaaブログもスパム強化のメンテ情報」で書いたように、Seesaaブログがメンテナンスされました。

なにげなーく、Seesaa公式の「Seesaa ブログ、スパム対策強化のお知らせ」を見ていたら・・・あれ? 「HTML編集機能をご利用の方へ」という但し書きが!!これがまた、判りづらい説明なんですよね・・・


どうやら、コメントやトラックバックを受け付けた際に、管理者の承認を貰ってから表示する等の機能のために、一部、定義が変更されたようです。確かめたところ、今の所は変更しなくても普通に動きますが、いつ、おかしくなるのかわからないので、変更しておきましょう。



今回、チェックした方法は、「DF」という二つのファイルの違いを調べるソフトを使い、現在の内容と初期値の内容を比べて見ました。これ、非常に便利なので、オススメです♪


編集方法は、以下の通りです。
マイ・ブログ → デザイン → コンテンツで、コンテンツ一覧を表示します。コンテンツ一覧に、種類が「記事(ページコンテンツ)」というのがあります(デフォルトではタイトルが記事です)ので、クリックして開きます。

「記事(ページコンテンツ)の設定」画面に移動しますので、その編集画面右上の「コンテンツHTML編集」をクリックします。
切り替わった画面は、カテゴリや過去ログを見る時のページになります。その中にあるHTMLのソースは念のために、テキストファイルにコピペして保存しておきましょう!失敗すると、最悪はページが全く表示されません。

今回、全て命令の追加と変数の名称変更のみです。変更があった所のみを、赤色にしました。


〜(中略)〜


<% if:diet_log.condition == 2 %>絶好調<img src="<% site_info.blog_url %>/img/icon/1.gif" width="16" height="17" border="0" alt="絶好調" /><% /if -%>
<% /if -%>
<% if:article.accept_comment_show -%>
| <a href="<% article.page_url %>#comment">Comment(<% article.children_count | __or__ | echo('0') %>)</a>
<% /if -%>
<% if:article.accept_tb_show %>
| <a href="<% article.page_url %>#trackback">TrackBack(<% article.tb_count | __or__ | echo('0') %>)</a>
<% /if -%>
<% if:style.disp_category %>| <a href="<% article_category.page_url %>"><% article_category.name %></a><% /if %>
</div>

</div>

</div>
<% /loop -%>

<% if:page_name eq 'article' -%>
<% if:individual_article.accept_comment_show -%>
<div id="comments">

<a name="comment"></a>

<div class="comments-head">この記事へのコメント</div>

<% loop:list_individual_article_children -%>
<div class="comments-body">
<div class="text"><% comment.body | tag_strip | nl2br | clickable('target="_blank" rel="nofollow"') %></div>
<div class="comments-post">Posted by <% if:comment.homepage %><a href="<% comment.homepage | tag_strip %>" target="_blank" rel="nofollow"><% comment.writer | tag_strip %></a><% else %><% comment.writer | tag_strip %><% /if %> at <% comment.createstamp | date_format('%Y年%m月%d日 %H:%M') %><br /></div>
</div>
<% /loop -%>
<% if:individual_article.accept_comment_catch -%>
<div class="comments-head">コメントを書く</div>
<form action="<% blog.page_url %>pages/user/comments2/regist/input" method="post">
<div class="comments-body">
お名前: <br />
<input type="text" name="article_child__writer" size="50" value="" /><br />
メールアドレス: <br />
<input type="text" name="article_child__email" size="50" value="" /><br />
ホームページアドレス: <br />
<input type="text" name="article_child__homepage" size="50" value="" /><br />
コメント: <br />
<textarea name="article_child__body" rows="10" cols="45"></textarea><br />
<input type="hidden" name="article_child__article_id" value="<% individual_article.id %>" />
<input type="hidden" name="article_id" value="<% individual_article.id %>" />
<% if:individual_article.accept_comment_permission_mode -%>
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。<br />
<% /if -%>

<input name="need_confirm" type="submit" class="input-submit" value="確認する" /><input name="posted" type="submit" class="input-submit" value="書き込む" />
</div>
</form>
<% /if -%>
</div>
<% /if -%>

<% if:individual_article.accept_tb_show -%>
<div id="trackback">
<% if:individual_article.accept_tb_catch -%>
この記事へのTrackBack URL<br /><% individual_article.tb_url %><br />
<% if:individual_article.accept_tb_permission_mode -%>
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。<br />
<% /if -%>
<% else -%>
この記事へのトラックバック<br />
<% /if %>

<% loop:list_individual_article_tb -%>
<hr />
<a href="<% tb.url %>" target="_blank" rel="nofollow"><% tb.title | html %></a><br />
Excerpt: <% tb.excerpt | text_summary | html %><br />
Weblog: <% tb.blog_name | html %><br />
Tracked: <% tb.createstamp | date_format('%Y-%m-%d %H:%M') %><br />
<% /loop -%>
</div>
<% /if -%>


<% /if -%>
<!-- /Content -->
<% content.footer -%>





以上です。


実際の所、思ったよりも修正が多く、あの説明で自分でして下さいは、ツライと思います。私なんて、「過去ログに一覧を追加♪」で行ったカテゴリや過去の記事の一覧とかしただけなので、初期値に戻してから修正の方が楽ですね(笑)


よろしければ、参考にしてみて下さい。
posted by 藍旋 at 15:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | コンピュータ

2005年09月22日

Seesaaブログもスパム強化のメンテ情報

Seesaaブログのトラックバック・コメントのスパム対策強化のため、下記の時間帯のサービスが停止されます。

9月27日(火) 午前 3:00 〜 6:00

Seesaaサービス、メンテナンスのお知らせ


メンテナンス明け直後は、ブラウザのキャッシュ機能により「メンテナンス中」の表示が出る可能性があります。IEのキャッシュ処理を行えば正常になります。が、そこまでしてほど見る人は少ないかも?(*ノノ)


この機能、まってました♪
私もいい加減腹が立っていたスパムトラックバックとスパムコメントの対策が強化されます。今までは、指定したIPかアドレスのみを受付無いでしたが、「禁止IP」、「禁止URL」、「禁止WORD」の指定が出来るようになり、管理者が許可しないとコメントやトラックバックが表示されないようになります(管理者承認制)

これでスパムが減りそうです!今は毎日1通以上、多い時は5通ぐらい来ていて、結構イライラしてます。気付いた時点で即削除なので、目につかないように努力してます♪


「藍旋、頑張ってます!」
どっかのネットゲーム管理会社のようなセリフを行ってみました。今は引退した「RO日記」の会社ですよ!


