2005年08月01日

トラックに冷房のための電源を

トラック運転手が休憩する施設に、休憩のための駐車中に使う冷暖房用のために、外部電源を用意し、アイドリングを減らす試験運用を8月1日から始めるそうです。

 駐車中の冷房、外部電源でCO2削減 日野と東電が実験


これにより、CO2は76.8%、NOxは97.4%の削減になるそうです。
使った電気だけを徴収するようで、電気代は燃料代に比べて79.8%安くなるそうです。もちろん、電源効率の悪いトラックでの発電よりも、資源的に優しそうですよね。(原子力はよくないでしょ!とかいうのはとりあえず置いておいて・・・)

今回は、神奈川県の大和市の施設で、運送会社3社のトラック6台が参加なので、全然台数が少ないのが残念なところですよね。トラック側に外部電源を取り込む為の機械の設置等にコストが掛かるから、とかでしょうか?夜の高速道路のサービスエリアは、トラックだらけですし、絶対に需要が増えると思いますし、もっと実験台数を増やして欲しかったですね。


トラックのアイドリングって、うるさくて臭くて・・・イヤなんですよね!それが減るのは大歓迎です!

その前に、アイドリングとかもやめろー!っていう人も多いと思います。
これがまた、先輩でトラックの運転手がいて、話を聞いた事がありますが、結構被害者なんですよね。コスト削減のために夜の地道を走らされるとか、工場やコンビニなどの小口発送のために待たされるとか。そうなると、夜間待たないとダメとかが多くて、深夜の3時に家を出て待っていたりと、大変です。そのため、待ち時間に少しでも休憩を取ろうとするので、トラックでエアコンを効かせつつ休憩になるみたいです。
これも、利便性とコスト削減を追求した結果でしょうか。


ところで、「冷暖房用の電気を外部電源で賄い」と、asahi.comで書いていましたが、トラックは暖房も電気なのでしょうか?
乗用車は、冷房は電気だけでOKなのですが、暖房はエンジンの熱を利用しているのでエンジンがONじゃないとダメなのですが、作りが違うんでしょうか??
posted by 藍旋 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2005年07月24日

三菱のリコール問題で

今更、三菱自動車のリコール問題をあげてもなんですが、「裁かれる三菱自動車」小林 秀之 (著) というのが、6月ぐらいに出版されていたらしく、他の人のブログでちょっと見かけたので、取り上げてみますね。


そもそも、リコールってなんでしょう?
不具合を修正するモノであり、その程度により、リコール、改善対策、サービスキャンペーンとなります。

【リコール】
「道路運送車両の保安基準」に適合しない、適合しなくなる可能性がある状態を修理する。

【改善対策】
「道路運送車両の保安基準」に適合するが、安全や公害防止のために放置出来ない状態を修理する。

【サービスキャンペーン】
上記に該当せず、改善のために国交省に通知して修理する。


別に、欠陥車のレッテルを貼るために存在するわけじゃありません
1,500cc車で約3万点の部品を使う自動車、完全無欠と言い切るには難しいほど複雑かつ精密な機械なんですね。事故を起こした時のためのエアバッグですが、これが作動する確実性は、99.9999%(9が6つ並ぶのでシックスナインと呼ばれる精度)です。逆に言うと、これほど大事な部品でもやはり100%確実なのは難しいのです。なので、リコールとは予期せぬ不具合に対する救済処置です。それは実際に乗っているユーザ、作ったメーカー、認可した国に対してです。

え?国?
乗ってるユーザは治るし、メーカーは作った側だからわかるけど、どうして国?
そうです、新車を発表するためには、国、この場合は国土交通省の施設で検査を行い、それに合格した車両のみが販売可能のとして、「型式」を与えます。つまり、国がその車両を審査して問題なしとして販売を許可したのに、それが問題を起こしたわけです。許可した国も責務を負うべきでしょう。なので、機械は不具合が付き物であり、リコールという修理で納めましょうという制度なのです。


リコールは実際には非常に多いです
ブレーキに関する不具合や、車両炎上に関係するリコールなんて、よくある話です。ただ、一般的なニュースで全て放送されるわけでもなく、放送されても10秒ぐらいのニュースでそのまま終わるので覚えていないだけなんですね。車好きの人からすると、リコール情報の多さは結構身に染みていると思います。例えば、下の国土交通省のサイト等で確認出来ます。

