2005年10月01日

CSSをオンラインで最適化

百式さんが、「Online CSS Optimizer」を紹介していたので使ってみました。

CSSって何?ですが、「カスケード・スタイル・シート」の略で、WEBサイトのデザインを定義する規格の事です。
最初はHTML(WEBサイトの画面)に直接、タイトルを大きくして青色に、右のこの位置にリンクを青色で・・・等、見た目を直接書いていましたが、ドンドンとHTMLのサイズが大きくなっちゃいますし、WEBサイトの模様替えをしようとすると全部を修正するので大量に変更が必要になります。なので、このCSSに「タイトルはこのフォントで青色」「見出しは青地の四角形に白文字」と書いておき、一つ一つのHTMLがこのCSSを参照すれば、見だしに指定した物が一斉に「青地の四角形に白文字」になります。WEBサイトの模様替えも、このCSSを変更すれば、全てが変更されるという優れものなのです。


この「Online CSS Optimizer」ですが、簡単に言えば、同じような指定をしているのを纏めて、ファイルサイズのダイエットしちゃおうというのが目的です。
サイズが小さくなれば、その分だけ早くDL出来て早くサイトを閲覧出来ます。おそらく、指定が纏められた分、PCがその指定を理解して適用する負担も減り、画面の描画も早くなると思います・・・実感はないですけど(笑)


これがOnline CSS Optimizerの画面です。
Online CSS Optimizer 1

3つ入力出来る場所がありますが以下の通りです。
上:CSSファイルのインターネット上のアドレス。
中:CSSファイルのPC上のファイルパス。
下:CSSファイルの内容を直接入力。

どれか一つに入力して、それに対応する「Optimize」ボタンを押すと、このように画面が変わります。
Online CSS Optimizer 2

下にあるズラズラ〜っと書いているのが、CSSの最適化後です。この内容をコピーして、CSSファイルに書き込めば完了です!

元のCSSのサイズと最適化後のCSSのサイズが出てきます。大体1.5kb最適化されて31%軽くなったようです。今のブロードバンドでたかだか1.5KBと言われてしまえばそれまでなんですけどね・・・凝ったサイトほど大きくなりますが、100kbとかは無いでしょうし。


CSSの最適化の結果を見てみました。
CSS最適化前最適化前
CSS最適化後最適化後

よーく見ると、日付の見出しの枠が一部消えていますし・・・右下の新着記事のタイトルの太字が消えています。100%そのまんまうまく行くとは限らないようです。

また、最適化したCSSは改行や隙間無く書かれるので、カスタマイズする人は後から見て結構困ります。置換処理で改行などを挟むといいと思います。CSSを纏める勉強とかにはとても使えそうですよね!


折角ですので、CSSを適用していない状態の画面です。
CSSを適用すると、今のような画面になるわけです。ちなみに、前のさくらのデザインの画面もCSSを変更しただけです。ブログでテンプレートとかあるのは、基本的にこのCSSの切り替えをしているだけです。
CSS未適用時
posted by 藍旋 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

Thunderbird 1.0.7日本語版

Thunderbird 1.0.7の日本語版がリリースされました。

安定性向上とセキュリティに対するアップデートで拡張機能はなしです。もちろん、ユーザは全員アップデートしてね♪というパターンですよ〜。

リリースノートには変更内容やダウンロードがあります。
詳しいセキュリティ問題の修正内容こちら。更新が遅くて、まだ1.0.6の情報ですけど。。。

Firefox 1.0.6で発覚したIDN(国際化ドメイン。URLアドレスに日本語などを使えるというもの)問題の対応が行われています。


Firefox と Thunderbird の最新版はこちら!
Get FirefoxGet Thunderbird


Thunderbirdのページに、中国製100万本無償期間キャンペーン中のキングソフトのウイルス対策ソフトの話が出ていました。
これがインストールされていると、Thunderbirdのメール受信が出来ない事があるとか。但し、最新の定義情報に更新すると大丈夫との事です。キングソフトでもその件についてHPで述べてありました。私もフリーズするなど、色々と問題が起きていてちょっと躓いていますね。
posted by 藍旋 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

Google Earth アフリカライブ中継を追加

やったね! Google Earthがパワーアップしてます。
Google Earthを起動すると、Updateを促されます。

触って判ったのが・・・

1.地図が詳細になっています!大阪でも、かなり詳しくなりました♪

2.National Geographic.com の WildCam Africa というので、Realを使ったライブ中継が見れます。

3.他にも何かアフリカで見れるみたいなのですが・・・スイマセン、英語なのでサッパリです!


