2005年12月24日

Windows Live Mailを使い始めました

私はMicrosoftのHotmaliをMSN Messengerのために使っていますが、MicrosoftではMSNとは別サービス(密接に関係してますけど)の「Windows Live」が動いています。

Windows Liveはまだベータ版ですが、Googleの「Google パーソナライズド ホーム」と同様でカスタマイズ可能な検索画面です。検索窓、メール、RSSクリップ、天気予報、ガジェット(作成可能なミニアクセサリ)等を表示します。

このLiveサービスは今後も展開する予定で、Windows Live Mail、Windows Live Messengerと展開する予定です。詳しくは「Windows Live Ideas」で、今後のサービス予定が判る予定です。


まだ、Windows Live Mail と Windows Live Messenger は一般公開されていないベータ段階で、Windows Live Mail は申し込みしてしばらくしないと使用できません。Windows Live Messenger は、抽選でやっと使える人が出たぐらいでネットオークションで40ドルなどで売られている程とか。

 「Windows Live Messenger」ベータ版の招待状がeBayに出品される (INTERNET Watch)


昨日、やっと Windows Live Mail が使えるようになりましたので、こんな感じですよとご紹介です。


メイン画面です。
Windows Live Mai IE画面
見た目はだいぶかわり、Outlook系に似せています。この状態は初期表示ですが、フォルダ・メール一覧・プレビューと3ペイン形式と、ポピュラーな感じで非常に判りやすいと思います。フォルダをクリックすると、画面が移動せずにメール一覧の内容が変更され、また、同時にプレビューも変更されます。ここらへんが、Ajax(エイジャックス)を使った今時という感じですね。また、ペインごとの表示エリアはドラッグで広さを変えれます。

メール一覧でメールを右クリックすると、返信・転送・削除・未読にする等のメニュー(コンテキストメニューと言います)が出てきますし、自分で作ったフォルダでもフォルダ名の変更などが出てきます。また、メール一覧では Shift や Ctrl を押しつつ選択すれば複数選択が可能で、フォルダにドラッグ&ドロップも可能です。


こちらはFirefoxで表示した場合です。(Operaも同様でした)
Windows Live Mai Firefox画面
やはりMicrosoftですので、IEの先行開発中心となり、Firefoxではプレビュー画面は使用できません。また、コンテキストメニューも使用できません。フォルダをクリックすると、「画面が切り替わって」フォルダの内容が表示されます。見た目が変わった今までのHotmailといった感じですね。

Firefoxでメール一覧をクリックすると、ちゃんとメールの本文が表示されます。
Windows Live Mai プレビュー画面


こちらはIEでのメール作成画面です。
Windows Live Mai 宛先入力
Gmail等でおなじみの、メールアドレスや名前の一部を入力すると、アドレス帳の連絡先候補がドンドン絞り込まれていく仕組みです。これが便利なんですよね!

あぁっ!Firefoxだと、この絞り込み候補が出ない・・・というレベルではなく、よく見ると、アドレス帳自体が使えません!! これはマイナスというよりも、致命的ですね。。。
Windows Live Mai Firefoxメール作成


気になったのが、プレビュー画面です。フォルダ表示と同時にいきなりプレビューが表示されては、危険なメール・・迷惑メールなどに対する危惧があります。
Windows Live Mai プレビュー禁止1
どうやら、迷惑メールフォルダの場合は自動でプレビューを開かないようです。
赤いのは「Sender ID」が怪しいためです。これはスパムメールやフィッシングメールに対して効果があり、正規に登録されたドメイン(一般ユーザならプロバイダーですね)を登録しているため、個人のPCからボットを使ったスパムメールを送信をすると Sender ID が一致せずにスパムの可能性有りと警告を出すわけです。ただ、これも絶対ではなく、スパムを減らす効果有り程度なんですけどね。

私自身からのメールを迷惑メールに移動しても、自動開封はされませんでした。
Windows Live Mai プレビュー禁止2


つかった感想ですが・・・

全体的に、少々遅いです。

起動時に遅さを感じます。ここら辺は、通常のHotmailが早く開くために、大きな差を感じます。
困るのが長いメールを開いたとき。トップのメールのプレビュー画面がいきなり開くため、本文で114kbもあったメールの場合、5秒もかかりました(ADSLの実測で750kb/sの場合)。それも、開いている間はブラウザ自体が処理待ちになるため、Sleipnir等で他のタブを見ることも出来ません。これは痛いです。Gmailだと2秒もすれば見ることが出来るため、この差は苛立ちを隠せません。Gmailも実際には全ての読み込みには5秒程している気がしますが、止まらないために気になりません。

また、友達がウイルス感染してHTMLメールを送信してきても、怪しいと思っても削除するために選ぶだけで、いきなり表示されるため、危険度が高い気もします。「Soberが再度発生、メールに気を付けて」でも書きましたが、プレビューは便利な反面、プレビューを開くだけで危険なファイル等が実行される可能性があるため、あまりオススメしません。

この Windows Live Mail でも、プレビューは非表示に出来ます。
メイン画面のオプション → メールと迷惑メール処理 → プレビュー ウィンドウの設定で可能です。Firefox等では元からプレビューがないため、この表示も存在しません。ただし、プレビュー画面の位置を変更するなどは出来ません。


アドレス帳は見せづらいので省略しますが、今までと違って、MSNスペースやプロフィール表示等のアイコンが表示されません。これで、友達がいつの間にかブログをアップしていた・・・等に気付かなくなったのも残念です。


使ってみたい方は、「Windows Live Ideas」から申し込みだけしておきましょう〜!
posted by 藍旋 at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年12月23日

タクシー料金をlivedoorでチェック

ライブドアが走行距離からタクシー料金を無料で検索する「タクシー料金検索」を「livedoor 地図」に追加したそうです。

この機能はタクシー会社や料金をチェックできる「タクシーサイト」のシステムを使用したものらしいです。出発地と目的地と条件を入力すると、料金と走行ルートが表示されるという仕組みです。

出発地点と目的地点は、表示されている地図から設定ボタンを押すか、住所・駅・郵便番号を入力して指定します。条件は4つあります。
・計算方法:標準、詳細、大まか
・計算条件:標準、曲りを少なく、なるべく広い道、最短距離
・高速道路の利用:標準、優先、利用しない
・深夜料金:オン、オフ


ヘルプもまだ揃っていないようで、試しに実行しても計算方法の標準と詳細の差がわかりませんでした。
深夜料金は、「一部大都市圏で23:00〜5:00、そのほかの地域では22:00〜5:00」が目安のようです。

 livedoor 地図、タクシー料金検索機能を追加 (INTERNET Watch)

先日、実家から家までタクシーを使いましたので、その値段をチェックしました。
確か、3900円程だったのですが、試してみると、「総距離は約11.7kmです。予想運賃:\3,940円〜\3,940円」と、恐らくはピッタリ! これには驚きです。タクシー会社のばらつきで近似値だと思っていました。勿論、この検索ではタクシー会社を選べないので、差が出るのは当然という気持ちは忘れませんように。

ルートマップも表示されますが出発・到着地点の住所などが見えず、gooのルートマップ程、判りやすい表示形式になっていないのは残念です。

モバイルサイトのケータイlivedoorでは、この機能は提供されていませんでした。


タクシーサイトでも無料で料金を検索できます。無料会員になれば観光スポットや経由地も指定して検索が可能のようです。これは結構いいかも知れません。また、モバイルサイトで料金検索やタクシーの呼び出し番号がチェック出来るので登録しておくと便利そうです。


忘年会・新年会シーズン、飲酒運転はダメですよ!
よーーーく考えて下さいね、運転手の酒酔い運転は50万円以下の罰金、酒気帯び運転は30万円以下の罰金です。同乗者や車を貸した人も30万以下の罰金になります。運転手に飲酒を決意させた、幇助した等が問題になるので、同乗者で罰金を取られないとしたら子供ぐらいかも知れません。4人乗りを検挙すれば150万になるのですから、それを考えればタクシー代を割り勘で払って済ませませんか?
posted by 藍旋 at 04:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年12月22日

ブログに地図を貼りましょう「地図日記」

ブログに地図を貼りましょう「ちず窓」」に相次いで、ブログに簡単に地図を貼るサービスがリリースされました。

アシアルがGoogleローカルをベースに、無料でブログに埋め込める地図「地図日記」をベータリリースしました。こちらはJavaScriptを使用しますので、どのブログでも使えるというわけではないようです。