 自動車不具合情報ホットライン(国交省)
 Yahoo!リコール情報

例えば、トヨタの05年05月の届け出は10件でした。燃料が漏れる、制動力が落ちる、走行不能になる。。。世界のトヨタでも、こんな事が高速道で発生したら洒落にならない事をリコール届けしています。それほど多いモノなのです。


これがリコール隠しとなると、話は別です。
特に、ハブ(タイヤを受け止める軸受け)強度が足りないとわかってからもそのまま売るなんて、言語道断ですね。ましてや、ディーラーに持ち込まれたモノだけを闇修理して、他は対象外のまま放置。コレに関して、三菱ふそうは言い訳出来ないと思います。


ただし、発表された100を超えるような数が全てリコール隠しの結果だったかというと、疑問を感じます
通常、リコール対応は原因追及してその対策品を用意して初めて行えるのです。原因追及というのは非常に難しく、場合によっては5年以上もかかる事があるそうです。それから対策品を用意するという時間がかかるものなのです。
これが「クレーム隠し」という事からメディアで叩かれ、とりあえずなんでもかんでもリコールとして提出したため、変な内容までリコール扱いになっています。「経年劣化により、方向指示器のコーティング剤がはがれて、白っぽくなる」等です。これがリコールになるかというと、経年劣化ということもあり、非常に疑問です。



「でも、三菱自動車の車両火災って多かったよね?」という疑問があると思います。
当時、連日のように三菱の自動車が燃えていましたよね。その割には、今は全然そういう話が出てきません。どうしてでしょう?


さて、問題です。
車は放火や事故を含めて、毎年何台燃えてるでしょう?


答え:約8000台!!

ちょっと驚いて貰えたでしょうか?つまり、毎日20台ちかく燃えているのです。
詳しいデータを挙げてみましょう。下の資料は平成14年のデータです。

車両火災総数 :7785件
==============
放火     :2043件
事故・衝突  :309件
タバコ    :290件
車両の配線  :884件
排気管系   :786件
原因不明   :3473件

放火・事故・タバコは、要因が別ですよね。
配線と排気管系は車両自体の設計ミスもありますが、周りにもよくいませんか?自分でターボのブースト計を付けたとかマフラー換えたとか。そういう素人作業から発生したモノが多数存在します。実際、当時の三菱の車が燃えた事に関しても、自分で取り付けたターボタイマーの配線ミスからの出火もありました。つまり、ユーザが関係するトラブルというのは非常に多いのです。
そして、「原因不明」。半分近くが理由が解明出来ていないのです。日本で毎日10台は原因不明で燃えているのです。そうすると、トヨタも台数から考えると毎日原因不明で燃えているはずです。

おかしくありませんか?
これほど原因不明や配線ミスなどによる出火が多いのに、原因を特定もせずに三菱車が燃えたからといって、三菱が悪いような報道は?そして、三菱だけが報道されるのは?



また、三菱車が壊れやすいというイメージも多いみたいですが、逆に、三菱車は比較的丈夫と思って貰ってもいいと思います。

なぜ?
トラックは三菱ふそう製が多いです。理由は、三菱のトラックは頑丈だからというトラック業界の認識だからです。頑丈と思われているから、逆に過積載が他よりも多いという悪い側面もあります。度を超す過積載はメーカーの想定外だけに、トラブル率も高くなりがちです。もちろん、タイヤを受け止めるハブもその影響を受けるのは当たり前です。本当に、全てのハブの破損がちゃんと最大積載量内で使われていたか?という疑問があります。単に定期点検を受けていれば安全というのは、甘いです。あくまでも、その時点では問題ないというのが点検なのです。

また、私が好きなWRC(世界ラリー選手権)の世界でも、三菱は非常に有力で、グループNという市販車に小改造を加えるカテゴリーで、7年連続優勝という快挙を成し遂げています。つまり、それほどベースとなる車両の性能がよく、壊れづらいという事なのです。また、日本のラリーでも三菱車は壊れにくいため多いの特徴です。そんなのは特殊だ!と言われるかもしれませんが、実際には共用部品というのは多く、ベースとなる技術力を養っているという点で評価するべきですよね。