051001_googlemap1.jpg
映画のカチンコみたいなのが動画です。黄色い四角や赤いバツはなんでしょう? おそらくですけど、黄色い四角は遺跡などの資料で、赤いバツのようなものは例えば動物の群れなどの航空写真かな?って思いました。

これが上のReal動画のショットです。
051001_googlemap2.jpg


まだ詳しい事が判りませんが、またまた面白くなりました!
何か判ったら、またお知らせします〜♪


【The Wind of Blessingサイト内】
Google Earth
Google Earthで遺跡を発見!


【追記】
そのWildCam Africaってドコ? という話があったので、その周辺地図をアップです。
左下のLayers→National Geogra→Live WildCamにチェックを入れて、下の地図にある映画のカチンコ?が、ライブ中継になります。クリックするとウィンドウが開きますので、中央の画像をさらにクリックするとブラウザが開いて見れますよ〜!
GoogleEarthアフリカのライブカム
posted by 藍旋 at 03:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年09月29日

Yahoo!MAPSに店を登録しちゃおう

Googleの地図強化と地図比較」で地図の機能の比較を行ってみましたが、「この地図古い!あの店載ってないし、このコンビニは違う系列のコンビニなってるよ!」とかありますよね。これにいち早く対応するために、ユーザのそういう口コミ情報をYahoo!地図情報が募集しています。

 「いつでも正確なYahoo!地図」は口コミで--ヤフーとアルプスが実験 (CNET Japan)

折角なので、普段使うコンビニを3つほど登録しました。

登録は簡単で1分程度で済みそうです。
Yahoo!マップスを開き、登録したい地点をダブルクリックして中央のカーソルを表示します。地図の下にある「アルプス社 この場所の新しい場所を大募集」バナーをクリックすると、登録画面が新しく開きます。そして、その施設の名前、種類、内容、発見状況、年齢層、性別、メールアドレスを入力するだけです。年齢層と性別は、回答しないという選択があります。
050929_map1.jpg
050929_map2.jpg

Yahoo!の地図はアルプス社の地図サービスを利用していますが、この情報は他のアルプス社が提供している地図サービス(exciteso-netAOL)にも、影響するのでしょうか? Yahoo!とアルプス社だけのように書かれていますが、Yahoo!もアルプス社も同じソフトバンク系ですしね。他社へのサービス強化に繋がるので、きっと影響されるんでしょうね〜。暫く、登楼した内容が反映されるかみておこっと!
posted by 藍旋 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年09月24日

Google Toolbar Firefox用の最新版

Google Toolbarっていつの間にかバージョンアップしているので、気付きづらいですね!

Google ツールバー Firefox用の最新版が9/23にリリースされていたようです。内容は、Google サジェストとカスタマイズ機能の追加と、他国語サポートが強化されたようです。Google サジェストとカスタマイズ機能は、Firefox専用機能です。


Googleサジェストとは「Googleの実験室♪」で書きましたが、文字を入力する毎に検索候補がリアルタイムに件数と共に表示される機能です。下の例ですと、「Firefox」と入力すれば、「プラグイン」との組み合わせで11万6千件、「拡張」との組み合わせで14万1千件の候補が出てくるというわけです。これは概算なので、実際の検索でも同件数とは限らないそうです。
Google サジェスト

ちなみに、これはWEB版が既にあり「Googleサジェスト日本語版 BETA版」として、Google Labs で公開されています。


カスタマイズ機能は、PageRankやページ情報ボタン等を Google Toolbar以外の場所に置く事が出来ます。PageRankだけを見たいためだけにGoogle Toolbarを表示している人は、Firefox自身のボタンの横に置けば、Toolbarは表示しなくてもすみます。


他国語サポートの強化は・・・ポルトガル語などのサポートですが、翻訳が強化されたというわけではないので、あまり関係ないですね。



Google Toolbarは自動更新されますが、早く使いたい人は、コチラからドウゾ

Google Toolbar 機能一覧

Google Toolbar バージョン情報


ところで、今回のはバージョン情報で書いてあるのは1.0.20050923ですが、Toolbarのバージョン情報を見ると1.0.20050922。1日、日付表示がずれてますね。どっちがホント?
バージョン
posted by 藍旋 at 11:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年09月23日

Firefox 1.0.7日本語版

Firefox 1.0.7の日本語版がリリースされました。

セキュリティに対するアップデートですので、もちろん、ユーザは全員アップデートしてね♪というパターンですよ〜。

 Firefoxなどのアップデートが登場--IDN処理関連のバグを修正 (CNET Japan)