私はまだスパムコメントは1回だけなんですよね。まんまと引っかかって見に行っちゃいました。。。私的には嬉しい反面、このスパム対策は余計に大変になる可能性も秘めています。

どうしてかといいますと、大体、トラックバックにはその記事の概要(主に、TB先の記事の先頭部分)が表示されています。その記事の概要を見て、あからさまな単語があればいきなり削除してます。無ければ、そのサイトに訪れてチェックしてます。大半の閲覧者の方も、その少ない概要でスパムだと思うとクリックして見に行く人は少ないと思います。

問題なのは、トラックバックの記事の概要。
私はSeesaaブログしか知らないのですが、Seesaaブログでは投稿者が概要を書けるのです。何も設定しなければ記事の内容の先頭部分を・・・っていう仕様です。つまり、概要ではお堅く、実際の記事はアダルト・・・という可能性があるわけです。


今もそういう事をするスパムはありますが、今回の対応により、こういうタイプはさらに増えると思います。そうなると、余計な手間が増えてしまうだけに何とも言えないですね。



また、見ている方には関係ありませんが、管理者はアカウントページが変更されます。Seesaaブログのお知らせをドーゾ♪
posted by 藍旋 at 01:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | コンピュータ

2005年09月16日

過去ログに一覧を追加♪

カテゴリに一覧を追加♪」で、カテゴリのページトップに一覧を追加しましたが、過去ログ・・・月ごとのページにも一覧を追加しました。

問題は、Seesaaの仕様上、上に大きな日付が来てしまうんですよね。多分、変更する方法は・・・なさそう??「私は知ってる!」という人、よろしければご教授お願いします〜。


方法は下記の通りです。

マイ・ブログ → デザイン → コンテンツで、コンテンツ一覧を表示します。コンテンツ一覧に、種類が「記事(ページコンテンツ)」というのがあります(デフォルトではタイトルが記事です)ので、クリックして開きます。

「記事(ページコンテンツ)の設定」画面に移動しますので、その編集画面右上の「コンテンツHTML編集」をクリックします。
切り替わった画面は、カテゴリや過去ログを見る時のページになります。その中にあるHTMLのソースは念のために、テキストファイルにコピペして保存しておきましょう!失敗すると、最悪はページが全く表示されません。失敗した場合は、そのページの一番下に「初期値に戻す」というチェックボックスがあるので、コレをチェックして保存すれば最初の状態に戻ります。



実際のHTMLの編集ですが、下記の文字列を検索します。
これは過去ログページ表示の時にのみ表示しますという命令です。

<% if:page_name eq 'archive' -%>
 〜 (中略) 〜
<% /if -%>


ちなみに、私のテンプレート「さくら」では、こんな文章になっています。

<% if:page_name eq 'archive' -%>
<div class="navi">
<% if:previous_archive -%><;<;<a href="<% previous_archive.page_url %>"><% previous_archive.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a>|<% /if -%>
<a href="<% blog.page_url %>">Main</a>
<% if:next_archive -%>|<a href="<% next_archive.page_url %>"><% next_archive.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a>>;>;<% /if -%>
</div>

<% /if -%>



ここで、下記の文章を追加します。

<div id="clist">
<p><% archive.createstamp | date_format("%y年%m月") %>の記事一覧です。</p>
<ul>
<% loop:list_article -%>
<li>(<% article.createstamp | date_format("%y/%m/%d") %>)<a href="<% article.page_url %>"><% article.subject %></a></li>
<% /loop -%>
</ul>
</div>


私のテンプレートで追加した状態がコレです。

<% if:page_name eq 'archive' -%>
<div class="navi">
<% if:previous_archive -%><;<;<a href="<% previous_archive.page_url %>"><% previous_archive.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a>|<% /if -%>
<a href="<% blog.page_url %>">Main</a>
<% if:next_archive -%>|<a href="<% next_archive.page_url %>"><% next_archive.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a>>;>;<% /if -%>
</div>

<div id="clist">
<p><% archive.createstamp | date_format("%y年%m月") %>の記事一覧です。</p>
<ul>
<% loop:list_article -%>
<li>(<% article.createstamp | date_format("%y/%m/%d") %>)<a href="<% article.page_url %>"><% article.subject %></a></li>
<% /loop -%>
</ul>
</div>
<% /if -%>


これでOKです。
一番下の保存ボタンで保存し、再構築を行います。今回は過去ログのページのみ変更したので、再構築の範囲も「過去ログページ」だけでOKですよ。再構築が終わった後に、ブログの過去ログを見ると、リストが追加されていると思います。いかがでしょうか??



表示されたリストが中央寄りになっていてリストがガタガタだったので、見た目も変更しました。

マイ・ブログ → デザイン → スタイルシートで、スタイルシートを表示します。私の場合、リストにスタイルシートが1つしかないのですが、複数あった場合、「適応」にチェックがついているスタイルシートが現在使っているモノだと思います。


中身を表示したところで、これもテキストファイルにコピペして保存しておいた方がいいと思います。こっちは見た目だけを編集するため、そうそう無茶をしてもトラブルは起きません。

この内容の最後に、以下の文章を追加します。


/* カテゴリ記事リスト */
#clist {
margin: 20px;
padding: 10px;
border: 1px dotted #999999;
}

#clist li {
text-align:left;
margin-bottom: 0.5em;
font-size:12px;
}


あとは、「スタイルシートを変更する」ボタンで保存すれば完了です。


ブログをブラウザの「再読込」で読み直せば、過去ログ一覧のガタガタが左寄りになっていると思います。これで完了です。

内容的には、"clist"という文字列はテンプレートで追加した文章の"<div class="navi">"を指しています。
このスタイルシートの詳しい意味は、スタイルシートを解説しているサイトを参照にして下さい。私は「TAG index」さんが初心者にも判りやすくていいと思います。判りやすいので愛用してます。

"#clist"の内容の意味はコレコレです。
"#clist li"の内容の意味はコレコレです。



ついでに、カテゴリの一覧の追加方法も書いておきます。

上記に出てきた「記事(ページコンテンツ)」を表示し、下記の文字列を検索します。
これはカテゴリページ表示の時にのみ表示しますという命令です。

<% if:page_name eq 'category' -%>
<% /if -%>



ここで、下記の文章を追加します。

<div id="clist">
<p>このカテゴリの記事一覧です。</p>
<ul>
<% loop:list_article -%>
<li>(<% article.createstamp | date_format("%y/%m/%d") %>)<a href="<% article.page_url %>"><% article.subject %></a></li>
<% /loop -%>
</ul>
</div>



私のテンプレートで追加した状態がコレです。

<% if:page_name eq 'category' -%>
<div id="clist">
<p>このカテゴリの記事一覧です。</p>
<ul>
<% loop:list_article -%>
<li>(<% article.createstamp | date_format("%y/%m/%d") %>)<a href="<% article.page_url %>"><% article.subject %></a></li>
<% /loop -%>
</ul>
</div>
<% /if -%>


これでOKです。
後は保存して再構築でOKです。再構築の範囲は「カテゴリページ」だけでOKです。いかがでしょうか?