ちず窓と同じく、地図日記でポイントを登録しますので、地図日記上で他の人のポイントを確認でき、そちらのブログにリンクで見に行くことが出来ます。

 ブログに「Googleマップ」を埋め込める「地図日記」が試験公開 (INTERNET Watch)
 ブログにGoogleマップを挿入できる「地図日記」 (ITmedia)


ブログに地図を登録する方法ですが、まず、地図日記上で、登録したい場所を右クリックします。
「このスポットにあなたのブログを関連づけよう!」というポップアップが表示されますので、そこにポイントの名称とカテゴリ(グルメ、ショッピング、イベント等)を入力します。

そして、「トラックバックURLを作成」ボタンを押します。すると、トラックバックURLが表示されますので自分のブログ記事からトラックバックを行います。これにより、地図日記上で登録されていた所に、ブログ記事タイトルと概要、リンクが表示されます。
地図日記ポイント


登録が終わると、「あなたのブログに地図を埋め込む」の文字が表示されますので、それをクリックすると、地図を埋め込むためのScriptタグが表じれます。これをブログの記事に埋め込むと地図が表示されるようになります。

例:大盛り鉄火丼♪
スクリプト例:<script src="http: //chizunikki.com/b?506"></script>


初期表示では、「ここをクリックすると地図が表示されます」となっています。ブログを見るだけでGoogleローカルに接続して時間をかけないための処理だと思います。これは結構いいかも!
また、右下のマル十字は地図の拡大縮小ボタンです。地図自体のサイズが200×200ピクセル←→380×380ピクセルに変化します。

もう一度、地図のポイントをクリックすると地図日記自体にジャンプします。右クリックすると・・・登録の表示が出ます(笑) これはちょっと修正して欲しいかも?


また、地図日記のサイト上では、検索・絞り込み物可能です。カテゴリ、ポイント名、ブログの概要で絞り込みが可能でした。
地図日記検索


ちず窓よりも、使い勝手はいいかな?というのが私の印象です。
ちず窓と比較してのメリット
・古いブログ記事でも効率よく登録可能
・他人の地図でも「あなたのブログに地図を埋め込む」を使って地図を使用可能
・ブログ上で小さいながらも地図のスクロールが可能

ちず窓と比較してのデメリット
・タグを使用するので、使えるブログサービスが限られる。
・一度トラックバックをすると地図が使用可能になるので、記事を保存してトラックバックしてから、再度、地図のタグを貼り付け保存するので、2回保存する必要がある
・地図の縮尺はちず窓の方が細かそう


開発元のアシアルが確認した使用可能なブログサービスは「livedoor Blog」「ココログ」「Movable Type」。私も問題なく使えていますので、SeesaaもOKだと思います。
posted by 藍旋 at 01:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年12月21日

Symantec系ウイルス対策でRARの脆弱性

シマンテックのウイルス対策製品に、RARファイル(RAR圧縮形式)をスキャンすると仕込まれた悪質なコードを実行される危険性があるそうです。
セキュリティ企業のSecuniaは、「システムを乗っ取る可能性があるため、危険度は極めて重大」との事です。

 Symantecのウイルス対策ソフトに重大な脆弱性 (ITmedia)
 シマンテック、ウイルス対策ソフトに危険度「高」の脆弱性 (CNET Japan)
 Symantec AntiVirus RAR Archive Decompression Buffer Overflow (Secunia)


原因は「Dec2Rar.dll」のバッファオーバーフロー。
このファイルのversion 3.2.14.3に問題があるようです。これよりも新しい場合は問題ないとみて良いと思われます。
デフォルトでは「C:\Program Files\Common Files\Symantec Shared\Decomposers\DEC2RAR.DLL」に存在すると思われます。


対象製品
・Norton AntiVirus
・Norton Internet Security
・AntiVirus Corporate Edition
・Brightmail AntiSpam

細かいバージョンはSecuniaのサイトにあります。
これを見る限り、Norton Internet Security 2006やNorton AntiVirus 2006は被害対象外のようです


回避策
「電子メールやプロキシゲートウェイでRARアーカイブのフィルタを推奨」とSecuniaが推奨しています。

気になるのは、電子メールのフィルタを通す前にNorton AntiVirusが実行されてRARファイルをスキャンしてしまう気がします。大丈夫なのでしょうか?

Norton Internet Securityユーザですが、オプションの「ウイルススキャンするファイルの種類」でスキャン対象する拡張子を指定できますが、圧縮ファイル(zip、lzh、rar等)は「圧縮ファイルの内部をスキャンする」で圧縮ファイルスキャンのオン・オフするしかありません。Norton AntiVirus自身では無理なようです。
だからといって、そのためにプロキシ経由とか、添付ファイルの拡張子でフィルタ出来ない電子メールクライアントの場合はどうすれば?と困りものです。


とりあえずの対処法として、私はYahoo!BBユーザですので、メールに関してはWEBメールで確認することにします。
大体のプロバイダーの人はWEBメールも使用可能だと思いますので、こちらで先に怪しげなメールの存在を確認して、添付ファイル付は削除するのはいかがでしょう? メール一覧画面で添付ファイル付と判るのが殆どと思いますので、安心度は高いと思います。

あとは、対策が行われるまでは信用があるサイト以外ではRARファイルをダウンロードしないことです。ちなみに、拡張子偽装している可能性があるので、しばらくは信用度が低いサイトのファイルダウンロードはやめておいた方がいいですよ!
posted by 藍旋 at 22:28 | Comment(4) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

2005年12月20日

Gmail Mobileは日本でも可

海外ではGmailも携帯からアクセス」で、海外の携帯じゃないと見れない・・・とか言いましたが、嘘です。見れる機種もあるみたいです。ゴメンナサイ!

 Gmailのモバイル関連情報あれこれ (Gmail Maniacs)

WAP2.0対応機種ならOKみたいです。実はよくわかっていないのですが、WAPとは携帯電話等からの通信規約の事で、世界共通の仕様らしいです。ケータイWatchの「第73回:WAP2.0 とは」を見ると、12月に発売されたau端末からは大丈夫そうですね。WAP2.0系なら大丈夫・・・となると、iモードはWAPではないので、対応は結構遅いかも知れません。

FOMA M1000でも可能とありますが、フルブラウザでGmailを見てから、Gmail Mobileにアクセスと書いているので、iモードで見ているとは違うみたいですね。ドコモはシェア的に多く日本国内でのサイト・アプリの対応度は早いですが、こういう時には独自仕様のiモードが恨めしいです・・・! フルブラウザは定額していないと見る勇気ありませんし・・・イタイデスッ(ノ_・。)

携帯の番号ポータビリティー(持ち運び)が可能になると、こういう所から独自仕様のせいで・・・とユーザが逃げていくのかも知れませんね。
posted by 藍旋 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年12月19日

Google Earthで「日本は光ってます」

Google Earthで、夜の地球を見てみましょう!

これが通常のGoogle Earthで見た日本・・・つまり、昼間の日本ですね。
Google Earth At Night 1


そして、こちらが夜の日本・・・日本の形がほぼ浮かび上がっていますね!
Google Earth At Night 2

他にもアメリカ、ヨーロッパ等は明るいですね!

ところで、上の写真を見ると・・・すごい印象的なのを感じません?
韓国と北朝鮮です。国境でスパッと明るさが切れています。首都の平壌だけが光っているようにしか見えません。これがいつの写真かわかりませんが、印象的ですね。世界地図の参考はコチラで。


この夜景は、「Google Earth Community」の「Earth At Night」のデータを表示した物です。夜景の画像自体は毎回データをインターネットから見ているようで少々表示に時間がかかるみたいです。

Earth At Night」を開いて、「Open this Placemark」をクリックします。Google Earthをインストール済みの場合は、直接Google Earthが開いてデータが表示されます。インストールしていない場合は、〜.kml というファイルをダウンロードすることになります。このファイルを、Google Eath の File → Open で表示されます。

開いたデータは、左のPlacesエリアのTemporary Placesに表示されます。チェックのオン・オフで表示する・しないになりますので、夜の画像に飽きた場合はオフにしましょう♪

これを右クリックして「Save To My Places」を選ぶと、My Placesに移動して登録されて事になり、次回起動時にも消えずに残ります。また、このリストはドラッグ&ドロップで移動できますので、直接My PlacesにドロップしてもOKです。


他にも、国立情報学研究所が試験的に公開しているデータもあり、例えば、静止気象衛星画像も表示できます。
デジタル台風:台風画像と台風情報(Google Earth版)