三菱が燃えやすい・壊れやすいというイメージは、メディアによる過剰な三菱バッシングの結果とみていいでしょう。


色々と書きましたが、リコールをむやみに怖がらないで欲しいのと、三菱が特別危険というわけではないので三菱車を必要以上に怖がらないで!と言いたいです。
posted by 藍旋 at 00:50 | Comment(11) | TrackBack(6) | クルマ

2005年07月18日

2人乗りについてのニュース

2つの2人乗りについてのいいニュースと悪いニュースがあったので、ご紹介。

 「休日は2人乗りの方が安全」,自動車安全運転センターの調査報告から(05/07/12)

 高速道の2人乗りオートバイ、解禁後の死傷者23人(05/07/14)


(一つ目はTech-Onという会員制サイトです。記事を読むためには無料の会員登録が必要です)

一つ目はいいニュースで、「休日に限って」の話ですが、1人乗りよりも2人乗りの方が事故発生率が低かったそうです。
正直、驚きです!でも、平日にはその差がなかったそうです。
うーん、クルマのサンデードライバーが多いから、バイクのほうが警戒して慎重になってるんじゃ?なんて思ったりしました。ありえそうですよね〜。
また、テストのビデオ判定でも2人乗りが1人乗りより危険という判定はなかったそうです。但し、「それでも自動二輪車の高速道路における事故率,死亡率は4輪の乗用車に比べてはるかに高い」という念押しはされていました。


二つ目は悪いニュースで、今年4月から解禁になった高速道の二人乗りで、この3ヶ月間で3人が死亡、20人が負傷したという事です。
高速道の二人乗りは、普通・大型二輪の免許取得後3年以上で20歳以上の運転者は、禁止区間を除いて可能になるというものです。

3人の死者の内訳はこのとおり。
1人目:免許取得後1年未満の17歳運転手
2人目:34歳無免許運転手
3人目:免許取得後1年未満の23歳運転手

・・・?これって、全部違反じゃ

死者が発生したのは違反者なので、普通のライダーは問題なかったよということで、逆にいいニュースと言えるのかも?死んでいいニュースというのは不謹慎ですが、人の命や人生が関わるわけですし、自業自得な事ですしね。もし、無免許などで事故った場合、簡単に保険が降りません。その場合、誰が治療費を出すの?っていう事を考えて下さい!

負傷者の内訳はわかりませんが、高速道路です、転がった先が車の前だとそのまま人生終わるんですから、ぜひぜひ気をつけて下さい!


今回の件で、逗子市(湘南なんですね)の原付2人乗り特区も、やっぱり不安ですね。。。二人乗りが危険というより、意識が低い人が多そうという意味で、怖いです。


関連記事:原付二人乗りがOK?原付二人乗りがOK? その2原付二人乗りがOK? その3
posted by 藍旋 at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2005年06月29日

原付二人乗りがOK? その3

まず最初に。自動車免許や車を所持していますでしょうか?
私は原付・普通二輪(中免)・普通自動車免許を持っているので、体験と知識を踏まえてコメントさせて貰っています。ですので、クルマユーザの一方的な意見というわけではないのを承知して下さい。


「今回の、特区申請に逗子市が期待する効果は交通渋滞の解消です。」ですが、これは私も渋滞解消までは疑問が残るところです。

ただ、効果が出ないと決め付ける事も出来ないです。実際のところ、車を保有するためには各種税金保険料がかなりかかりますので、特に軽を含めて複数台もっている家庭では変化があると思います。普通自動車であれば1年分の諸費用で安い原付を買うことが出来ます。さらに駐車場代が必要であれば2台買うことも可能です。子供の保育園や幼稚園の送り迎えのために軽購入を決めるという家庭も実際には結構ありますので、そういう場合の選択肢が増える事になります。私的には、ちっちゃいお子様がちゃんとおとなしくしてくれるとは思えないので、そんな選択肢は選んで欲しくないですが・・・。
この事から、乗換えが進まないと決め付ける事はできません。特区は短期的なものではなく、中長期で対応するものなので、見直す人もいるでしょう。