問題なかった場合、再構築の範囲を「すべて」で再構築して、トップページやカテゴリ、過去ログ、検索、記事別のそれぞれを一カ所以上チェックする事をオススメします。間違って触って見れなくなった等がないか確認しておきましょう!



いかがでしたでしょうか?
記事が増えてくると閲覧者にはどんな記事があるのかわかりにくいので、結構便利だと思います。

ココはこんな風にしたらいいとかあれば、教えてくださいね〜♪


【私の記事】
カテゴリに一覧を追加♪
トラックバックURLの表示変更


【参考記事】
Seesaa 質問 代表的な関数
Seesaa 質問 代表的な変数一覧(オブジェクト型)
Seesaa 質問 Seesaaブログ独自タグの基本文法
Seesaa 質問 関数について
Seesaa 質問 変数について
Seesaa デザインテンプレートさんのカテゴリで記事一覧を表示する [HTML+CSS]
TAG index


【追記】
スイマセン、< や > の表示が変でした!
& lt; と書くところを、& lt と、セミコロンが抜けていました。IE系だと勝手に補完されてちゃんと見えるようですね。失敗失敗(*ノノ)


【追記 07/07/14】
コメント欄のリクエストで「記事一覧の文言を中央寄りに、文字を大きくしたい」というのがありましたので、その変更方法を追記します。今回は、文章中の一部のみを大きくするという方針で書いてみます。

「コンテンツHTML編集」で太字部分を追加します。
<p class="list_h"><% archive.createstamp | date_format("%y年%m月") %>のこのページの<span class="list_hz">記事一覧です。</span></p>
<p class="list_h">カテゴリ「<% category.name %>」のこのページの<span class="list_hz">記事一覧です。</span></p>

「スタイルシート」で太字部分を最後に追加します。
.list_h {
font-size: 12px;
text-align: center
}
.list_hb {
font-weight: bold
}


「コンテンツHTML編集」ではclassを追加しました。これをタグに追加すると、同名のクラスのスタイルを適用できます。
今回は、記事一覧ですという文章全体に「list_h」のスタイルを適用し、「記事一覧」の単語だけに「list_hz」のスタイルを適用するというものです。単語の「記事一覧」を<span>タグで囲んでいますが、これは一つの単位にまとめる事を示すもので、このタグ単体では特に意味を持ちません。今回は、この<span>で囲んだ部分にスタイルシート「list_hz」を適用させるために使いました。

「スタイルシート」ではスタイル list_h と list_hz の2つのスタイルを追加しました。スタイルの内容は { } の中に記述します。スタイル名の頭に「.」が付いている事に注意してください。これは「classに対してのスタイル」という意味を持ちます。この場合、<span>タグでも<p>タグでも<h1>でも、タグの中にclass=〜を付ければ同じスタイルを適用出来ます。
スタイル list_h は、フォントサイズを12ポイントで、文章を中央寄りにという設定。
スタイル list_hz は、文字を太字にという設定。

スタイル list_h で、フォントサイズの後ろに「;」が付いているのは、要素の区切りです。フォントサイズと文字位置の2つの要素があるのでその区切りとなります。この他にも文字の色なども設定出来ますので、そこは頑張ってみてください。わかりやすいと思うのは「TAG index」さんです。


今のブログの設定は、上記の設定をした状態です。
参考になれば・・・と言うことで、このブログの07/07/14バージョンの「記事のコンテンツHTML」と「CSS」をアップします。
posted by 藍旋 at 01:24 | Comment(11) | TrackBack(4) | コンピュータ

2005年08月28日

電子書籍の普及はまだまだ

10代〜50代の携帯電話のユーザー300人に対して、インターネットコム株式会社株式会社インフォプラントが調査したところ、電子書籍を購入しない理由のトップは「読みにくい」の114人で、PC等で文章を読む時に苦痛を感じる文字数のトップは「400字以上」の33.7%だったそうです。

 「400字以上」は苦痛、電子書籍を購入しない理由トップは「読みにくい」


電子書籍を購入したことのあるユーザは13.3%と、2年前から3.3%しか増えていないそうです。思ってるよりも、進んでないんですね。

その気持ちはわかります。やっぱり、小さいんですよね。文字が。結構購入単価が高いくせに、携帯ですとあまり保存出来ませんし、それでいて、本よりも読みづらいです。利点は携帯という普段から持ち歩くモノで邪魔になる度合いが少ないと、片手で扱えるという事ぐらいですし。そうなると、タダならまだしも、買ってまで・・・ですよね。


私的には、片手で読めるって便利ですけどね。混んでいる電車の中で両手を使いづらくありません?さすがに、満員電車だと、携帯は他の人に迷惑なので、それさえも出来ませんけど。


あと、この調査って、ちょっと年齢が上かなって気がします。

調査年齢層分布
 10代:4.7%
 20代:24.3%
 30代:44.0%
 40代:20.3%
 50代:6.7%

30代が中心ですが、意外に30代でもわざわざ携帯でそんなの見なくても・・・っていう人が多いんですよね。IT業界にいるとほとんどないですけど、他の業界の先輩とかですと、最初から試す気がないという反応が思ったよりも多いのに気付きました。

特に、30代や40代の方ですと、ビジネス系の本とかを読む人も多いじゃないですか。そういう電子書籍が少ないのもありますが、大事だと思ったところに「付箋やマーカーを引けない」というのがあると思います。コレは大きいと思うんですよね。付箋のような機能があっても、せいぜい数カ所ぐらいですしね。