また、日本のアメダス観測所リストなども見ることが出来ます。
大阪を見る場合、「デジタル台風:アメダス統計」 → 大阪 → 「最新データあり」の大阪 → Google Earth KML をクリックします。観測期間は1999年02月24日 〜 2004年12月31日と既に古いデータですが、こんな所にあったんだと楽しめるかも知れません。


他には、JR西日本福知山線脱線転覆事故の場所も表示できます。近畿圏では忘れられない場所になりそうです。


また、場所をファイルに保存して人に渡すことが出来ます。
Placesのリストにある場所を右クリックして「Save As...」を選ぶと、kmzファイルとして保存できます。但し、「ファイル名やファイルを保存するパスの間に日本語を挟まないこと」という条件があります。例えば、デスクトップにあるフォルダに保存ですと、ファイルパス中に「デスクトップ」という文字列を含むため不可です。内部的にはDesktopフォルダなのですが、勝手に日本語名で解釈しているようです。素直に、全てがアルファベットになるようにしましょう。


【私の記事】
Google Earth
Google Earthで広島の一部分はダメ
Google Earthで遺跡を発見!
JR西日本脱線事故の被害者ネットワーク
JR西日本のATSのミス発覚
posted by 藍旋 at 23:20 | Comment(4) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

フィッシング対策ツールバー「PhishWall」の初適用

ヤフオク「評価通知」でフィッシング」で紹介したフィッシング詐欺対策ツール「PhishWall」ですが、何故かどこのオンラインショッピングや銀行などのサイトにも反応せず、「PhishWallについて聞いてみました」で開発元のセキュアブレイン社に問い合わせると、まだ対応するサイトは無いと言われました。

2005年12月12日に対応するサイト第1弾として、通販大手のニッセンの「Nissen On-line」が対応しました。
私も時々使ってるし、やったね!って感じです♪ テレビでは、DCカードが最初に対応しそうな雰囲気だったんですけどね(笑)


さて、PhishWallの認証を試してみました。
ツールバーですので、IEでの確認となります。Lunascape3.1では使用できないのを確認しました。

Nissen On-lineに接続したところ、下記のようなダイアログが表示されます。PhishWallは認証して今後の接続の安全性を確立する仕組みです。
PhishWall認証中

「登録する」ボタンを押すと、登録完了となります。
PhishWall認証完了

今後、このサイトを開くと、PhishWallに青信号マークが光るようになります。
PhishWall安全サイト


ちょっと変更して欲しい仕様は、PhishWallが認証すると確認音がします。
最初はいいのですが、ページ移動の度にこの確認音がするんですよね。これを商品検索している間ずっと聞くのは少々耳障りかなって。同ドメインの間は音がしないがあればいいんですけど。。。


PhishWallはまだフィッシング対策はニッセンしか対応していませんが、接続先の偽装を見破ると言う意味で国旗の表示等はそれなりの効果を発揮すると思います。普段はSleipnirを使っていますが、銀行などではIEでPhishWallを使って確認しつつ行っています。

ブラウザなどは何も一つを使い続ける必要はありません、銀行などの確認が特に必要なサイトはこれを使ってみてはいかが?


【私の記事】
ヤフオク「評価通知」でフィッシング
PhishWallについて聞いてみました
フィッシング詐欺防止システムDocWall
DocWallについての追記
DocWallに誤記のお知らせが
こっそりと正規サイトにフィッシング詐欺
フィッシング詐欺につぐ、ファーミング詐欺
フィッシング対策協議会が公式サイト開設
posted by 藍旋 at 02:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

Firefox拡張機能「Google Safe Browsing」「Blogger Web Comments」

GoogleのFirefox専用拡張機能として、フィッシング対策の「Google Safe Browsing」とブログコメント検索「Blogger Web Comments」をリリースしました。

 GoogleがFirefox向け拡張機能、フィッシング対策とブログ検索 (MYCOM PC WEB)

Google Safe Browsing for Firefox」は、US ONLYとなっており、米国のフィッシング対策となっています。詐欺の可能性がある場合は、URLの部分に×マークが表示されて知らせてくれるようです。これは接続先のサイトがフィッシングサイトのブラックリストに載っているかどうかというチェックと、内容や構造から判断するそうです。ですので、ブラックリストに載っていないサイトでも詐称に気付く可能性があるのが特徴です。内容チェック機能により、日本のユーザでも恩恵があるかも知れませんね。


Blogger Web Comments for Firefox」は、そのページに対してリンクを貼っているブログの概要をリスト表示する機能です。もちろん、リストをクリックするとそのブログへジャンプします。また、Googleのブログ「Blogger」ユーザですと、簡単に関係するブログを書くことが出来るようになるみたいです。


そのページに対してブログの記事がある場合、Firefox右下に下記のようなアイコンが表示されます。判りづらいですが、4つの吹き出しをアイコン化したもので、通常はぐるぐる動いています。1つしか記事が無い場合は、1つの吹き出しだけのようです。
Blogger Web Commentsアイコン


アイコンをクリック→View commentsを選択すると、下記のようなウィンドウが表示されます。
Blogger Web Commentsリスト

私のブログのトップページに対するコメント(他のブログ記事)ですが・・・日付から見て少な過ぎですね。Googleがブログのデータを取り込まないと反映しないため仕方がないと言えますけど、6つ目が2ヶ月も前となっているのは少々悲しい気がしますね(笑)

元々、Googleにはどのサイトがリンクを貼っているか判るようになっています。
上記のコメントリストの「Show more...」をクリックすると判りますが、「link:(サイト名)」でリンクしてきているサイトが判ります。私のブログですと「link:http://twobcherry.seesaa.net/」でGoogle検索すると判るようになっています。


普通の企業のサイトに対してもブログの記事が出てくるため、例えば、怪しい会社からの勧誘対策などに対して役に立つかも知れません。勧誘してきた企業のHPにリンクしているコメントから情報を見つけて・・・などなど。ここで詐欺に遭った!とかが判れば、いいと思いません? ・・・あ、逆に詐欺のコメントを見つけて信用してしまう可能性もありますね(笑)

使い方次第では、情報収集がより楽になりそうですね!
posted by 藍旋 at 00:29 | Comment(2) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

2005年12月18日

駅周辺の情報を簡単サーチ「駅街ガイド.jp」

駅名をURLにした駅周辺の総合案内サービス「駅街ガイド.jp」を日本レジストリサービス(JPRS)が開始しました。

例えば、大阪駅周辺なら「http://大阪駅.jp」と入力すると、駅周辺の「食べる」「遊ぶ」「観る」「買う」「泊まる」「学ぶ」「お天気」「地図」「航空写真」「観光案内」「暮らしの情報」「乗換情報」、郵便局や銀行、タウンページに賃貸情報・アルバイト情報などが検索できる画面に移動します。また、携帯からのアクセスにも対応しています。

こう聞くと、いきなりこんなに沢山の検索が・・・質はどうなの?と思いますが、実際の検索は、食べるや遊ぶ、航空写真等はGoogleローカルの検索、お天気はExcite天気、地図はgoo、@グルメぴあや楽天トラベル、アパマンショップ等、既存のサービスへのポータルサイト(玄関)となっています。実績のあるサイトに大阪駅周辺などの条件を付けて表示し、アクセスしやすくするというサイトなんですね。

現在、東京駅.jp、新横浜駅.jp、名古屋駅.jp、京都駅.jp、新大阪駅.jpはサイトが無いそうです。


 日本語JPドメインの新しい提案--JPRSが「駅街ガイド.jp」を開始 (CNET Japan)
 「○○駅.jp」で地域情報検索 (ITmedia)
 ○○駅.jp から Google ローカルなど地域情報を横断検索、「駅街ガイド.jp」サービス (Japan.internet.com)

実際のURL入力は「http://大阪駅.jp」と律儀に入力しなくても、通常はブラウザ(IE、Firefox、Opera等)の補完処理が働くため「大阪駅.jp」と○○駅.jpと入力するだけで検索が可能です。正直、初めて使い易い国際化ドメイン名(IDN)が出てきたかな?という気分です。

但し、IEには欠点があります。
大半のブラウザが国際化ドメインに対応している中、IEは通常では国際化ドメイン名に対応していません。i-Nav(プラグイン)JWordをインストールする必要があります。JWordはCnsMinというファイルが外部に情報を送信するため、スパイウェアと同じではないかと問題視されています。最近はウイルス・スパイウェア対策ソフト(Nortonやウイルスバスター、Spybot Search and Destroy等)では、スパイウェア扱いはされていません。
詳しくは「JWord(日本語キーワード) - ヘルプ - 技術情報: CnsMinについて」でどうぞ。