ただ、渋滞解消はちょっと難しい気がしますよね。効果の程度は試さないと判りませんが、渋滞が少なからず緩和される可能性はあるでしょう


警察が「暴走族を喜ばすだけ」と発言するのは、暴走族の取り締まりは集団危険行為まで発展しないと難しいのがあります。つまり、事後に及ぶまでは対応しづらいのです。原付二人乗りの時点で検挙できれば、影響度が押さえれるという発想でしょう。もっとも、それを気にするぐらいなら暴走族にはならないわけですが・・・

実際には、特に原付オンリーユーザの認識の多くは「自転車が楽チンなだけ」というのが多いです。これは、高校生で原付免許のみの子になればなるほど高いです。そういう原付ユーザは危険に対する認識が非常に少ない人が多いのが現状です。そのため、マナー意識というよりも、危険意識が足りないのです。そういうユーザが多い原付だからこそ、「二人乗り」という権利のみを主張して「そのための制限処置」という義務を背負おうとしない人が多いと思われているわけです。


「それは一部のユーザであって、全てのバイク乗りではない」という話になると思います。
そして、事故の責任は誰が取るのでしょうという事で、行政や運転手側の責任と言っていますが、実際には違う結果になるでしょう。

それは、車の運転手です。間違いなく、行政は責任取らないでしょうし。


事故になった場合、歩行者<軽車両<原付<単車<自動車<大型車両の順番に過失が付く現実があります。例え、信号無視で原付が交差点に突っ込んできても、過失責任の重さは自動車となってしまいます。実際、単車等で車と事故を起こした人間が、「事故得した」とかはよく言う話です。


ここで体験談というか身近で起きた事故を一つ。

夜のY字路の交差点で、同級生が単車の「3人乗り」の「ノーヘル」の「無灯火」で「ウィンカー無し」で「信号無視」をして、おじいちゃんが乗る青信号でヘッドライトを付けた自動車にぶつかり、同級生は骨折(だったかな?)、一人は即死、一人は植物状態になりました。

さて、この場合、誰が悪くなるでしょう。



結果は、おじいちゃんが悪くなったようです。

なぜでしょう?少なくとも、単車に乗った同級生は5つの違反をしてるにもかかわらず、です。交差点であることを除いても、おじいちゃんの過失の方が大きくなる理由がわかりません。過失が大きくなった理由は、乗用車だったから。そんな理由なのです。

同級生以外は年下の子なので植物人間の子の経過は知りませんが、治ったという話は聞いていないので恐らくは死んだのでしょう。ですが、一週間後にその同級生は授業に出席していました。結局退学しましたが、罰金ぐらいはあったかも知れませんが、拘留等の刑罰を受けたという話は聞いていません。


どうでしょう、現実はこんな結果になっており、事故は公平と思われる結果にはなりません。このような結果になるのに、バランスを崩しやすい二人乗りを、最低限の講習も受けておらず、そういう認識を持った原付ユーザがいるのに許可するのは、怖いと思うのは当然じゃないでしょうか?

もちろん、原付にちゃんとした講習を受けさせればという話になるかもしれませんが、特区は許可された市だけであり、免許の交付は自治体レベルであるため、逗子市のみを特別扱いは無理があります。



「制限速度50km/hの一般道を100km/hで走行中に警察に追跡されたので、制限速度100km/hの高速道に逃げ込んだら制限速度以内だから無罪放免になるって言う事を言っているのと同じだと思うのですが。」に関してですが、実際の所、捕まりません。

この場合、単車は基本的には現行犯検挙であり、また、警察の連携体制の悪さが問題となります。

地元警察は基本的に市単位で動いており、他の市にて捕まえるのは越権行為となるため、軽微な違反で有れば諦めてしまいます。そして、他の市で起きた違反ではなかなか動こうとしないお役所仕事をします。そして、逗子市では違反ではなく許可された事のため、あえて駆けつけて捕まえようとしないというのが、反対派の予測なのです。



「教習により、技術は向上すると思いますが、マナーや法令を守るかは教習を受けた受けないに関係なく個人の資質の問題だと私は思うのですが如何でしょうか?」ですが、これは上で述べた「危険意識の少なさ」で説明しているので割愛しますね。


ちなみに、ドブロク特区はちゃんと酒税を取るなど税金徴収という管理下に置かれているため、本人達の認識度合いが全く違うと思います。問題なのは、管理するのが非常に難しいという事に起因しています。