先日の「Firefoxに重大なセキュリティ・ホール」にあった、国際化ドメインの脆弱性などが修正されます。

詳しい修正内容は、リリースノートセキュリティ問題の修正を見て下さい。

Firefox の最新版はこちら!
Get Firefox


私が使っているプラグイン(拡張機能)の紹介を「Firefox について」でしています。

最近はこういうプラグインも追加してます。

翻訳パネル
サイドバーが表示され入力した日本語・英語・ドイツ語・ギリシャ語・スペイン語・フランス語・イタリア語・韓国語・オランダ語・ノルウェー語・ポルトガル語・ロシア語・中国語の文章を、ExciteやGoogle等の翻訳サイトを使って相互翻訳します。英語のサイトの文章を範囲選択してドロップ&ドラッグで翻訳出来てお手軽です。
謎小屋さんがリリースしています。但し、Firefoxだけ正常に読み込めるようです。


adblock
サイト上の広告等をブロックして表示しないようにします。設定により消えた場所を詰める等が出来るため、非常に見やすくなる事も。但し、設定方法がURL指定なのでコツが必要です。Firefoxまとめの解説をどうぞ。広告は新商品だけでなく、今のトレンドを見る指標になって話のネタにもなるのでメインPCでは使ってないです。結局、広告だけ見てクリックはしないんですけどね!
mozdev.orgさんがリリースしています。
posted by 藍旋 at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(3) | ソフト・ツール紹介

2005年09月21日

Googleより画像管理ソフトPicasa2

Googleより画像管理ソフトPicasa2がリリースされました。もちろん、フリーです。

 Googleの画像管理ソフト、日本語版登場 (ITmedia)

 Picasa2のDLサイト

 Picasa2の機能ガイド

 Picasa2のサポート


これはスゴイですね〜!ハードディスク内の画像と動画のファイルが、素早くサムネイル表示さます。また、大量にファイルがあっても比較的メモリ消費量も少なめで、軽やかな検索とスクロールで楽々です。

050920_picasa21.jpg


対象となるファイルは以下の通りです
画像は、JPG, GIF, TIF, PSD, PNG, BMP, RAW (including NEF and CRW), GIF, PNGが対象です。但し、GIF, PNGは、オプション設定です。

動画は、MPG, AVI, ASF, WMV, MOVが対象です。

デフォルトでは小さい画像は表示されません。メッセンジャーのアイコンが出てこなくて悩みました。表示→小さい画像で表示させる事が出来ます。


使い方ですが、基本的に画像ファイルを見る・探す・フォルダに分類するするという使い方になります。
スライドショー、タイムライン(フォルダ年月別ソート)等で見る事が出来ます。また、フォルダやファイルに詳しいコメントも書けます。また、デジカメ等のExif情報も検索対象となるので、このデジカメで撮った写真だけを検索なども出来ます。これが意外に便利でした。


最大の私のポイントはGoogleらしく、Gmailと同じく「ラベル」と「スター」というファイル整理の仕様があります。

ラベルとは、グループ分けの事で、1つのファイルに複数つけれます。
例えば、「会社」の人と「北海道旅行」に行き、社内の「恋人」と「親友」とのツーショットや「オススメ料理」の写真を撮った場合、どんな風に整理しますか?
人によって、会社や友達という単位で整理したり、旅行やスポーツ単位で整理したり、誰と撮った写真かで分けたいとかあると思います。特に恋人とのラブラブ写真は纏めたいですよね! また、ブログ用に料理を纏めたい人も居るかも知れません。
ですが、ファイルは1つですので、諦めて「旅行」フォルダ等に保存しますよね。
そこで、会社・旅行・恋人・親友・グルメなどのラベルを作り、それぞれのファイルに複数のラベルを貼ります。これで、一つの写真が色んなグループに属す事になり、旅行というラベルを選択すると旅行に関する写真がどのフォルダにあるのものでもズラッと表示されます。
この機能、一度実感すると、感動物ですよ〜!
ただ、Gmailと違って、Picasa2は、PCの乗り換えなどはどうなるんでしょ?