カラー電子ペーパーがより紙らしく」で、電子ブックにも触れていますので、覗いてみてくれると嬉しいです♪
posted by 藍旋 at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | コンピュータ

2005年08月16日

IE7はWindows専用

次期Internet ExplorerのIE7が、「Windows Internet Explorer 7」という名称になるようです。微妙で何が変ったのかわかりづらいですが「Windows」という文字がついているのです。つまり、提供されるのは Windows XP SP2/Windows Server 2003 SP1,およびx64版 というラインナップのみとなり、他のプラットフォーム、つまりMac等には提供しない方向を明確にしました。

 IE7が「Windows Internet Explorer 7」に名称変更(IT Pro)
 MS、IE 7のロゴを発表(ITmedia)


これがそのロゴですが、上の方にWindowsの文字がついていますね。
050815_ie7.jpg

別に何も変らない気が?って思いますが、私としてはそれなりに影響があるかな、と。

ウェブサイトを見てると「Internet Explorer 6.0以上でご覧下さい」とか書いているのがあると思います。
基本的にどのブラウザ、IEだろうとFirefoxだろうとSafariだろうと、同じように見えると思われがちですが、実際はHTMLのタグ(Webページの文字の飾り等、Webページを作るための記述)を独自拡張していたり、表示方法も解釈により違ったりするため、制作者の意図に沿わない見え方や動きをする可能性があるのです。

ブツブツ・・・えーえー、スイマセン、Macで見るとレイアウト崩れてボタンが押せなくなりましたよ!だって、Windows2000かXPで、IE5.5のみという動作環境で契約してるんだから!それ以外で見て文句言わないでよ!
そんな過去の仕事の苛立ちを思い出しました。。。


もちろん、標準のHTMLタグだけで構成するのが一番いいですし、そうするべきです。HTMLはW3Cが作成している規格ですが「The W3C Markup Validation Service」で、HTMLに標準規格以外を使っていないか、エラーがないか等の確認をする事が可能です。でも、ブラウザによって表示方法が違うのはどうしようもないんですね。凝れば凝るほど、微妙なズレが問題になってしまいます。


そこで、シェアが問題になります。いま、PCの圧倒的なシェアはWindows搭載ですか、Internet Explorerがメインになります。
そうなると、Webサイトを作る人は、当然、Internet Explorerを意識します。Macユーザの人でも、イヤイヤ、IEをインストールして確認もしている人もいるそうです。特に、企業のWebサイトを主にMacで作る人にとっては、最終確認はWindowsマシンでするにしても、作成中に手軽に確認出来ないのが面倒になりそうです。(IEといえど、MacとWindowsで見え方が違う事もありそう。。。)


個人ではPCの変更はないでしょうけど、企業のサイトを作っている人はMacの選択肢が減らされたんじゃないかな、って。
会社からすれば、Macの方がグラフィックやデザインツールが揃っているとはいえ、同じソフトはWindowsでもあることが多いので、チェック用のためにWindowsマシンを用意させられる方が困りますから。


ぅーん、ホント、Microsoftって、ユーザの囲い込みが好きですよね。
posted by 藍旋 at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(5) | コンピュータ

2005年08月12日

MSNメッセンジャーの検索ボタン

私はMSNメッセンジャーを使っていますが、友達が8月9日の夜ぐらいに、会話ウィンドウの送信ボタンの下に「検索ボタン」がついている事に気付きました。これはどうやら、会話している人に対してMSNサーチの結果を見せるという機能みたいです。


例えば、これは「電車男」というキーワードを会話入力欄に入力して、検索ボタンを押した結果です。


(●●●さん) は次の語句を検索しています :
 電車男
MSN Search の結果 :
 新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/471501-8/
 電車男 http://www.nifty.com/denshaotoko/
 電車男 http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/7075/trainman.html
 その他の結果...


これは、私にも相手にも見える結果で、上位3位の結果とその他の結果のリンクを表示します。


思ったよりも使えるんですよね、この機能!
やっぱり話していると何となく調べたい事とか出てくるので、普段ならGoogleで調べた結果を「ちょっと調べてみたんですけど」とコピペした内容を貼り付けるんですが、その手間がドンとへりますよね♪


ちなみに、フジテレビの「電車男」見てます。メッセで友達とツッコミをずっと入れつつ・・・(*ノノ) 上のは、その時のログをコピペしたないようなんですよね。3つ目の電車男は、2ちゃんねるのログを編集したまとめサイトらしく、それを紹介してくれた時の内容です。私は2ちゃんねる嫌いですから、気を遣ってくれたという側面を持ってるんでしょうね(o^ー')b



ユーザのための便利機能と言うよりも、Googleから少しでもシェアを奪うための追加機能というのがホンネなんでしょうね♪確かに、ちょっとしたことならGoogleを開いて探すよりも、ココで入力した方がメッセしてる人にも情報をあげれて楽ですしね。
posted by 藍旋 at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2005年08月09日

PCに内蔵出来るUPSを開発

NECが、デスクトップPCに内蔵出来る小型UPS(無停電電源装置)を開発したそうです。

 ・「有機ラジカル電池」で緊急バックアップ NEC、PC内蔵型を開発
 ・NEC:小型内蔵電池でデスクトップパソコンのデータバックアップを実証


UPSって何?
停電が起きると、デスクトップPCは瞬時に電源が落ちてしまいます。もちろん、セーブしていなかったデータは消えちゃいますし、場合によってはHDDの書き込み中だったために、ファイルが壊れて読み出せなくなるなどの被害が起きます。
このUPSというのは、充電池みたいなもので電源タップのようにして使います。もし、停電が起きてもUPS内の充電池を使って短時間だけ動かせるという仕組みです。
基本的に緊急用で数分程度しか持たないため、データを保存して正常終了させるのが目的ですよ〜。

価格.comでみると、下は1万円以下からあります。


新しく開発された「有機ラジカル電池」は、4個直列で使用しても「5.5×4.5×1.6センチ 88グラム」と小型で内蔵可能なんです。価格.comとかでみるとわかりますが、普通は結構大きいんです。。。

そして、材質はプラスチックを蓄電材料にするため、水銀や鉛、カドミウム等の有害物質が不要で、異常時にも発煙・発火の危険性が少ないとか。


まだ発表段階で、リリースは先ですが、今後、結構はやりそうな気がします♪
問題は、充電池のため、使用期限がありそうなこと。ある程度長持ちしてくれないと個人では使いづらいですね。
posted by 藍旋 at 18:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ

2005年08月07日

楽天で大量個人情報流出と新カード決済

楽天市場の店舗「AMC」で個人情報が123件流出したという事件がありましたが、調査が進み、AMCより3万6239件(総受注件数9万4000件)が流出しており、さらにクレジットカード番号が1万26件が流出していたようです。

 個人情報3万6239件、カード番号1万件──「楽天市場」店舗問題、大規模漏えいに

大変な事になっちゃいましたね・・・今回はAMCの顧客のみが流出したのですが、私もたまに楽天を使うので不安になります。


この対応として、楽天は新しいカード決済代行サービスを導入します。

 楽天市場の会員情報管理を強化 店舗とカード番号情報を遮断へ


今までは、注文した時のカード番号などは店舗まで届き、店舗毎にカード会社と提携してクレジット決済を行っていました。
これを「R-Card plus」というシステムを使い、楽天がカード会社と決済処理を行い、楽天と店舗間でお金のやりとりを行う方式に移行します。これにより、カード情報は一切、店舗に届かなくなるため、セキュリティが向上するという事です。
楽天のセキュリティが破られると大量流出につながるのですが・・・個別店舗のセキュリティよりははるかに安心でしょうね。
移行までの暫定処置として「カード決済あんしん代行サービス」を8月11日から始めるそうで、これはカード情報のみを楽天が扱うということで、お金のやりとりは今まで通りという事なんでしょうね。


ですが、これまた問題が。
このカード決済代行サービス、セキュリティ工場の為なので、楽天の店舗でカードを扱う場合は全てコレを使用する必要があるのです。そのため、一部店舗は撤退を検討し始めました

 楽天の一部店舗でカード決済が10日以降不能に、流出対策で「対象外」と通告


個別に店舗がカード会社と契約するのは手間がかかるため、ヤマトフィナンシャルの「クロネコ@ペイメント」等を使っている場合です。
「クロネコ@ペイメント」の場合、ヤマトフィナンシャルが11社のカード会社と提携しており、ヤマトフィナンシャルの審査を受ければ、複数のカードが使えるようになり、入金も最短5日と早いそうです。特にヤマトフィナンシャルというだけあり、ヤマト運輸と連携していて、配送もスムーズになるため、好評らしいです。


さて、ここで新しいカード決済代行サービスは、個別で提携している場合にのみ使えるのです。そうですよね、「クロネコ@ペイメント」と「R-Card plus」はカード決済を行う点で一緒なのですから、ライバルです。


でも、このカード決済代行サービスは、「提携カードは9種類、入金も月2回のみ、運送会社との提携がなくなる」と、今までよりも使い勝手がかなり悪くなるわけです。ただし、メリットとして手数料が安くなるそうですが、システム手数料があるのでなんとも言えなさそう。

また、「クロネコ@ペイメント」等を使っていた店舗は、カード会社の個別審査を受ける必要があり1ヶ月ほどカード決済が出来なくなりそうです。これがまたネックに。

8月2日に楽天が店舗に通知し、新しいカード決済代行サービスを導入手続きしない場合は、8月10日10時をもってクレジットカード決済を削除するとしたそうです。ユーザ保護のためとはいえ、店舗には期日も少なく、カードが使えない間は売り上げの急落など、非常に苦しいですね。


以上のことから、デメリットを感じて撤退を検討しているようです。
特に楽天は高い出店料があり、赤字店舗も多いらしく、薄利多売にはシステム手数料なども困った物なんでしょうね。
posted by 藍旋 at 12:36 | Comment(3) | TrackBack(4) | コンピュータ

2005年08月01日

たった1行のWGA破り

つい先日、「Windowsの海賊版防止プログラム」で紹介しましたが、Windows Updateにて「Windows Genuine Advantage(WGA)1.0」(KB892130)という、正規版(海賊版追放)チェックツールが配布されました。

それが、早くも破られたそうです。
このWGAを無効にするたった1行のJavaScriptのコードが作られたそうです。

 マイクロソフトの違法コピー対策、早くも問題に直面
 Microsoftの海賊版対策プログラムWGAが早くも破られる


コレを使えば、チェックをすり抜け、正規版と同じようにダウンロードが出来るそうです。

それにしても、たった1行ですか・・・正直、驚きを隠せません!
どんなコードなのか、見てみたいです。でも、バグなんていうものは、意外に単純な内容が原因だったりします。これも言われてみるとそんなこと??で、終わっちゃうほど簡単な内容なのかも??


あ、ちなみに、海賊版を薦めてるわけじゃないので、ここで紹介なんてないですよ〜!
posted by 藍旋 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2005年07月30日

Windows Vistaで漢字が違って見えちゃう

来年末ぐらいに、新しいWindowsが出るのを「次のWindowsは「Windows Vista」」で、紹介しましたが、困った問題が発生しそうです。

このWindows Vistaで、日本語フォントをJIS2004対応に対応させるそうです。
正式には、「JIS X 0213:2004」規格と呼ぶそうです。


さて、何の事やらですが、私達にとって関係するのは、2点。

【1】新しい文字の追加。2004年9月に公示された「新人名用漢字」や、発音記号の追加
【2】「常用漢字表」にない文字を扱う場合の指針となる「表外漢字字体表」に示された「印刷標準字体」に対応

1番はいいですよね。増えるだけなので、便利になるだけです。
問題は、2番。簡単に言うと、PCで表示する文字の形と、書籍で表示する文字の形では異なる事があるので、それを書籍の方に一致させるということです。

例えば、「東京都葛飾区」ですが、このカツは「葛の下の「ヒ」を「人」に替えたものが正しい」らしいです。こういうのが修正されるみたいです。ですが、逆に「奈良県葛城(かつらぎ)市」は、葛の漢字のままが正しいらしいです。
つまり、本来は同じ文字のハズですが、登録としては文字の形が違うために、誤った表記となるのです。(なんてわかりづらい!)