これが私の意見です。

これを読んで下さった皆さん、他にもみなさんの意見とかを、一言でもいいので聞かせて頂けると嬉しいです。多分、まっちゃんさんも違う意見が聞けると嬉しいと思いますしね。
特に、逗子市の人がこれを見て、何かコメントがあれば、嬉しいですよね♪
posted by 藍旋 at 21:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | クルマ

原付二人乗りがOK? その2

まっちゃんさん、ご意見ありがとうございます。
私のコメントが長くなりそうですし、この件はもっと色んな人が見て、みんなが考えてくれた方がいいと思いますので、改めて記事にしてみました。

事の発端は、「原付二人乗りがOK?」で書いた、逗子市の原付バイクの話です。

 原付きバイク「2人乗り特区」認めて 逗子市が申請
 

そのコメントで、私の反対理由がわからないとの事ですので、ここで書かせて頂きます。


2種原付は50cc〜125ccの原付であり、この特区は50cc以下の1種原付を指しています。

その時点で、原付とはいえ、1種と2種は全く別物と考えていいでしょう。
原付クラスはクルマと違い、グレードでエンジンを載せ替えているわけじゃなく最初から50ccのみを考えて設計しているのが殆どなのですから。単純に見えるかも知れませんが、原付一つでも、入念な計算を元に、技術者さんが性能を吟味してコストを考えて作っています。ボルト一本の耐久度から、適正な締め付けトルクまでを考えた上で組み立てている、非常に高度なものなのです。素人の適当なメンテでなんとかなるのも、テストを重ね、出来る限りの余地を持たせようとした努力の結果であり、非常に負荷がかかる2人乗りを、それも長期にわたる事を前提には作っておりません。サスペンション一個にしても、時には数百時間のテストをしているメーカーの努力を忘れて頂いては困ります。


2人乗りをするために逗子市に向かうなんて誰も思っていないと思いますよ。

逗子市周辺で2人乗りしても、伊豆に逃げ込めば特区として許されるので、周辺で有れば無理してでも突っ込もうとするでしょう。そういうの逃げるのが原因で事故が起きているという現実は、非常によくあります。先の記事でも書きましたが、法令というのは、基本的に平等であるからこそ、有効に働きやすいのです。特区と言う事でそれを許せば、他の地域でもこの話を盾に揉める事は間違いないでしょう。

あなたが言うように、ウィンカー出さないや、ミラーを見ずに右折左折をするのはバイクに限定していないという、ノーマナーは原付だけではないのは正解です

但し、単車も自動車も、最低限の講習は教習所で受けております。

原付の試験はペーパーテストだけで、自治体によって簡単な講習があるだけです。私も受けましたが、とりあえず受けるだけでOKの講習です。ここで大きな隔たりがあります。車道というのは、相手が初心者だろうと何だろうと、それを区別しません。特区の性質上、免許を持っているだけで2人乗りが可能で有れば、免許を取ったその帰りに友達の原付に2人乗りで運転して帰る人もいるでしょう。単車の2人乗りも同様ですが、少なくとも、十数時間に及ぶ講習を受けて、最低限の実技試験を受けての上です。例え、特区では2人乗りの講習を受けても、それはその地区での話であり、他の場所から来た人には有効ではありません。

たかが講習ですが、実技講習をしたかどうかの差は大きいのです。

街を見て、ヘル無し・無灯火・ナンバー折り・2人乗り・信号待ちの車線を縫って追い抜く行為が非常に多いのが原付です。これを認めないので有れば、現状認識が足りないと思われます。ナンバー隠しは最初から捕まらないためというのは、誰でもわかる事ですよね。そして、そういう人は原付免許だけの子ほど、多い傾向にあります。そして、2人乗りに不適切な原付で事故を起こした場合、誰が責任を取るのでしょう?



どうして原付がそんな事をするという確証があるんだ?という指摘があるでしょう。

私の出身高校は、暴走族のメンバーが多く、毎年単車がらみで人が死ぬような高校で、毎年100人の退学・留年者が出るような大阪のヤンチャな学校でした。私の年代は3年間で4クラス減ったので、160人近く消えた計算になるみたいですが・・・改めてヒドイですね。
そういう高校を出ているだけに、やんちゃな子の考えは、おそらくあなた以上にわかってると思われますが、いかがでしょう?