スターとは、マーキングです。
ラベルと同じですが、1種類しかなく、一時的なチェックの使います。これで検索も可能です。


また、検索には期間検索があり、バーを左右させて今日から2日前まで、1年前まで等を検索出来ます。コレも素早い操作なので、最近、どこかに保存したファイルはドコに・・・?というのも一瞬で解決でした。


基本的に画像管理ですのですが、このようなスナップ写真のように合成したり、写真を並べてスクリーンセーバーやムービーを作ったり、HTMLによるリスト表示、ギフトCDというスライドビューア内蔵CDも作れます。
050920_picasa22.jpg


また、Gmailやメールソフトによる画像の送信も可能です。そのまんま添付して送信なのがちょっと残念です。デジカメなどはJPEGが中心なので困る事は少ないでしょうけど。



さて、逆に残念だと思ったのは・・・

サムネイルの管理の仕方はフォルダ単位なのですが、ドコのフォルダかまでは判断しづらく、そのフォルダ名のみです。C:\DATA、C:\Check\DATA、C:\CG\DATA のフォルダは、表示上、全てDATAというフォルダ表示になります。サムネイルで「CTRL+エンター」やフォルダアイコンのクリックで、そのフォルダがエクスプローラーで表示されます。


通常では非常にフォルダが多いため、主に検索して使うと思います。右上の検索ボックスにフォルダ名かファイル名を入力して検索します。コレクションという単位でフォルダを管理するようなのですが、サブフォルダも一個ずつ選択が必要なので、とんでもない数のフォルダが表示されて、なかなか難しそうです。


全HDDの総スキャンは一回切りで、あとはデスクトップやマイドキュメントのみが常時監視になります。ツール→フォルダマネージャーで、起動時・起動中の常時監視が追加出来ます。もう一度HDD内の総チェックが必要な時の方法がなさそうなので残念です。


画像編集機能もありますが、あくまでも画像管理。このソフト内での表示が変更されるだけで、元ファイルに変更はありません。



何はともあれ、一度はインストールしてみると楽しいですよ?
滅多に使わないようであれば、全てを常時監視にすればPCの画像・動画ファイルが起動時に常に全て検出できているので、便利ですよ〜。

また、なんせ主な形式の画像を総スキャンです。「車両盗難にあったシビック」等の懐かしい写真まで出てきて、古傷が痛むほどです(ノ_・。)
posted by 藍旋 at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

2005年09月20日

Operaがフリーでも広告なしに

タブブラウザー「Opera」が、フリーでも広告なしとなりました。

 Opera無料版から広告撤去 (ITmedia)

No ads. Better browsing.


最新版は、Opera 8.5 になり、今まであったブラウザの上にある広告が消えました。
これで、邪魔に感じる事もなくなり、使う気も増えたんじゃないでしょうか?

また、有料版はのこっていますが、こちらはサポートが手厚くなる「プレミアムサポート」です。価格は改定?するらしいです。


私がOperaをオススメする主な理由は、セキュリティ的に強いのと、描画速度が早い事。どうして強いかというと・・・下の記事を見て下さい。


Operaの導入とブラウザ能力の比較
IEとFirefoxとOperaで、メモリ消費の比較と描画速度の比較を行っています。

いきなりOperaのキーを紛失
IEとFirefoxとOperaで、印刷結果を比較しています。


私は今のブラウザに満足してるから、イラナイ!という人も、是非、インストールはしてみて欲しいです。どうしてかというと・・・Operaは画像も音楽もJavaScriptなど、一切を使わない設定にしちゃうのです。

例えば、こんな風に設定を外します。
Operaのメニューのツール→設定で設定画面を開き、「ウェブページ」タブの画像を表示しない、「詳細設定」タブの「コンテンツ」を開いて、GIFアニメーション・サウンド・JavaScript・Java・プラグインなどを外し、「Cookie」を開いてCookieを受け入れない、「ネットワーク」を開いてオートダイレクトを外します。


そして、普段使っているブラウザでネットを見ていて、掲示板などでリンクが安全かどうかわからない場合は、Operaにそのアドレスをコピーして見てみるのです。アダルトなどで危ないサイトだったら、メインのブラウザではみない、ですね。

「いやいや、Sleipnirとか使っていて切り替えるからイラナイ」という人も、中身はIEを使っているため、設定だけでは確実に安全とは言えないのです。IEがHTML文書を画面に表示する事自体のバグを狙うのだってあるのですから。そういう時に、Operaなら大丈夫などがあるからです。もちろん、Operaが安全とは言い切れませんが、同じように最小限の読み込み設定にしているなら、Operaの方がより安心だからです。


但し、あくまでも、Operaが最新版であればより安全、なのです。
Operaのメニューのヘルプ→最新のリリースをチェックで、たまにチェックしましょう。


また、日本語サポートとしてlivdedoorが代理店を務めていましたが、今後はコチラのサポートになります。



ところで、8月30日にOperaの無料ライセンスキーを配っていたのは、もう広告無し版をリリースするつもりだったんでしょうね・・・話題作りに踊らされたと思うとくやしーかも。でも、それが理由で色々と試したので、良かったのかな?