こういう変更がある漢字が150文字あるそうです。
例えば、「葛」「辻」「飴」「蝕」「逗」などです。


あんまり関係ないように思えますが、正確に書かないといけない書類とかになると、問題が発生する可能性があるんですよね。
例えば、出生児の人名登録や不動産登録とか・・・影響出ちゃうのかも知れません。


このような影響がでる漢字が、経済産業省に告知されていました。
下記のURLのPDFファイルで見れます。全49ページあり、ページ数で11ページ目に一覧表が載っています。

 人名用漢字に対するJIS漢字コード表の対応状況の公表について
 http://www.meti.go.jp/press/20041221008/041221jinmei.pdf


このフォントは「Windows Vista」では標準ですが、混乱が起きないように、Windows XPもリリースされるそうです。つまり、Windows Vistaと一世代前のXPは、見た目が同じになるので混乱は少なめです。(おそらく、Windows2003 Serverも対応されますよね)

問題は、同じWindows系のWindows2000や98だと違って見えちゃう事。
「私の仕事PCもWin2000デス」でありますが、まだ企業のPCの半分はWindows2000らしいです。来年末に発売とはいえ、私が仕事してたWindows2000のノートPCのリリース期限は2006年12月でしたので、Vistaの発売時点でも、Windows2000で作業している可能性が高いのです。
やっぱり、影響が出る可能性はありそうですよね。


違うOSのLinuxやMacでは、どうなるんでしょう?既に対応済みで有れば、今も異なって表示されているわけです。今でも違っているとすれば・・・・あまり影響なく、杞憂で済むのかも知れません(笑)


大丈夫とは思うのですが、請求書出力のプログラムで対応しましょうとか出たら・・・どーしましょ・・・でも、フォントなのでどうしようも。。。


【参考資料】
MS、「Windows Vista」で日本語フォントを一新--JIS X 0213:2004規格にも対応
Windows Vistaは日本語フォント一新 最新JISを採用
混乱大丈夫?次期ウィンドウズで漢字150字形を変更
Windows Vistaが新JIS規格フォント対応、ClearType書体「メイリオ」採用
posted by 藍旋 at 08:18 | Comment(4) | TrackBack(5) | コンピュータ

Windows XP Starter Edition 累計10万本

以前紹介した「Windows XP Starter Edition」が、販売本数が累計10万本に達したそうです。(この詳細はリンクにGo♪)

 累計10万本--MS、廉価版Windowsの販売数を初めて発表
 初心者向けWindows、売上は10万本


正直、驚きです!
04年10月からタイでの販売を皮切りに6カ国で販売中なのですが、1年足らずで10万本ですから。メーカーも搭載に疑問と聞いてますし、買う人がいるのかな?って思っていましたが、大した本数です!


さて、冷静になってみました。誰が買うのかな?って。

まず、Starter Editionは、発展途上国(タイ、マレーシア、インドネシア、ロシア、インド、メキシコ。発展途上国と言えないですが・・・)を中心に、PCの初心者に対して使用の促進を促すというスタンスです。なので、色々と制約があります。詳細は「Windows XP Starter Edition」を見て下さい。

残念ながら、基本的にあまり裕福な国じゃないんですよね。そういう国で、10万本を1年で売る力があるのかな?っていう疑問なんです。個人相手では難しい気がします。一般人が少々安くなったぐらい買えるぐらいの代物じゃないんです。そうなると、企業や学校の一括購入がメインだと思うんですよね。


そこで、考えてみました。
Linux搭載マシンを買ってWindowsの海賊版をインストールするというのがよくあるんですね。(Linuxマシンで買うと、高価なWindowsマシンを買うよりもOSの差額で安価に手に入る寸法です。)これが関係するんじゃないかなって。

「Windowsの海賊版防止プログラム」の影響かと思いましたが、実際はセキュリティに関しては海賊版相手でもアップデート可能なので、こういう人には何も影響がなさそうです。
そこで、プログラム開発の企業の場合だと「海賊版を使っている企業は取引相手にしづらい」という問題を思い出しました。Starter Editionの対象国にIT開発に強いインドが含まれているからです。これは国内の取引だと良いのですが、国外、つまり米国とか相手になると、開発時の不正行為として訴訟問題にまで発展して多額の賠償金問題になる可能性があるためです。

つまり、「XP Starter Editionで開発しました」という事にして「海賊版のXP Professional Editionをインストールして開発」しているとか。これなら、見た目上、ライセンス問題に抵触していないように見せかけれるんじゃないかなって。
また、1台でも正規版のStarter Editionがあれば、正規版のアップデートファイル等もダウンロードが可能です。これを直接適用せずに、一度、PCに保存して手動で適用という形で行えば、海賊版のProfessional Editionにも、適用が可能です。(基本的にEditionによる差異があるアップデートは少ないんです)


※ちなみに、インドは海賊版率が低めです。先程の海外企業との取引の不利益をよくわかっているので、開発元にライセンスを借りるという方法でクリアしています。念のため!


こういうカラクリで、販売数が思ったよりも進んでいるという予想・・・どうでしょ??
posted by 藍旋 at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2005年07月29日

アファリエイトやめました

アファリエイト広告、やめました♪
今後のブログの記事については、アファリエイト広告は表示されません。以前の記事は、アファリエイトの設定を個別に外す必要があるので、そのままです。


元々、アファリエイトには興味が無かったのですが、ブログについて知るために始めたブログ。仕事柄、知っておきたいんですよね。じゃぁ、ブログに付き物のアファリエイトもSeesaaブログでは標準で備わってるのでやってみよう、程度なんですよね。

ただ、Seesaaブログの標準のアファリエイト程度では儲かりません(*ノノ)
特にSeesaaブログの文中に自動でアファリエイト広告が表示されるのは、リンクと同じように見えるため、ややこしいのがデメリットですね。見て欲しいリンクまで気付いてくれない事が・・・


アファリエイトについて感じた事

【メリット】
・ブログ管理者にお小遣いが入る。
・ブログを見に来た人が関係する商品を手に入れやすい。


【デメリット】
・広告が多く見た目が悪く、読みにくくなる。
・トラックバックを必要以上にする。


メリットは、作る側と見る側の両方にあるのがいいですよね。お小遣いが入るのはやっぱり嬉しいです。これって、モチベーションにも繋がりますしね♪
そして、基本的にアファリエイトは記事に関連する商品を表示するので、見てる人が興味を持った場合に、ジャストな商品があったりして嬉しいと思います。その記事を読み終わってから、わざわざ、楽天やAmazonに移動して、商品の検索をしてる間に、欲しい気持ちが薄れる事が多いですしね。