できれば、まっちゃんさんには、コメントを頂きたいです。
posted by 藍旋 at 02:40 | Comment(3) | TrackBack(2) | クルマ

2005年06月28日

原付二人乗りがOK?

神奈川県逗子(ずし)市で、渋滞緩和のために原付二人乗りを特区として認めて欲しいらしいです。

 原付きバイク「2人乗り特区」認めて 逗子市が申請
 http://www.asahi.com/politics/update/0627/005.html


ダメです。許しません。

そもそも、よく二人乗りをしているのは多いですけど、「出来る」と「やっていい」は別です。
元々、日本の原付は一人乗りを想定して設計しているモノ。そのブレーキ性能、動力性能、旋回性能などは全て一人乗りを想定しています。荷物乗せれるでしょ?と思うかも知れませんが、荷物と人では考慮する内容が全く違います。確かに性能は良くなっていますし、性能だけを見れば全然出来るとは思います。ですが、想定外の使い方を国が許して、これが元で事故になった場合、誰が責任を取るんでしょう?


持ち主?国が認めた乗り方になるんですから、二人乗りによって限界性能が落ちて事故にまで発展した場合はその持ち主の過失じゃないでしょう。

メーカー?一人乗りを想定して販売しているのに、勝手に二人乗りを許可して事故したのにどうして責任を持つ必要があるんでしょう?さらに、二人乗りを考慮して設計・テスト・部品追加など諸々の費用は、その特区のために費やすの?それに、新しいのはイイとしても、古い原付はどうするの?

じゃぁ、国と逗子市ですよね。でも、二人乗りして無理をした持ち主が悪いと言うんでしょうね。


さらに、行政が許可した場合、それが与える影響を考えているのでしょうか?
警察が「暴走族を喜ばすだけでは」というのは、正解でしょう。さらに、ココで育った子が他の土地に行ったら、平気で二人乗りをするでしょう。他の都市でも「ある街では二人乗りOKなんだから問題ないだろう!」となりますよね。だって「二人乗りは危ない」っていうのを国が否定したのと一緒なんですから。


そもそも、二人乗りして安全に乗るなんて保証があるのでしょうか?ミラーを見ずに右折左折、信号待ちで無理矢理車線を縫っての追い越し、ノーウィンカーで曲がるなんて、よく見る話です。だって、無茶しても、警察はそれほど追ってきませんから。白バイならいざ知らず、パトカーをまくなんて細い路地に入れば簡単ですしね。ちなみに私は原付自体、バイトでしか乗った事ないので、そんな事したないですよ♪

私は原付のマナーはひどいと思ってます。特に、原付免許のみしか持ってない子。これはクルマの特性とか知らないから仕方ないとも言えますけど。。。もう、やりたい放題です。


特区にすればOKという姿勢は、とてもじゃないけど評価できません。


追記
この件を逗子市の市長にメールしてみました。
私は大阪人なので逗子市民の声ではないので、1意見としてです。コメントを欲しいとは書きましたが、個人のブログに公人としてコメントするのは難しいと思いますので、見解を発表して欲しいとは書かせて頂きましたが・・・どうなるでしょう?
posted by 藍旋 at 02:24 | Comment(6) | TrackBack(4) | クルマ

2005年06月22日

盗難車が捕まりやすくなるかも

不審車両を通報♪」で、ナンバープレートを隠してる車両を通報しました。
先日もこのクルマがまた路駐していて、フロントのナンバープレートをみると、よく見かけるスチールのステーで斜めにしてたんですよね。少々どころか、真正面でも全く見えないぐらい!もう一度通報♪警察に「先日、私が通報して警察で注意したんですよね?『ホラ付けた!』と、なめられているのがわかりません?レッカーして厳重注意とかしないから、いつまでたってもなめられてるんだと思いますけど?」と、激励?してみました。
結局、レッカーはその日は手配できないとの事で駐禁で取り締まっただけのようですが、それ以来、そこには路駐していないようです。


なんでそんなに路駐に敵意があるの?ですけど、路駐というよりも、ナンプレを外したり隠したりする連中の殆どがろくな考えの元じゃないから!!