私が「Operaのアファリエイトについて」で、アファリエイトによるOperaの無料ライセンスキー取得を目指そうとしたのも、あまり意味がない事に。ですので、バナーは消しちゃいます。もともと、アファリエイト等のバナーとか嫌いなので。
posted by 藍旋 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(11) | ソフト・ツール紹介

Google Earthで遺跡を発見!

ビックリです! あの「Google Earth」で、イタリアの新しい遺跡を発見しちゃったんですから!

 Google Earthで古代ローマの新遺跡を発見 伊 (X51.org)

 Enthusiast uses Google to reveal Roman ruins (news@nature.com)

 Google Mapsにて(44.881722, 10.423450)


経緯は、イタリア人が自宅周辺を何気なく見ていると、全長500mぐらいの楕円形の影が見えたというわけです。

050920_roman1.jpg

この影の正体は古代の川の跡だったらしく、そのような古い水流跡は、他の地盤よりも空気中の水分をより多く吸収するため、目に見える痕跡となったそうです。畑か何かちゃんと整備しているように見えるので、直接目で見ても判らず、写真で見る場合に光の具合が違う・・・陽炎が熱による空気密度の違いなら、これは空中の水蒸気密度というわけなんでしょうね。それもある程度の高度をもって見る事により、より多くの空気の層を通過するために揺らぎが大きく見えているのだと思います。


そこでさらに、その側の長方形の影に注目し、パルマ考古学博物館の専門家や考古学者達に連絡をとり、それが遺跡である事を発見したようです。陶器が出土し、ローマ時代の住居跡となったようです。


残念ながら、コレ!というハッキリした画像をアップされているわけではないので、これかな?というのを見てみました。

050920_roman2.jpg

近いと、全然判りません。。。微妙に黒いだけです

050920_roman3.jpg

もっと上空から見ると、不自然に見える気がします。やっぱり、コレですよね?


普通の人なら、これはタダの影と思って気にも留めないんですけど・・・驚きですね。少なくとも、専門家に尋ねる勇気なんてないです。
明暗に見える理由が、川はまだわかるんですが、住居跡はよくわかりません。明るいところより多くの水を含み、暗い場所は水が少ない・・・住居跡があるために土壌の層が少なくて水分吸収が少ないから暗い、なのでしょうか?



Google Earthで、マチュピチュとか探しちゃいましたけど、実際に新しい遺跡をコレで見つけた人がいるのはビックリです。ちなみに、単純に地図を見て発見は基本的にあり得ません。そういうのは既に軍がやっていますので。この人のように、何かを感じないと!その微妙な違いを読みとり、疑問に思うのが大事なんでしょうね。



折角ですので、Google Earthの面白マップといえば、やっぱりココらへんですよね。

 激しくお勧め! Google Earth (google map)

 Google Earth 観光案内


よく見えるヴェルサイユ宮殿からルーブルから、不明細でよくわからないマチュピチュ、トロイの遺跡まで様々紹介しています。 さらに偶然に撮れている山火事、セスナ、戦闘機、ステルス爆撃機、未確認飛行物体?まで、様々! 元祖ディズニーランド、東京ディズニーランド、ユーロディズニーランド、香港ディズニーランド(造成地状態ですけど)と、サイズ比べして浸るのも良いかも知れません♪


色々と思いを馳せると楽しいですよ〜♪
ヴェルサイユ宮殿の巨大さを見ると、革命を起こす理由がよくわかります。人が苦しんでいるのに、この巨大な宮殿はないよね??


【追記】
Google Earthの遺跡をkmzファイル(場所指定ファイル)を追加しました♪(05.12.20)
Google Earth遺跡位置ファイル (ge_Italy_remains.kmz)

上記のリンクをクリックすると、Google Earthがインストール済みの場合はGoogle Earthが起動して表示されます。未インストールの場合はファイルを保存して、Google Earthにドラッグ&ドロップや、File → Openで見ることが可能となります。
posted by 藍旋 at 07:31 | Comment(6) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

2005年09月19日

KINGSOFT Internet Securityでフリーズ?