デメリットは、アファリエイトでお小遣い稼ぎしたいのはわかりますが、非常にゴテゴテしているブログが多い事。記事よりもアファリエイト広告の方が占めるスペースが多いブログって、結構見かけません?さすがに見苦しさを感じるんですよね。。。記事は1画面で終わる程度なのに、アファリエイト広告は6画面分もスクロールするほど並んでいたり。そんなブログを見かける事もありますよね。

また、トラックバックが多くなりがちみたいです。元々、アファリエイト広告で買う人なんて見に来る人の1%もいません。そうなると、とにかく人が訪れて分母を増やす事が大事ですよね。人が訪れるのは、面白くて自然に集まるのもありますが、やはり手っ取り早いのがトラックバック。

特に、「トラックバックの私の考え」で出てきましたが、そのトラックバックは集客のためじゃない?と思われる一番の要因がこれじゃないでしょうか?実際、私もそうとしか思えないトラックバックが来る事ありますし。。。



私的には、結局、デメリットの方が大きかったんですよね。
儲けるためじゃなくて、私の思った事を述べたいだけですし。何より、トラックバックをするので、アファリエイトの集客のためと思われるのもちょっと寂しいですよね♪
posted by 藍旋 at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

トラックバックの私の考え

いつも見させて貰っているたばこのあれこれさんのブログで、トラックバックについて少し揉めた事に関して書かれていました。

直接記事を見て貰うのが一番早いのですが、簡単に言うと「私の記事にコメントする記事を書いてその事について通知するトラックバックするのは正しいと思うけど、引用もせずにリンクも貼らずトラックバックするのは客寄せなだけで相手に失礼じゃないですか?」と、言う事です。
まずは、お互いの主張を聞いて頂いた方がいいと思います。

 たばこのあれこれトラックバックについて(禁煙編)
 愛煙家トラックバックのあり方

なるほどです。
正直言えば、私も一方的にリンクされるのがイマイチ納得出来ていません。どうせなら相互リンクされて欲しいのですが。。。

ちなみに、ウィキペディアIT用語辞典 e-Words でも、同じように「あなたのこの記事を参照して記事を書きました。見てみて下さい。」という事を伝える機能だと書いています。

絵文録ことのはさんのブログで、「トラックバックの有効な使い方を考える」で、トラックバックを発明したMovableType開発者 トロット夫妻の開発動機を紹介しています。(たばこのあれこれさんの記事で知ったんですけど・・・)
【1】こちらからあなたの記事を参考にして新しい記事を書いたので、お知らせしますね、という使い方。
【2】あなたが記事で書いている内容と関連する他の記事があるので、お知らせしますね、という使い方。

先程の話は1番になりますね。
そして、なぜか2番は紹介されていません。開発者の開発動機らしいのですが。。。

私が感じているのは、実際に多いのは「同じ事柄に関して記事を書きました。見てみて下さい。」かなと思っています。どちらかと言えば、今まで見てきて1番の方が少ないように見えます。


私がトラックバックを使う場合の用法は、2番が主です。

と、いうのは、ブログの記事も自分の主張でも「思ったり書いたりしても、誰も見ない気付かないので有れば、それは存在しないのと一緒」という考え方なんですよね。自分が思った事を発言して、それを賛成・反対の人に読んで貰う事で、その記事が活きるのだと思っています。特に私はソフトを使ってみた感想を書いたりするのが多いので、使う時の参考になればと思っていますし。

ですので、私は記事を書いてから、関連しているブログを探して、読んで興味深い記事に対してトラックバックを送っています。なので、反対意見の人に対してトラックバックする事も多々あります。(反対意見の場合、全く反応が無くて、ちょっと寂しかったりしますが。。。) よく見かける「反対意見ならTBするな!」は、ちょっと違う気がします。人の意見を聞くつもりがないなら、ネットに公表しない方がいいとさえ思っています。公表して人に見せるなら反対意見にも声を傾けるべきです。反対意見だから削除したという人は、ちょっと違うんじゃ・・・と思っています。逆に、アナタのブログと反対意見を他人が見る事で、よりアナタの意見が正しいと確信する人もいるんですから。

また、そういう考えなので、私はトラックバックやコメントは嬉しいんですよね。感想を言われる、同じ意見や違う意見を聞けるというのは、非常にモチベーションがあがるんですよね。一方的に書くだけでは考えが偏ってしまいます。別に私の記事に対して書かれていなくても、他人の意見を聞けるのは非常に重宝します。


先日、「三菱のリコール問題で」で、三菱自動車や三菱ふそうのリコール問題について書きました。私自身、三菱自動車が行った対応に対して怒りを覚えていますが、それ以上に、知られていない情報が非常に多く、とにかくリコールが多い三菱は悪だ!という風潮があったのが寂しいんですね。なので、こういう情報もあるんですということで、三菱のリコール問題について書かれているブログに対して、結構トラックバックさせて貰いました。

元々、あるブログを見させて貰って書いたわけですが、こういう内容は相手の考えに対する非難とも受け取れるので、トラックバックはしましたが相手のブログ名などは表示していません。

この場合、相互リンクにならないことにより、相手がリンクされたくない場合は、自分の記事のトラックバックを削除すれば済むということになります。もし、記事に直接リンクが書かれていれば、意にそぐわないリンクが続くという事になるから、開発者は一方的なリンクにしたのかなと思います。相互リンクにしたければトラックバックを返すだけでいいわけですし。


乱暴な言い方ですが、もし、2番のようなトラックバックがイヤなので有れば、トラックバック不可設定にするしかないと思います。残念ながら、インターネット上でトラックバックの受付を可にしている以上、2番の使い方はあっていると言えますし、拒否も出来ません。受付を開放しているのですから、本人の意図と違っても仕方が無い事です。その気になれば、コメントでリンクを書けばいいのですから、トラックバックは無くてもやっていけますので・・・あとは、「トラックバックは引用以外は受け付けません」等の意思表示を全てのページのよく見える場所に表示するとかですよね。

私はトラックバックは受け付けますが、アダルトの客寄せリンクと、記事を全く見ていないようなトラックバックだけはやめて欲しいかな・・・だけですね。さすがにGoogleで単語でヒットしただけで中身も見ずにトラックバックしているような全く見当違いだと、イヤですね♪