よくあるプライバシー保護のためというナンプレ隠し。あれの99.9%は警察逃れでしょ!さらに、事故ってもそのまま逃げれるからという目的で使っていたりしますしね。死亡事故でもない限りそれほど深く追ってこないのが警察ですから・・・、バンパーなどを取り替えてしまえばという考えがあるみたい。

確かに、プライバシー保護という意味はあるかもしれませんが、そもそも、隠してるクルマの運転を見ていて、そんな善良そうな走りをしているのが多いです??そんな事実の方が遙かに多いですよ。
こういうのが許せないんですよね!


そうです、許せません。だって、クルマを盗られた事がありますから!!

一度でもクルマを盗まれた事がある人はわかると思いますが、車両盗難って殺意が沸きますよね・・・! 実家の前からいきなりドロンっ!
最初に思ったのが、ミンナ笑いますけど「アレ?昨日、コンビニにクルマで行って歩いて帰ってきた?」と思って、近所のコンビニを歩き回りましたから(ノ_・。)

いえ、高級車でもないクルマが実家で消えてると、ホントに状況が把握できなくて、そんな風に思っちゃいますよぉぉ!
それから数日間、呆然として仕事になりませんでした・・・


ちなみに、警察はすごい淡々としてます。カーナビとかあった?とか、盗る目的になりそうなことを聞いて、「見つかったら報告しますから」だけです。ホント、警察を信じれなくなりますよね〜。もちろん、出て来ませんでした。。。


あぁ、当時、こんなのがあれば・・・と思ったのがコレです

 盗難車発見に強力な助っ人「ナンバープレート自動読み取り機」
 http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050621301.html


アメリカのこの記事をみている限りでは、最適速度は55キロ程度と遅い速度ですが、自動でナンバープレートを読み取り照合して盗難車かどうかを確認するそうです。4つの機械で1晩で1万2000枚以上のナンバープレートをチェックして、7台の盗難車両を回収したそうですので、十分効果があります。開発中らしいですが、「最高で時速120キロで走る車両のナンバープレートを読み取ることができ、試験運用での認識率は95%を超えた」らしいので、高速ではまだ物足りないものの、一般道だとかなりカバーできると思います。


日本でもだいぶ前からNシステムというのがあり、これも同じ事をしています。ですが、その設置情報はバレバレで、今のレーダーではGPSでその設置情報を教えたり、データのダウンロードで常に最新の設置情報を教えたりします。それだけ判っていれば、見つからずに乗りつづけれますから、このパトカー等で移動して確認できるのは大きいです。


ちなみに、私の親もクルマを盗られた事があります・・・こっちは結構高級車だったのですが、そのまま日本で走っていて事故を起こしたらしく、町の板金屋さんに持って行ったらしいんですよね。で、そこの人が「こんなクルマは町の板金屋に持ってこずディーラーへ持っていく。おかしいぞ!」と、照合したらナンバーは実存せず盗難車ということで逮捕になったらしいです。



ただ、もし導入されても安心したらダメなのは、コレはあくまでも、「盗んだ車をそのまま走っている場合」。

最近よくある海外に売り飛ばすだと、もちろん引っかかりません。私の場合、ホンダの走るグレードだったのが狙われた理由で、これは走り屋が盗んでそのまま走るだけでなく、エンジン等の部品取りで使う場合があり、この場合も見つかりません。

さらに、盗むといっても、ニコラス・ケイジの「60セカンズ」みたいに盗んだ車をそのまま走らせて・・・は、今時は少なくなってきていて、今みたいな組織ぐるみの犯罪だと、最初から積載車やレッカーを使って持っていきます。それなら、ナンバーとか無くても誰も怪しまないでしょ?


行き過ぎた監視体制からのプライバシー保護のために、こういうシステムはよくないという意見は私も同感なのですが・・・現実問題、今の日本は犯罪に溢れていて巧妙です。年収と同じぐらいのクルマが盗られたりするんですから、計り知れないほどのショックなんですよね。防犯装置もセキュリティ設置のプロが言うには100%は無理といいます!そういう意味では、私は便利をとる以上、仕方が無いと思います。


なにはともあれ、車社会の犯罪に対しての効果は間違いありません!!ぜひ、導入してください!!
posted by 藍旋 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2005年06月12日

バッテリー上がってます(p_q)

先日、ふと、クルマに乗ろうとすると、エンジンがかかりません。
そういえば、最近、全くクルマ乗ってません・・・っていうことは、バッテリー上がり??