ブラウザによっては「大阪駅.jp」と入力すると変換処理がかかり「http://xn--pssu33lejc.jp/」という実際のアドレスに移動するのが判りますが、内部的にはどのブラウザでもこのような変換処理を行っていますので、こういう物だと思って下さい。


携帯からのアクセスは、機種の対応次第の様でまだ少ないと思います。私のFOMA N901iSでは、直接日本語のアドレスは対応していませんでした。駅街ガイドのケータイ版アドレス「http://ekimachi.jp」を経由すれば簡単に入力出来ます。

駅街ガイド
駅街ガイドQRコード

それにしても、「日本語JPドメイン名は12月1日時点で11万5200件」と、結構登録されているんですね。ただ、「自衛隊.com」や「国会.com」等、実際には想像と全く違うサイトに繋がる可能性があります。自衛隊は既に無いようですが、国会はまだありました。気をつけて下さいね。
posted by 藍旋 at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

ブログに地図を貼りましょう「ちず窓」

ブログやHPを運営していると、時には地図が欲しくなることがあります。例えば、グルメ情報やどこへ遊びに行ったとかですよね。
地図と言えばGoogleローカルや、Yahoo!地図情報、goo地図ですが、よく見ると普通は二次利用は禁止されているんですよね(例:Yahoo!地図情報)。著作権を綺麗にクリアして・・・となると意外に少なかったりします。

そこで、昭文社よりお店の位置を登録した地図を無料で簡単にブログに貼り付けれる「ちず窓」ベータ版のリリース開始されましたので、使ってみてはいかがでしょうか?

 ブログに地図を貼れる「ちず窓」 (ITmedia)
 昭文社、ブログに地図が貼れる無料サービスをテスト公開 (CNET Japan)
 ちず窓ベータ

ちず窓のIDを取得(名前は不要です)して、お店の位置・名前・地図縮尺・カテゴリ(見る、食べる、泊る、遊ぶ・・・)を登録するとブログに地図を表示できるHTMLタグが作成されます。この地図のサイズは250ピクセル×250ピクセルの固定サイズです。また、HTMLタグを直接使用できないブログのためにリンク用のアドレスも表示されます。簡単に登録出来るため、初めてでもあまり迷わないと思います。

地図をクリックすると、このちず窓にジャンプして、大きな地図を見ることが出来ます。こちらは流行のGoogleローカルのようにドラッグで地図をスクロール移動できます(Ajax使用ってことですね)。また、この地図には他の人が登録した内容がアイコンで表示されるため、ドンドンと新しい情報が表示されると思います。画面中央寄りに登録された情報が、右側にリスト化されてどのような情報があるかが判りやすいです。


私のブログでは地図を使う事が殆どないため、「大盛り鉄火丼♪」に、貼り付けてみました。使い勝手を見てみたい方はどうぞ!


【メリット】
・地図の登録とブログに反映が簡単で無料
・ちず窓からリンクしてこちらのブログを見に来れる
・他人が登録した情報を見れる。


【デメリット】
・ちず窓に出てくる表示名が悪い
・古いブログ記事には未対応
・画面の切り替えを行うと、必ず東京に移動する
・複数人が同じ場所を登録したらどうなるか
・登録アイコンの非表示がない


このちず窓の一番のデメリット!
ちず窓に出てくるアイコンの名称表示やリスト表示はブログの記事タイトルになっていること。これが、非常に痛いです。ちず窓から見ると何の情報かが判りづらくて困ります。

どうして使いづらいかというと、下記の仕組みからです。
このサービスの基本的な利用方法はブログで使うこと。それは、RSSの情報を使いたいためなんですね。記事に地図を貼り付けることにより、ブログが画像表示するためにデータをちず窓に取りに行く事になります。その時に、そのブログのRSSの情報を自動取得して、ちず窓の地図に表示されるタイトルを記事のタイトルから、リンクを記事のURLから作り上げます。

そうすると、記事のタイトルがお店の情報とは限りません。むしろ、お店の名前で記事を書く人の方が少ない気がします。今回、ちず窓という記事で作った人が大量に登録しているため、そこら中に「ちず窓」という登録が乱立しています。これではどんな情報かさっぱり判りません。せめて、お店の名前を登録するんですから、そのお店の名前を出せばいいのに・・・

例えば、こんな場合は大変な事になると思います。
記事のタイトルが「USJサイコー!」で、地図はUSJに遊びに行った帰りに食べた京都のレストラン。京都のど真ん中にUSJと思われる登録の出来上がりです。

古い記事に未対応というのは、RSSというのは更新情報ですので最新の10件程度の情報のみと古いデータは持っていないのが通常です。そのため、古い記事に地図を貼り付けると、RSSデータがないために「名称未設定」となりリンク先も作られません。ブログ記事の地図は問題ないですが、ちず窓から見ると、見事にわけのわからないデータの出来上がりです。

複数人が同じ場所を登録したらどうなるかですが、基本的に登録は個人で行い他人が登録した地図を使い回せません。そうすると・・・武道館等の地図を使いたい人が大量にいたら、大量に同じ場所を登録するんですよね? それはちず窓から見た人は大量のアイコンが表示される事になると思います。登録アイコンの非表示が出来ないため、アイコンに埋もれて地図として使えないレベルになると思います。

地図画面から作成履歴やヘルプに移動して、また地図画面に戻ると東京の地図に戻ります。縮尺が16万分の1が一番縮尺が小さいので、大阪にスクロールで戻すのは大変です。住所検索をクリックして住所の一部を入力して移動して・・・と、手間がかかります。これは結構痛かったりします。


なんかデメリットの乱立状態ですが、これはちず窓から見た場合のお話です。
今のままでは、ちず窓をGoogleローカルやgoo地図の替わりに使うことはないかなって思いました。あまりに情報を探しづらいです。反面、ブログに貼られた地図は見やすくて貼り付けやすいため、重宝しそうです。

グルメ情報などをアップされている方、この地図登録を試してみてはいかがです?


【!注意!】
地図登録で気をつけて欲しいのは、安易に身近な所やよく行く所を登録をしていると、自分の行動パターンを知らせることになります。最近はストーカーの話を聞きませんが被害が無くなったわけではありません。「ここが毎朝買ってるパン屋さんです」なんか書けば、どうなるかを考えておいた方がよろしいですよ!
最近はmixi等のSNSの出現で、自分の本名や写真、住所を比較的気にせずにアップしている人が多いのが気になります。もちろん、それがSNSの良いところですし、見れる範囲を設定できるのは知っています。ですが、「ニックネームだから自信ないけど、彼女は元カノかもしれない。そうだったら気まずいからあの人の名前を教えて」とか言われて、簡単に教える人は世の中にはいるんです。ネット上に本名や行動範囲を流しているという事実だけは忘れないようにして下さいね。


【私の記事】
Googleの地図強化と地図比較
食べログ.com + Google Maps
Google マップ & ローカル
posted by 藍旋 at 10:58 | Comment(1) | TrackBack(2) | ソフト・ツール紹介

2005年12月17日

Visual Studio 2005 Express Edition日本語版無償リリース

Microsoftの総合開発ソフト「Visual Studio 2005 Express Edition」日本語版がリリースされました。1年間、期間限定で入手可能となります。

Visual Studio 2005の一番下のエディションとなり学習向けの位置付けにあります。複数人の開発のサポート機能やモバイル向け開発のサポートがない等がありますが、一般的なちょっとしたWindows上のプログラムなら十分に出来る開発ソフトです。

Visual Studio 2005のように全てがセットになっているわけではなく、Visual Basic,Visual C#,Visual C++,Visual J#, Visual Web Developer、それぞれでExpress Editionとしてリリースされています。また、同時にデータベースのSQL Server 2005のExpress Editionもリリースされています。

本来のVisual Studio 2005とSQL Server 2005は、MSDN会員はWeb上からダウンロードが可能です。CD-ROMによるパッケージ販売は2006年2月3日、ボリュームライセンスは2006年2月1日からとなります。


 Visual Studio 2005日本語版が完成,MSDN会員はダウンロード可能に (IT Pro)
 マイクロソフト,Visual Studio 2005 Express Edition日本語版の無償配布を開始 (IT Pro)
 SQL Server 2005/Visual Studio 2005日本語版が完成、MSDN会員向けに提供開始 (ITmedia)
 MS SQL Server 2005/Visual Studio 2005日本語版開発完了 Expressの提供も (MYCOM PC WEB)
 Microsoft(R) SQL Server(TM) 2005およびMicrosoft Visual Studio(R) 2005日本語版、2月1日(水)に発売 (Microsoft)
 Visual Basic 2005 Express Edition 日本語版