キングソフトより100万本1年間無料のウイルス対策ソフトがリリースされ、「1年間無償の中国製ウイルス対策ソフトを体験」で、KINGSOFT Internet Security 2006 をインストールしてみましたが、先程、アンインストールしました。

理由は、ログイン途中でフリーズして先に進まなくなったからです。


電源を入れてログイン画面の「ようこそ」画面からログインして、ユーザの画面が表示されている途中でそのまま反応なしです。タスクマネージャーを立ち上げようとしてもムダで、仕方なくリセット。さらに2回ほど同じ処理をしてもダメで、リセット。ここで気付いたのが、なぜかリセットを押しているのに、「正常に終了しなかったのでセーフモードで立ち上げますか」の画面が出てこなかった事。なんだかおかしいです。

Administaratorでログインを試みるも、同じ症状でリセット。

スタートアップで何かがおかしく?と思ったので、シフトを押しつつ起動してスタートアップのキャンセルを試みるもダメ。レジストリのスタートアップは対象外だったと思いますので、やはり、KINGSOFT Internet Security自体がダメなのかも、と。

結局、セーフモードで起動させ、プログラムの削除でアンインストールを行って再起動すると、普通に起動するようになりました。


PentiumIIIという古い機種なのもあり、基本的には終了は休止状態(ハイバネーション)で済ませていたので、発見が遅れたのかも知れません。ハイバネーションを繰り返すと、良い影響を与えないのかも? 結局は、avast! 4 Home Edition ZoneAlarm の組み合わせになっちゃうんですね。


とりあえず、こういう現象が発生してアンインストールで治りましたという事のお知らせでした。
posted by 藍旋 at 23:20 | Comment(4) | TrackBack(7) | ソフト・ツール紹介

2005年09月17日

1年間無償の中国製ウイルス対策ソフトを体験

中国のキングソフト社より、アンチウイルス・ファイアウォールソフトの「KINGSOFT Internet Security 2006」(キングソフトインターネットセキュリティ2006)の提供を開始しました。9月14日より提供開始し、100万本までは1年間無料で使え、継続利用するには年間980円で済むという激安ソフトです。対象は Windows XP/2000/Me/98SE 。

 1年間無償で使える中国製ウイルス対策ソフト、100万本をダウンロード提供 (INTERNET Watch)

 100万本無償ダウンロード実施中!(キングソフト)

 中国のキングソフト、日本の個人向けセキュリティ市場に参入--100万本無償提供(CNET Japan)


100万本以降は6ヶ月後間無償の後、年間980円で継続となるので、今回のキャンペーンは無償期間が半年間延ばしたわけです。

ダウンロードして、インストールしてもメルアドなどの個人情報の入力はありません。1年間無料と判断するのは、初めてのアップデートで1年間無料で使えると判断されるのです。つまり、2ヶ月後にPCの再インストールをすると、また1年間無料を申請となります。100万本無償が終わった直後に再インストールすると、パァなんですね(笑)



このソフトは、ウイルス対策「KINGSOFT AntiVirus 2006」、ファイアウォール「KINGSOFT Personal Firewall 2006」、スパイウェア対策「KINGSOFT AntiSPY 2006」、個人情報流出対策のセットです。最近よくあるパッケージ構成ですね。

折角ですので、2台目のPCにインストールしてみました。
元々入っていたのは、ウイルス対策「avast! 4 Home Edition」とファイアウォール「ZoneAlarm」です。両方ともフリーソフトです。

そのままインストールしようとすると、インストール途中で「ZoneAlarmを削除しないとインストール出来ません」とメッセージが出て、インストール失敗しました。削除すると、インストールが進みました。ホントは、ウイルス対策ソフトの方が、良くないんですけど。。。


インストール直後に、アップデートを推奨されます。アップデートはまだ出荷して間もないためか、一瞬でした。このアップデートを行う事により1年間の無償となります。

050917_kis02.jpg
画像の赤丸に囲まれた2つのアイコンが出てきます。ちなみに、右端のは「avast! 4 Home Edition」をリアルタイムスキャンを切った状態で置いている状態です。


アイコンを開いて、更新期限を確認しました。1年間使えるようになったみたいです。
050917_kis01.jpg


ウイルス対策「KINGSOFT AntiVirus 2006」は、専門家じゃないのでダミーウイルス等を使って検出精度を試せれませんし、インストールしたままになっている avast と、スキャン速度を見てみました。対象フォルダは、109MBの2080ファイルで、PCのスペックはPentiumIII の、768MBのメモリーと旧型です。メインPCはNorton Intenet Securityなのですが、流石にスペックが違うので。。。
050917_kis03.jpg


完全スキャン速度結果は以下の通り

avast!は、1分20秒
KINGSOFT AntiVirusは、48秒
050917_kis04.jpg (KINGSOFT AntiVirus)