4,5回セルを回すと、「ぎゅるるる・・る・・・」
あ、もう、完全にダメみたい(p_q)


夜に気付いたので、天気がいい日に再チャレンジすることに。


バッテリー上がりで再チャレンジって、何を?
それは、マニュアル車だから出来るテクニック!

「押し掛け」!


バイクでは一般的に聞きますが、クルマでも出来るんですよ〜。
マニュアル車だけですけどね♪


方法はカンタン。

1.キーを回して、エンジンONへ。

2.ギアはニュートラルに。

3.クルマを押して助走!たたたたっ

4.ある程度速度がついたら、ギアを4速等の高めにいれて、アクセル全開でクラッチを繋いだり切ったりの繰り返し!

これで、上手くいくと、エンジンがかかります。
但し、完全にバッテリーが上がって全く電気がない場合はダメです。エンジンは火花を飛ばせないと回し続けれませんから。
もちろん失敗したら繰り返し、です。


書くのはカンタンなんですけどね。
これがまた、簡単には速度が乗らないんです・・・

一人でやる場合、ステアリング(ハンドルですね)とAピラーを持って押したりします。
ちなみにAピラーとは、フロントウィンドウとフロントドアの間の柱の事です。
Bピラーはフロントドアとリアドアの間の柱、Cピラーはリアドアとリアウィンドウの間の柱ですよ。
一般的なセダンやクーペはそういうんですけど、今のミニバン型とかだともっと柱の数が多いような・・・?

用語解説はさておき、押して速度がついても、乗り込んでギアを入れてアクセル踏んでクラッチを繋いで・・・のうちに、もう速度が落ちちゃうんですよね(p_q)
さらに、私の駐車場は雨の排水のために傾斜を付けてるようで、速度が乗りづらいみたい。


トホホデス。。。
やっぱりJAF呼ぶしかないみたいです。
JAFの会員ですから、バッテリー上がりなら無料なんですけどね。わかってはいても、自分で何とかしたいのがクルマ好きといいますかw


押し掛けに興味有ってマニュアル車なら、坂道でやってみるといいかも知れません。
助走する必要が無いため、とってもやりやすいです。

ただし!エンジンがかかってない状態では、ブレーキの効きが非常に悪いです!!
ですので、絶対に人が飛び出さない、周りがよく見えて事故の可能性がない場所でないとダメです。

ちなみにブレーキの効きが悪いのは、エンジンの排気の力を利用してるからですよ〜。


何はともあれ、何度かチャレンジして、かなり筋肉痛です(p_q)
クルマも古い車種なので1.2トンしかないんですけど・・・なんせ1.2トンですから。。。
ちなみに動かすので有れば、押すよりも後ろにバックする方が楽です。
と、いうのは、Bピラーに体を預けるとかなり楽に動きます。力のかけ方なんでしょうね。


イタタタ・・・明日は体がとっても大変そう・・・(p_q)
posted by 藍旋 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2005年05月20日

不審車両を通報♪

今日も朝起きたらちょっとしんどめでした。。。

そもそも、仕事場が寒いんです
時にはガタガタしてたり・・・(ノ_・。)
でも、それなりに体調が戻ってきてるので大丈夫かな?


さてさて、マンションの近くによく路駐するクルマがいるんですよね。
昔の黒のスターレット。(とっくの昔に絶版車ですけど)

前のナンバーを外して、後ろのナンバーを折ってナンバー隠しも付けてるのが。
プライバシー保護のためだ!なんて言い訳聞きたくないですよね、あれ)

さらにマフラー変えててうるさいので・・・警察に通報(o^ー')b

警察官を派遣して見に行きますとかいってるけど。。。
5時間近く経っても、まだクルマありますよ??
普段はしょっちゅうレッカーするくせにぃ!
通行の邪魔ではないから、やらないの??
ナンバー隠してるような、悪質なやつよ??

とはいえ、駐禁を張られてるかどうかは見えないのよね。
ほら、見に行って通報したのが私ってばれたら危険じゃない。
自宅がバレルと、どんな嫌がらせするかわかんないしね〜。

とにかく、見つけるごとに通報かな・・・?
posted by 藍旋 at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。