Visual Basic 2005 Express Edition 日本語版と、Visual C# 2005 Express Edition 日本語版をダウンロードしましたが、どちらも580MB弱でした。ただし、CD-R等で作るためのISOイメージです。私は仮想CD-ROMドライブのDAEMON Toolsを使いましたが問題なしでした。

DAEMON Toolsは非常にお手軽ですが、Ver.4.0からはアドウェアが含まれています。インストール時にアドウェアをインストールするかどうか聞かれますので、注意しましょう! Ver.3.74の場合はちよクロさんが日本語パッチを公開していますので、そちらがオススメです。


さて、以前に「Visual Studio 2005 Express Edition Beta2」をインストールしていた場合は一度アンインストールする必要がありますが、削除手順があるようです。下の削除手順を読んで、手順を守って削除してからインストールしましょう。意外に順番を間違うと面倒くさいことになりがちですので・・・

Visual Studio 2005 プレビュー版の削除 (Microsoft)


特に前回から大きな変更は感じませんでしたが、プログラムコードをクリックしてF1でヘルプを出すと、専用のヘルプブラウザが起動してくれました。レスポンスが少々鈍いですが、今までの単純なオンラインヘルプよりも反応は早く使い易いと思います。

また、プログラミング チャレンジ スクエアという初心者向けの学習サイトも開設されています。流石に第一回目のため、まずは慣れてみようということでカレンダー等の部品を置いて色を変える程度で、プログラム自体はゼロみたいですね。


【私の記事】
VS2005 Expressでちょこちょこと
posted by 藍旋 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年12月16日

海外ではGmailも携帯からアクセス

GoogleのフリーメールサービスGmailでも、海外のみとはいえ携帯でもアクセス出来る「Gmail Mobile」が開始されたそうです。

 Googleの携帯メールサービス「Gmail Mobile」が始動 (ITmedia)
 米Google、海外の携帯向けに「Gmail Mobile」 (INTERNET Watch)

残念ながら、日本はアクセス制限と対応機種の問題で使うことは出来ません。

このGmail Mobileでは、画像・PDF・Word等の添付ファイルも見れるそうです。「米GmailにExcel等のHTML変換とRSSクリッピング機能」で紹介した、プレビュー機能に近い物でしょうか。

また、受信メールが連絡先リストに載っていて、電話番号も記録済みであればメールから電話を直接かけることが可能のようです。コレは結構いい仕様ですね。メールで面倒なので直接電話したいと思うことは良くありますし。


どちらにせよ、日本のi-mode等に対応するのは、まだまだ時間がかかりそうですね。


Gmailに興味ある方は、「Gmailの招待状を配布してます」で招待状を配布しています。使用頻度(送信頻度という話?)により招待状は適宜追加されるようで沢山持っています。
試してみたい方は遠慮無く言ってくださいね。


【追記】
Gmail Mobileは日本でも可:日本でも可能な機種はあるそうですね!
posted by 藍旋 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(2) | ソフト・ツール紹介

EVEREST Home Editionがフリー公開終了

「EVEREST」でPCの詳細情報を」で紹介していました「EVEREST Home Edition」が、2005年12月05日付けで、フリーでの公開を終了していたようです。

かなり使えるソフトだっただけに、非常に残念です。。。


有償版は「EVEREST Ultimate Edition 2006」で、通常39米ドルで、2006年1月31日までは特別価格で19.5米ドル(本日の円相場116円で、約2270円)のようです。また、今後のバージョンアップ(2006→2007)は、19.5米ドルと明言しています。

ちなみに「EVEREST Corporate Edition」は安いですが最低10ノード(10クライアント)以上買うことが必要ですので個人には関係ないですね。

ハードウェアは新規の機能がドンドン追加されますので、他のソフトを使うしか。。。ですね。


特に私がお世話になりやすいと思うハードディスクのステータス判断機能「S.M.A.R.T.」は、HD TuneやHDD Healthで確認が可能です。(参照:HDDは暑さに苦手。状態チェック


【私の記事】
「EVEREST」でPCの詳細情報を
HDDは暑さに苦手。状態チェック
GoogleデスクトップでHDD温度チェック
posted by 藍旋 at 18:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

Google検索を携帯メールでいかが?

Googleが携帯向けの新サービスとして、携帯メールで検索を行える「Googleモバイル検索メール」ベータ版をリリースしました。

g@google.jp 宛にメールの本文を検索内容を入力して送信すれば、検索結果が1通、または複数メールで返信されてきます。サイト検索を何度か試しましたが、3つのサイトと残りはGoogleモバイルへのURLが送られてきました。送信メールにはタイトルは不要みたいです。

通常ならケータイ用サイト「Googleモバイル(http://google.jp)」にアクセスすればいいのですが、メールならではの機能として「10坪を平米で」等の単位変換機能を使えます。実はモバイルでは使えなかったみたいです。

 グーグル、携帯メールで検索できる新サービス (INTERNET Watch)
 携帯メールを送って手軽にググる、「Google モバイル検索メール」がスタート (japan.internet.com)
 Google モバイル 検索メール (Beta)

Googleモバイル検索メールQRコードGoogleモバイル検索メールQRコード

qr_google.jpgGoogleモバイル


少々面倒なのが、ウェブサイト検索か、モバイルサイト検索か、ローカル検索かという検索方法を指定する必要があります。

ウェブサイトの場合は、「ウ」「う」「ウェブ」のいずれかとスペースの次に、実際の検索文字列を入力。
例:ウ ヨーグルト

ケータイサイトの場合は、「ケ」「け」「携帯」のいずれかとスペースの次に、実際の検索文字列を入力。
例:け VISA 盗難

ローカル検索の場合は、「ロ」「ろ」「ローカル」のいずれかとスペースの次に、実際の検索文字列を入力、スペースの後に場所を入力します。キーワードと場所の順番を逆にすると、結果がまともに返ってきません。
例:ローカル パスタ 大阪

電卓や単位変換は、そのまま入力します。
例:25間をメートルに
例:14m * 17m を坪に

但し、株価検索などは出来ませんでした。PCサイトの機能が全て使えるというわけではなさそうです。


意外に使えるのが、電卓・単位変換じゃないでしょうか。雑誌の商品でユーロ表示されたり、マンションで坪数で書かれていて判らない等の時に使うといいと思います。


【追記】
忘れてました。Gmail、Hotmail、Yahoo!Mailで使えるか試してみました。
やっぱりモバイル用、全く無反応で使えませんでした(*ノノ)
posted by 藍旋 at 02:01 | Comment(2) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

2005年12月15日

Google デスクトップ 2 日本語正式版リリース

Google デスクトップ 2 日本語ベータ版リリース」で紹介した、Googleデスクトップ検索が正式版としてリリースされました。これは今まで英語版のみ正式版でしたが、日本語を含む16言語が正式版となったものです。

内容は変更点は安定性とパフォーマンス向上と、Googleマップのパネル追加、天気予報の日本を含む各国対応、スクリプト対応(ActiveXスクリプトのみ?)です。

 「Googleデスクトップ2」日本語正式版を公開--Googleマップも表示可能に (CNET Japan)
 「Google デスクトップ 2」日本語版が正式公開 (INTERNET Watch)

やっぱり、それほど大きく変わりませんね。

Googleマップのパネル追加ですがどうも上手く動きません。
Googleローカルのように検索窓があって検索出来るはずなのですが、日本の都市は日本語も英語表記もダメ、それどころかBoston、Seattleとアメリカの都市名を検索してもダメでした。表示している地図はスライドショーのように時々変化しているんですよね。。。まるで地図のスライドショーにしか使えていませんでした。表示地域から、ホテルなどの検索も可能のようです。接続が異常に悪く、単純に処理が重くて失敗しているのか、サーバーに接続中や検索中でそのまま止まってしまい、詳しいチェックが出来ません。うーん、残念。

天気予報パネルは、日本の主要都市(京都とかありませんでしたけど)の今日と明日の天気で、華氏・摂氏での表記が可能です。それほど詳しく見れないんですよね。こちらも接続が多いのか、時々取得失敗していました。

株価情報パネルは相変わらず日本の東証等は対象外のようです。これが使えると嬉しい人も多そうなんですけど。。。


未知数なのが、スクリプトの対応ですね。
パネルの追加と削除で「ActiveXプラグインを表示する」で追加が可能ですので、ActiveXスクリプトのみかも?
少々危惧しているのが、これを悪用される可能性です。インストール済みのソフト名を表示されるだけですので、ウイルスやスパイウェアを紛らわしい名前で作って表示されるようにすれば、間違って自ら実行しかねないです。


ところでトマログさん、β版でGmailが見れなかったとの事ですけど、正式版だとどうですか? 私の方は、今回のバージョンアップから表示されるデータが古い物になっている気がします。。。


今回、地図機能が異常に重くて四苦八苦していたのですが、操作ミスから出てきたのか見慣れない表示が。
URL: http://maps.google.co.jp/maps?output=html&q=%E5%A4%A7%E9%98%AA
Google Transit日本語版?