速度を見る限りは、キングソフトの方が早そうですね。このテストでは精度が判りませんので優秀ですとは言い切れませんが、体感で早いと思いました。

最近はIM(インスタントメッセンジャー)でのウイルスなどが広まっています。もし、使われるならこの設定をオンにしておいた方が良さそうです。KINGSOFT AntiVirusのメニューより、下記の写真に従って、ウイルス防御設定のユーザ定義を開きます。ここにある、「インスタントメッセンジャープラグインウィルスガード」をチェックしましょう。まだ、ICQ と MSN しかサポートしていないのがちょっと残念です。
050917_kis07.jpg
050917_kis08.jpg
050917_kis09.jpg

また、ウイルス定義は1日3回、緊急を要する場合は別途アップデートするとの事です。新しいウイルスへの対応は早そうですね。



ファイアウォール「KINGSOFT Personal Firewall 2006」は簡単で、アプリケーションがネットワーク通信を行うたびに、このような画面が出てきます。
050917_kis05.jpg

自分が通信をしようとしてるので、許可ボタンを押すとOKという仕組みです。いきなり知らないソフト名の通信が発生した場合は、禁止ですね。そのままですと、何度も通信の度に出てくるので「以降は全て今回の方法に従って操作します。」にチェックを付けます。知らないソフトの場合、とりあえずこのチェックを付けずに様子を見て、良くないと確信したらチェックを付けましょう。

どうでもいいですけど、ZoneAlarmのファイアウォール設定の画面と似てる気が・・・気のせいです?


また、ファイアウォールには「共有の管理」という画面があり、これは他のソフトにはないかも?と思いました。
050917_kis06.jpg

これは、そのPCがネットワークに公開(共有)しているのを一覧化します。そして、そのフォルダがどういう権限で公開しているか判ります。これがEveryone、つまり誰でもOKになっているので、LANのネットワークにまで侵入されると、ファイルを触りたい放題になっていますね。ちょっと権限変更しないと・・・。ウイルスなどが勝手に共有公開してる場合に有効そうですね。・・・個人でこの画面を頻繁には見ないでしょうけど。

また、誰がアクセスしているか、そのログインユーザ名とIPアドレスが表示されました。不特定多数のLANに繋いでいる場合、こういう機能は有り難いです。会社などでもいつの間にか勝手に覗かれているとかあるので、手軽にチェック出来るこういう機能はありがたかったりします。

特に、無線LANに自信がない人はこの機能をたまに使うと良いと思います。いつの間にか無線LANを使われて覗かれているというのがありますので。ただ、私は無線LANを使った事がないので、今の製品はデフォルトでドコまでやってくれるのか知りませんけど。。。意識は重要ですよ、と。



スパイウェア対策「KINGSOFT AntiSPY」には、スパイウェアの検出・削除以外に、現在動いているプログラム(プロセス)一覧や、起動時にどんなソフトが立ち上がるかの設定、システム修復の機能があります。

スパイウェアが別にあるということは、別にスキャンする必要があるんですね。ノートンとかは一緒なので、ちょっと面倒です。もっとも私は「Spybot - Search & Destroy」と「Ad-Aware」を、交互に使っていますけど。。。


プロセス管理画面は、どんなプログラムが動いているかを調査する画面です。
050917_kis10.jpg

Windows タスクマネージャと同じように、動いているプログラムが見れます。アプリケーションはタスクバーに見えるようなソフトだけですが、プロセスとは実行されている全プログラムです。ウイルスなどは影でコッソリ動くので、こういうプロセスでみると確認出来たりします。

これのポイントは、ドコにそのファイルがあるか、どの会社が出しているかを確認できることです。動作が不安定な時などに、怪しげなファイルはどこにあるか、そのファイルは聞き慣れない製造元なら、怪しいので調査してみようとなるのです。


スタートアップ画面は、Windows起動時にどんなプログラムが実行されるかを調査・設定する画面です。
050917_kis11.jpg

Windowsの起動時に、スタートメニューのスタートアップに入っているプログラムだけが動くわけではありません。実際には、レジストリというWindowsの設定集にも、多数のスタートアップが登録されています。これでスパイウェアなどが起動時にスタートアップなどしていたら、起動しないように設定できるわけです。


システム修復画面は・・・あまり使い道がなさそうな?
050917_kis12.jpg

スパイウェアが勝手にIEのホームページを置き換えるとかあるので、それを修正でしょうか?あまり使い道が判りませんでした。ウイルスでハードディスクのドライブを非表示にするとかあるのかな??