【関連記事】
スパムTBは多いですけど
posted by 藍旋 at 05:10 | Comment(10) | TrackBack(2) | コンピュータ

2005年07月27日

Windowsの海賊版防止プログラム

Microsoftは、Windowsの正式版の価値を高めて海賊版を追い出そうというのを行ってきましたが、それを世界規模で行おうとしています。

 Microsoft、Windowsの海賊版防止プログラムを正式スタート
 米Microsoft,正規Windows推奨プログラムを世界で正式運用開始


「Windows Genuine Advantage(WGA)1.0」というのが今回の対応です。いま、「Windows Update」か「Microsoft Update」を行うと、この「Windows Genuine Advantage 確認ツール (KB892130)」というのが、インストールされると思います。

特に何か変更があるわけでもなく、正規品かどうかをチェックされ、正規品で有れば付加価値を持つソフトが使えるようになるというのが主なメリットです。但し、セキュリティに関するアップデートは海賊版であろうと行う事が可能です。


また、海賊版の「XP」の場合は、以下のモノを提出すると、XP Pro.なら18,625円、XP Homeなら12,357円で販売してくれるそうです。
・偽造品の報告書
・購入証明書
・偽造品のCD-ROM

Windows2000とかはダメっぽいですね。一応、メインサポートが終わった製品だから・・・?
でも、Windows2003 Serverとかは?普通、個人でインストールしないし、それは通常料金ででもおかしくないですしね。まぁ、そこらへんはおいときましょ。


さて、ここで疑問ですが・・・
価格.comで調べたところ、Windows XP Pro.で28,336円、XP Homeで19,740円でした。確かに1万円と7千円安いです。でも、それでも高いんです。本当に、乗り換えるでしょうか??私には、非常に疑問です。。。

そもそも、偽造品の報告書の提出なんてめんどくさい事するかな・・・とか、購入証明書ってきっとレシートですよね?持ってませんよ、まず・・・日本橋(大阪人なので)の大通りで、露店で堂々と海賊版としか見えないのを売ってますが、そんなところでレシートとか領収書なんて、ありえなーい!
それに、CD-ROMっていいますが、多いのがWinnyとかでのDLによる取得ですよね?なおさら、購入証明とかあり得ないと思うんですが・・・なんかこう、海賊版退治というポーズだけで、本当にする気があるのかな?っていう気がして仕方ないんです。


また、付加価値を持つソフトを正規版ユーザのみに配布となっており、その価値は総額450ドル相当とか。
でも、今、私が知る限りでは今までに紹介した、MBSA というセキュリティ状態のチェックツールとか、LZHファイルの解凍ソフトとか・・・唯一価値が大きめなのがWindows Media Player 10です。うーん・・・全部、なくても全然OKです。Windows Media Playerが痛いだけで、フリーでいくらでも再生するソフトはありますしね〜?

正規版の特典一覧


と、いうわけで、これで減るなんてとても思えないです。

日本のビジネスソフトの違法コピーの損害額は1,900億円!」で、紹介しましたがWindows XP Pro.なんて、インドの高給取りとかでも月給3ヶ月分だったりします。それが月給2ヶ月分になっても、この程度の価値で・・・買うわけありませんよねー?


その昔、コンピュータにとってハードウェアが全てであり、ソフトウェアは付属品という時代がありました。今は、ハードウェアは非常に安くなりました。逆に、サービスにハードウェアが付く事がある(例えば、FTTHの契約サービスに無料とか)ぐらいです。ソフトウェアの方が価値を大きく占めるようになってきました。

でも・・・高すぎですよね、Microsoft製品。私のPCは自作なので、余計に買う時に高さが身に染みますよぉ(ノ_・。)
これだけのシェアを占めながら、いつまでたっても安くしないMicrosoft、なんとかして〜!


追記
たった1行のWGA破り
たったの数日で、このWGAを破るJavaScriptが作られたそうです。
posted by 藍旋 at 18:29 | Comment(5) | TrackBack(2) | コンピュータ

2005年07月23日

次のWindowsは「Windows Vista」

Windows XP の次は、「Windows Vista(ビスタ)」という製品名で出る事が決定しました。

 Microsoft、次世代Windowsを「Windows Vista」と命名

Longhorn(ロングホーン)と呼ばれる次世代OSの情報を聞いた事がある人も多いと思いますが、それが「Vista」に決定したということです。但し、実際の発売は2006年の年末ぐらいの予想。まだまだです。


私的には、Vistaとかで呼ぶのはイヤかも。
と、いうのは、発売した順序とかがわかりづらいんですよね。私なんかは詳しい方なので、それほど困りはしないですけど、問題はPCは道具程度と思っている人。興味がない人には、こういう命名は非常に覚えづらいです。車の命名などと違い、OSはバージョンにより出来る範囲(使えるソフト等)が決まってきますので、OSのバージョンというのは非常に大きな意味を持ちます。もっと判りやすくしないと、Windowsから人が離れる一方ですよ!


gooの辞書でVistaを調べてみました。
PCの内部をよく見渡せるという所でしょうか?
Vista:(木立・町並などを通した狭い)見通し, 眺望; (見通しのきく)通り, 町並; 予想, 展望; 回想


で、実際に乗り換えたい度は・・・かなり少ないです。

最初は色んな機能が付いていたんですが、開発が遅れていて、リリースが見合わせされた機能が多いんですね。
すでに、3D化等の見た目がすすみ、重くなっているぐらいのイメージしかありません。重いだけのOSをわざわざ使いたいとは思いませんしね。


但し、ファイル検索に関してはスピードアップが見込めそうです。
Longhornで注目を集めたWinFSというデータベースによる検索を使うのではなく、Win2000 / XP にある Index サービスを使用します。このIndexサービスは利用しづらく、存在自体があまり知られていなかったのですが、だいぶ改良されて使いやすくなるみたいです。また、検索結果を保存するような仕組みがあり、例えば、普段はMP3、画像、歌詞などをフォルダに分けて整理していても、「B'z」の検索結果を保存しておけば、「B'z」についての全てのファイルが簡単にアクセス出来るので便利ですね。問題は「検索結果」なので、新たに追加されても反映されないと思われる事です。うーん・・・やっぱりダメかも!?

ここはやっぱり、Googleデスクトップ検索を使用ですよね♪


Longhornについてもうちょっと知りたい人は、本田雅一の「週刊モバイル通信」のWinHEC 2005版"Longhorn"インストールレポートを見てみるといいかもしれません。
posted by 藍旋 at 15:03 | Comment(4) | TrackBack(3) | コンピュータ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。