これって、米国版Googleにある経路検索「Google Transit」の日本語版ですか? それとも昔からある何か違う機能ですか? さらに京都を入力して「経路を表示」を押すと、失敗しました。「運転経路を計算できませんでした。」というのが、それっぽいですよね。
Google Transit日本語版?検索失敗


うーん・・・よくわかりません。これは昔からあるとか、情報ある人は教えて下さい〜。

 米Google、乗換検索サービス「Google Transit」を実験的に公開 (INTERNET Watch)
 フォトレポート:グーグル、「Google Transit」のベータ版を公開 (CNET Japan)


【私の記事】
Google デスクトップ 2 日本語ベータ版リリース
GoogleデスクトップでHDD温度チェック
IEの脆弱性でデスクトップ検索が危なく
「Google デスクトップ検索」日本語版も正式版に
posted by 藍旋 at 03:10 | Comment(2) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

AskDoctorsでお医者さんの意見を

11万人の医師に相談できるQ&Aサイト「AskDoctors」というサイトがあるそうです。

基本的に月会費制の有料サイトで、キャンペーン中の一部のカテゴリ(カゼ・インフルエンザ、メンタル・うつ・不眠、婦人科、認知症・アルツハイマー)のみ、無料で月3回までの相談や、他の人の相談の回答を見ることが出来るようです。他にも、喘息や癌、糖尿病、こどもの病気などの22カテゴリがあり、入会費1050円(現在はキャンペーン中で無料)、月会費315円らしいです。

実はこのキャンペーンの意味がよくわからず、キャンペーン中のみ無料でそれが終わったら全カテゴリが有料になるのか、キャンペーンのカテゴリが変わって次はアレルギー・花粉症のカテゴリが無料になるのでしょうか?


なんといっても、今はかぜ・インフルエンザのカテゴリが無料ですので、一度見てみるといいと思います。医師の話らしく、薬の話になるとちんぷんかんぷんですが(笑)、思った以上に素早く返事をくれます。色々な医師や看護師の人がレスをくれますので、それは違うという他の医師の判断も出てきますし、信用度は高いと思います。

インフルエンザ対策とマスク」でタミフルの副作用の幻覚作用について触れましたが、AskDoctors内のタミフルの話で薬には副作用がつきもので不安をあおるだけの報道には憤りを感じるという薬局の意見もありました。私としても、数多い使用例の中での一つの副作用なので、不安を煽る書き方はしないように心がけたつもりでしたけど、今、客観的に見ると言葉足らずで煽っているようにも見えたり。。。難しいです。


何はともあれ、AskDoctors内の全員が言うのは「うがい手洗い、予防接種が大事」とのことです。
紅茶はウイルス予防効果があり、冷ましたものでうがいすると効果的とか。
私も「インフルエンザ接種してきました」でインフルエンザのワクチン接種してきましたが、やはりオススメのようです。大阪のクリニックで一回法で2700円、2回法で4000円でした。2回するのはブースター効果といって、4週あけて接種すると抗体が急激に増えるからとか。やっと理由がわかりました。効果は接種後2〜4週間後に期待できるようになるそうで、効果は4〜6ヶ月。周りにインフルエンザが増えてからじゃ遅いんですね。
また、医者の立場からすると、予防接種はインフルエンザに掛らないためよりも、症状を軽くするという事に主点を置いているように見えました。ですので、孝好さん、きっと予防接種は受けて正解だったんですよ(笑)


他にも、認知症などで少々記憶が曖昧になった祖母に対する接し方などのアドバイスがあったりと、今のうちに見ておけば役立つかも知れませんよ!
posted by 藍旋 at 00:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年12月14日

Konfabulator改め、Yahoo! Widget Engineリリース

Konfabulatorをインストール」で紹介しましたKonfabulator(コンファビュレーター?)ですが、開発元がYahoo!に買収されている経緯もあり、バージョンアップして、Yahoo! Widget Engine 3.0としてリリースされました。(Widget:ウィジェット。ミニアプリケーションと思って下さい)

Yahoo! Widget Engineはフリーソフトで、2000種類にも及ぶカレンダーやアラーム付時計、ToDoリスト、小さなスライドショー等のミニアプリを実行します。
対象OSはWindowsXP/2000, MacOS X 10.3以上。
Konfabulatorサンプル
※画面はKonfabulatorですが、ほぼ同様の物が存在します。

 米Yahoo!、ウィジェット実行環境の新バージョンを無償配布開始 (INTERNET Watch)
 Yahoo! Widget Engine 3.0リリース (ITmedia)
 米Yahoo!、「Konfabulator」改め「Widget Engine 3.0」をリリース (MYCOM PC WEB)
 Yahoo! Widgets (公式英語サイト)

Yahoo!ブランドでリリースしたことにより、Yahoo! APIというプログラミング技術を使用できるようになりました。これからYahoo!地図等を使えるようになり、実際に今回、「Yahoo! Maps Widget」が同梱されています。

今回、Yahoo!に関係する物が多数含まれましたが使いづらい状況です。
「Yahoo! Maps Widget」は北米のみをサポート、「Yahoo! Mail Checker.widget」や「Yahoo! Notepad.widget」は米国版のYahoo!IDを対象にしているようで、日本語アカウントでは不可で使えませんでした。


但し、以前のWidgetはそのまま使えると思われます。教えて頂いたあんずの香りさんのWidgetも使用可能でした。

Widgetはオープンソースで特に有料ツール不要で作成が可能です。
但し、文字コードという文字の表示形式がWindowsのメモ帳などで使うシフトJISではなく、UTF-8というUnicode(ユニコード)になりますので、Unicodeに対応したエディターで編集する必要があります。私は有料の秀丸を使っていますが、TeraPad等のフリーソフトで立派なエディターが多数存在しますので、試してみてはいかがです?


画像スライドショーWidgetのPicture Frameはどこにでも置けるため、結構楽しんでいます♪
ただ、毎分、5分、15分・・・と、結構更新頻度が長く、短い時間でドンドン変更して欲しいと思いましたので、下のように15秒間隔で画像が切り替わるように少しだけ改造をしてみたり。
Yahoo Widget Engine Picture Frame環境設定


Picture Frame等のWidgetは、実はZip圧縮ファイルだったりします。拡張子をzipからwidgetに変更しているだけです。Yahoo!になった上でのバージョンアップなので新規インストールでは違うかも知れませんが「C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\My Documents\My Widgets\Picture Frame.widget」に存在します。変更前に、適当にコピーしてオリジナルとして別に保存しておくことをオススメします。

Widgetをzipファイルとして解凍して、中にある「Picture Frame.widget\Contents\Picture Frame.kon」のファイルを修正します。
4739行目に、下記のようなコードが出てくると思います。

<preference name="updateFrequencyPref">
<title>Change Picture:</title>
<group>imagePanel</group>
<type>popup</type>
<option>Every Minute</option>
<optionValue>60</optionValue>
<option>Every Five Minutes</option>
<optionValue>300</optionValue>
<option>Every Fifteen Minutes</option>
<optionValue>900</optionValue>
<option>Every Half Hour</option>
<optionValue>1800</optionValue>
<option>Every Hour</option>
<optionValue>3600</optionValue>
<defaultValue>300</defaultValue>
</preference>


太字の4行を追加します。

<preference name="updateFrequencyPref">
<title>Change Picture:</title>
<group>imagePanel</group>
<type>popup</type>

<option>15 Seconds</option>
<optionValue>15</optionValue>
<option>30 Seconds</option>
<optionValue>30</optionValue>

<option>Every Minute</option>
<optionValue>60</optionValue>
<option>Every Five Minutes</option>
<optionValue>300</optionValue>
<option>Every Fifteen Minutes</option>
<optionValue>900</optionValue>
<option>Every Half Hour</option>
<optionValue>1800</optionValue>
<option>Every Hour</option>
<optionValue>3600</optionValue>
<defaultValue>300</defaultValue>
</preference>



大体想像はつくと思いますが、<option>〜</option>はChange Pictureの更新間隔リストの名称、<optionValue>〜</optionValue>は更新間隔リストの実際に変更するタイミングを秒で示した物です。単純に、15秒と30秒を追加しただけなんですね(笑)
あとは元のようにzip圧縮し直して、ファイル名もPicture Frame.widgetにして下さい。

タスクトレイのYahoo! Widget Engine→Widgetを開くでPicture Frameを指定します。
恐らく、起動時このようなメッセージが出てきます。
Yahoo Widget 変更確認

ウイルスなどで変更された場合に備えての確認メッセージだと思います。今回は自分で変更しましたので、勿論、許可で。
あとは、Picture FrameのWidgetの環境設定で15 Secondsを指定すればOKです。


公式サイトでは2000種以上もWidgetが公開されており、面白い物もあるかも知れません。試してみてはいかが?
posted by 藍旋 at 01:12 | Comment(7) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

2005年12月13日

Sleipnir 2.21リリース

Sleipnir 2.21 がリリースされました。
ダウンロードは、下のSleipnirのバナーからどうぞ!

タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)

 「固まる」不具合を修正したSleipnir 2.21リリース (IT Pro)
 Sleipnirに2バイト文字のリンクを開こうとするとフリーズする不具合 (INTERNET Watch)
 フェンリル、Sleipnir 2.21を緊急リリース--フリーズする不具合を修正 (CNET Japan)

更新情報が公式サイトにアップされていないので、上記の記事より集めてみました。

不具合修正
・2バイト文字のリンクを開こうとするとフリーズする。

新機能
・タブ拡張で、アクティブタブをボールド表示(太字)するの追加
・タブ拡張で、タブが一個の時はタブバーを隠すの追加
・タブ拡張で、タブ切り替えをローテートするの追加
・タブ拡張で、スクロールタブの時にホイールでタブをスクロールするの追加
・既読を全て閉じる機能の追加(未確認)


国際化ドメイン(日本語.jp等)のリンクがあるとフリーズを起こしていたようです。使われていることが少ないので、影響度は低かったのじゃないでしょうか? キリンの生茶.jpとかファイア.jp等もあり、そちらは転送して本来のアドレスに行くようです。

既読を全て閉じる機能は嬉しいのですが、どうやってするのかが判りませんでした。タブの右クリックメニューにありそうなんですけど。。。
アクティブタブの太字って今回からでした? 実は違和感がなくて、変わったことに気付いていません。

今回は危険な不具合ではありませんが、フリーズするのは頂けないので、バージョンアップしておきましょう。


【私の記事】
私のSleipnirの設定
posted by 藍旋 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年12月12日

Flashをちょっぴり変更しました

前回の「Flashってフリーで作れるんですね」はよくわからずにParaFlaでFlashを作っていましたので(今も判ってませんけどねー♪)、サンプルなどを参考にしているうちに良くない点もポロポロ。ちょっと無駄を省いちゃおう!って事で、修正版です。と、言っても、ぬこちゅーさんに助けて貰ったんですけどね(*ノノ)

今回は、時計の色や場所の変更の仕方、日付不要や、年を4桁に変更したり、曜日を表示したりが簡単に出来るように説明しています。

ぬこちゅーさんの管理人のnowloさんには感謝です♪
(普段からサイト名もさん付けですが「ぬこちゅーさん」さんになるので、さんは略してます。。。)


BlogPetの時計付背景Flash作成用ParaFlaセットVer.2bpflash2.lzh (17,083バイト)

bpflash2.lzhに含まれるファイルは下記の4ファイルです。
・bpflash.pfl   :PalaFlaのソースファイル
・back.jpg    :背景画像
・bpflash.swf   :Flash動画
・bpflash.html  :Flash動画実行用HTMLファイル


Flashの見た目や動作は一緒です。



日付と時間をわけましたので、前回と種別とIDが変わりました。・・・変えなくても出来たんですけど、簡単なうちに修正しておきたかったので。
ParaFlaメイン画面


まずは、時計の文字色やフォントの変更方法についてです。
左下の素材リストの「0003:テキスト:「01/02/03」」をダブルクリックするとファイルのプロパティが開きます。
ParaFla文字のプロパティ1
ここにあるRGBが色の設定になります。これはスライダー(バーを移動)で指定するため、直接色を数字で指定出来ません。右にある水色の箱に現在の色が表示されますので参考にして下さい。他は、太字・斜体・フォント・サイズ・左寄せなど、色々指定出来ます。


さて、ちょっとフォントについては知っておく事があります。
フォントを「HGS創英角ポップ体」のサイズ14、太字・斜体にしてみました。
ParaFla文字のプロパティ2


前にあった「変数名」という設定が消えてしまいました。時計を表示するためには、この変数名というのが必要ですので、「ダイナミックテキスト」にチェックを入れて下さい。ダイナミックとは動的という意味で、Flash動作中に文字が変化しますよという意味です。
ParaFla文字のプロパティ3
変数名などが復活しました。折角ですので、自動サイズにもチェックを入れておいて下さい。


そして、OKボタンを押して、F5でプレビュー表示します。
(サイズが大きくなりましたので表示位置は変更しています。)
ParaFla日付表示失敗


この記事を書いている日付は2005年12月11日なのですが、日付が「0/12/11」と、年度がおかしいです。
何を意味しているかといいますと、最初使っていたフォントは「_ゴシック」でした。よく見ると、フォント名の頭に「_(アンダーライン)」がつくフォントがあります。これをデバイスフォントといい、Flashが元々用意しているフォントで、これを使えばFlashの容量を使わなくて済むというメリットがあります。その反面、個性に富んだフォントではありません。

そして、自由にフォントを使う場合、Flashを作る時にテキストの設定にある文字をそのフォントで作り、Flash内に取り込みます。そのため、私がテキストの設定に指定していた「01/02/03」では、5の数字が含まれていないため、5が表示出来ずにこんな風になってしまったわけです。これはつまり、どんな文字が表示されるか判らない所には、自由なフォントは使えないと言う事です。

フォントの設定は決まった数字や文字が出てくる所のみにしておきましょう! そして、予め、使用する全ての文字を書いておきましょう!
但し、同じフォント・大きさ・太字・斜体のダイナミックテキストが他で使われていれば、その文字も使用可能となるようです。


今回、「01/02/03」に設定していたのは、ドコに表示するか決める時に判りやすくするためでしたので、「0123456789/:」と日付時間で使う文字を全部テキストの設定に入れてみました。今度はちゃんと表示されました♪
ParaFla日付表示成功



次は表示位置の調整の説明です。
フォントの大きさを変えれば、次は表示位置を調整する必要があります。
下の画面で、左下の素材リストをクリックすると、左上のプレビュー画面に「スプライトを編集」ボタンが表示されますので、クリックして下さい。
ParaFlaメイン画面


スプライト編集画面になります。
と、いっても、見た目はイベントリストのタイトル部分の背景色がグレーからベージュに変わっただけです。これから元の画面に戻る時は、ベージュのタイトル部分をダブルクリックして下さい。
ParaFlaスプライト編集画面
こちらの画面で右のイベントリストの「種別:テキストの00003」をダブルクリックしてイベントのプロパティを表示します。


「種別:テキストの00003」のイベントのプロパティです。
これは素材リストでいう時間表示の部分ですね。
ParaFla時計表示位置変更前
右はこのイベントのプレビュー表示画面です。ちょっと見づらいので、時間の部分を赤丸つけています。


左の描画位置(X, Y)で数値指定出来ますが、大雑把な位置はドラッグ&ドロップで指定した方が簡単ですので、適当に位置を動かして下さい。適当な場所に決めたら、忘れずに中央下の「適用ボタン」を押下しましょう! なかぜいつも忘れるんですよね。。。元のイベントリストの画面に戻ります。
ParaFla時計表示位置変更後


元の画面に戻ったら、F5キーでプレビューを実行!
※色が見えづらいので、ファイル→プロジェクトのプロパティの背景色のRGBを全てゼロにして背景色を黒にして見やすくしています。
ParaFlaスプライトプレビュー
このようにして、文字の位置や色などを決めていきます。



時計の表示のカスタマイズの説明です。
出来るだけ簡単に下の事が出来るように説明したいと思います。
・日付のみ、時間のみを表示する
・日付の年を2桁表示から4桁表示にする
・曜日を表示する

いずれも、ActionScript(アクションスクリプト)というプログラムを修正する必要があります。ちょっとだけ削除する程度の変更ですので、簡単に出来ると思います。元々、JavaScriptから派生したらしく、仕様は近いみたいです。


ActionScriptは「スクリプトエディタ」を使って行いますので、その使い方を。
ParaFlaメイン画面
この画面で、右クリックメニューの「スクリプトエディタ」にチェックが入っている場合、イベントリストの「スプライト」を左クリックすればスクリプトエディタが開きます。
ParaFlaスクリプトエディタ1
※便宜上、赤色で(1)等の番号を付与しています。


また、イベントリストの「スプライト」を右クリック→プロパティを開き、左下の「スプライトの設定」の「スクリプトを編集」でもスクリプトエディタを開く事が出来ます。まだスプライトにスクリプトが設定されていない場合は、こちらの方法で開く必要があります。
ParaFlaスプライトのプロパティ

スクリプト自身を変更後、個別に保存するのではなく、右上の×ボタンでこの画面を閉じてメイン画面で全体を保存(CTRL+Sか、ファイル→上書き保存)することになります。

プログラムが物理的に動くかどうかのチェックを、スクリプトエディタの一番上にある「構文チェック」ボタンで行います。物理的というのは、命令の構文間違いのチェック等を行う事です。例えばActionScriptは命令の最後に「;」を付ける必要がありますが、これが抜けていないか等のチェックを行う物です。

  • スプライトとは:独立した表示イベント。判りづらいと思いますが、メインのFlashの中に、時計を表示する小さなFlashが動いているイメージです。その小さなFlashをスプライトと言います。
  • スクリプトとは:ActionScript等のプログラムのこと。



「日付のみ、時間のみを表示する」ですが、イベントリストの「スプライト:0004」のスクリプトエディタを開いていください。
ParaFlaスクリプトエディタ1

まずは、不要なプログラムを削除します。
日付の表示が不要な場合は、赤字で書いた(1)と(3)の2行を削除して下さい。
時間の表示が不要な場合は、赤字で書いた(2)と(4)の2行を削除して下さい。

スクリプトエディタの右上の×ボタンを押して終了します。
左上の「スプライトの編集」ボタンを押して、スプライト編集画面を表示します。
ParaFlaスプライト編集画面

日付の表示が不要な場合は、種別:テキストの0002をクリックしてDELキーで削除して下さい。
時間の表示が不要な場合は、種別:テキストの0003をクリックしてDELキーで削除して下さい。

以上で非表示にする処理は完了です。
先述の時計の位置の調整を行って下さい。


日付の年を2桁表示から4桁表示にするですが、イベントリストの「スプライト:0004」のスクリプトエディタを開いていください。
ParaFlaスクリプトエディタ2

赤字で書いた(5)の行の一部を削除します。
yy = yy.toString().substr(2,2);
 ↓
yy = yy.toString();

スクリプトエディタの右上の×ボタンを押して終了し、先述の時計の位置の調整を行って下さい。


曜日を表示するですが、イベントリストの「スプライト:0004」のスクリプトエディタを開いていください。
ParaFlaスクリプトエディタ2

赤字で書いた(6)と(7)が関係します。
(6)の行を削除して、(7)の行の先頭にある「//」を削除して下さい。
// dateText = yy + "/" + mm + "/" + dd + getDay();
 ↓
dateText = yy + "/" + mm + "/" + dd + getDay();

「//」は、この後ろはコメント(注釈)なのでプログラムではありませんという事です。ですので、先頭にある「//」を削除して、コメントしてあったプログラムを有効にしたんですね。

曜日は「(月)」等と表示していますが、赤字で書いた(8)の部分にある所を「[Mon]」等と変更してもOKです。「”」は、この間に挟まれた文字を文字列としますという意味ですので、削除しないようにしましょうね。

注意点は、先述したとおり、フォントを変更した場合は「テキストの設定」に使用する文字を全て書く必要があるという事です。「1234567890:/(月火水木金土日)」や、「1234567890:/(SunMonTueWedThuFriSat)」と、使う文字を全て記述しておきましょう。


上記の変更を組み合わせると、このような感じに表示出来るようになります。



毎回毎回長いですが、実際にやるべき事は大してありませんので、試してみて下さい♪

他にも、ぬこちゅーさんの「ふらふら運動をする」のサンプルを組み合わせれば、12月にふさわしい雪降る背景も作れます♪


【追記】
ParaFla公式サイトで、新バージョン「ParaFla Ver0.9RC1」をリリースされています。
posted by 藍旋 at 09:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年12月09日

米GmailにExcel等のHTML変換とRSSクリッピング機能

Gmailの英語版の新しい機能として、Word・Excel・PDF文書をHTMLに変換してプレビューとして表示する機能と、RSSクリッピング機能が追加されました。

 Gmail、一部の添付ファイルをHTML変換可能に (Gmail maniacs)
 GmailにRSSクリッピングの新機能 (ITmedia)
 What's new on Gmail? (Gmail)
 Gmailは、Outlookを殺すか? (Speed Feed)

現在は米国版のみですので、日本語では対応していません。
ただし、コレはGmailの設定 → 全般 → 言語を「English (US)」に変更するだけで使える機能です。


HTMLに変換してプレビューする機能は便利かも知れませんね。相手が確実にExcel文書などが見れるか、Adobe Acrobatをインストールしているかわかりません。ただし、それほど高性能ではなく、中身が判る程度です。
ITmediaさんとGmailのリリース内容ではOpenOffice文書も表示出来るとの事でしたが、プレビューは不可でした。とりあえず、私は見れなかったのでMS Office文書だけと。。。

RSSクリッピング機能とRSSリーダーでないのは、タイトルだけを表示して、内容を見たい場合はクリックしてリンク移動するためと思われます。


ちょっと試してみました。

これが通常のExcel添付のメールです。6,748KBと少々重かったです。。。
Gmail通常


そして、設定の言語をUS英語にしてこのメールを見てみました。
Gmailウイルススキャン
Gmailにウイルススキャン機能が付くそうです」に書きましたが、先日、英語版ではウイルスチェック機能が付ました。添付ファイル付メールを見る時に、一瞬、「Scanning for viruses...」のようにスキャンしている事が表示されます。初回見る時だけ行われるようです。但し、問題もありますので「Gmailにウイルススキャン機能が付くそうです」を見ておいて下さい。


そして、日本語版と違い、Download だけではなく、 View as HTML というプレビュー画面へのリンクが追加されています。
Gmail変換可能
このView as HTMLをクリックすると、別画面が開いて内容が表示されます。今回、6.8MBもあり失敗していました。どうやら、大きなファイルは無理そうです。また、全体的に文字のサイズが小さく見づらかったです。Excel等のソフトが入っているようでしたら、この機能を使わないほうが見やすいかも知れません。
この機能、よく知らない人から、知り合いでもウイルスで怪しいと感じるようでしたら、このプレビューで見るのも手かも知れません。Excel等に仕込まれたマクロウイルスならこのプレビューでは無効化されていて安全だと思います。メールの内容と添付ファイルの内容、合っていなければ開くのは止めた方がいいという考えです。


そして、RSSクリッピング機能
メールのリストの一番上に、このように1行だけタイトルが表示されます。下線があるとおり、クリックすると本来の記事に別ウィンドウでリンクします。
GmailRSSクリッピング機能
右のほうにある < > ボタンで、違う記事に移動します。順番は時系列に表示されるようです。


RSSクリッピングの右にある「Customize」や、Gmailの設定の「Web Clips」という項目が追加されています。
GmailRSSクリッピング設定
一番上のチェックボックスをオフにすると、この機能がオフになります。
左の「Search by topic or url:」に、RSSやAtomを指定すると、RSSクリッピングに追加されます。今回は、CNET Japanを追加しました。また、左のNew等をクリックすると、Gmailで用意したCNN等のRSSが表示され、Addボタン一つで追加可能です。

初期状態で、10数個のRSSが初期表示で登録されています。ひとつひとつ、「remove」は面倒でした。。。



基本的に、英語版として使っていても日本語のメールなどは表示・作成出来ますので、機能的に使いたいようでしたら英語版を使ってみるのもいいかも知れませんね。
HTML変換プレビューは時が小さくて見づらい、RSSクリッピングも1行だけなのでそれほど使い勝手が良くないと、ウイルススキャン機能も少々難有りと、無理して使うほどでは・・・というのが私の感想でした。


【私の記事】
Gmailの招待状を配布してます :また補充されて100通ほどに・・・遠慮なくどうぞ!
posted by 藍旋 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(2) | ソフト・ツール紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。