使ってみて、結構良いソフトだと思いました。

ウイルス対策ソフトで一番大事なのは「ウイルスの検出率」ですので、一概にバッチリとは言えませんが、検索速度も速いですし、定義更新が早いため新種ウイルスの対応速度も早そうですよね。ファイアウォールの設定方法も簡単で、最近の機能が揃っていると思います。何よりも、非常に安いです。ノートン等の初期購入費だけで、6年以上使える計算になります。

その反面、ウイルス定義の更新回数の多さは先日のトレンドマイクロ社のウイルスバスターの暴走事件のような、チェックの甘さに繋がるかもと危惧しています。また、検出率が低いようでは、あまり意味がありません。また、日本では新興だけに、日本独自のウイルスへの対応具合もわかりません。これは、大きな問題になりかねないので、注意が必要です。

私としては、2台目以降に良いかもと思います(それこそavast!やZoneAlarmが良いような?)。メインのPCにする場合も、少し、様子を見た方がいいかもしれませんね。感染した場合の被害は大きいです。安さだけでは判断が難しいです。


【追記】
このソフトを標準インストール時に、「JWord」がインストールされます。但し、カスタムインストールでインストールせずに済むようです。

ブラウザのアドレス欄に日本語を入力すると検索がJWordを通して出来るようになります。IEだけと思いましたが、Firefox版など色々と種類があるそうです。メーカーPCによっては最初からインストールされています。

これには「CnsMin」というのが使われており、スパイウェア対策ソフトによってはスパイウェアの「Browser hijacker」の一種として検知されます。最近では有害ではないと和解が進み、検知されないソフトが増えています。私としては、この会社の強引なやり口(サイトを訪れるだけでインストールを勧めてくる事も)は好きではなく、削除しづらいなどもあります。

ただ、無害として和解が進んでいるとおり、便利ですし、悪いとは一概に言えません。インストールするかどうかは自己判断でお願いします。


【追記】
KINGSOFT Internet Securityでフリーズ?」で、私の環境では起動不能になる不具合が発生してアンインストールしました。不具合報告をブログでよく見かけますので、ちょっと微妙ですね。インターフェースなどは作りがいいので、バージョンを重ねれば良くなるかも?
posted by 藍旋 at 17:25 | Comment(8) | TrackBack(9) | ソフト・ツール紹介

2005年09月14日

Googleの地図強化と地図比較

Googleの検索機能に、地図のダイレクトリンク機能が追加されました。例えば、国会議事堂の住所「東京都千代田区永田町1-7-1」を入力すると、最初のページのトップに、Google マップのアドレスが表示されて、すぐにアクセス出来るという仕組みです。

 グーグル、検索機能に地図のダイレクトリンクを追加 (Japan Internet.com)


うんうん。Googleのトップで入力→結果表示→クリックで地図が出てくるのは、楽ですね♪ 但し、住所は丁目・番地ぐらいまで入力しないと出てこないようです。

私はそれまでYahoo!の地図などを利用していましたが、少しばかり困るのが、Yahoo!のトップページで地図のリンクを見つけるのに少し手間取る、でした。ポータルサイトに機能がふえるほど、こういう経験増えていません? あんまり使わない機能だったりすると、ドコにあったかな・・って。そういう手間がなく、いきなり出来るのは嬉しいです。


また、Googleではハリケーン「カトリーナ」の被災者探しのために、人名入力でその人の情報を得られるというカトリーナ専用Googleです。この検索はカトリーナ関連サイトのみを検索しており、「トーマスさんを捜しています。私の電話番号とメルアドはここなので連絡下さい」等の情報が見れました。こういう情報を後で悪用しようとする人が居そうなのが、悲しいですけど。。。

他にも、GoogleMapsでは、カトリーナの被害状況を被災前と被災後を見比べる事が出来ます。例えば、この地図では、河に「向かって」水が流れているがわかり、どれほど住宅地に水が滞っているかが判ります。Google Earth等でも同様のサービスがあるそうですが、私は英語だったのでよくわかりませんでした。


こういう細かい使い勝手の良さや、素早い対応がGoogle好きなんですよね。ちなみに、MSN Virtual Earth で、同じ場所を表示しましたが、やはり何もありませんでした。Googleの対応が珍しいだけなんですけどね!



さて、ここで地図比較です!
ポータルサイトでは、地図サービスがよくあります。対象は11のポータルサイトで、少し調べました。

Googleの今回のようないきなり検索が出来るか、試してみましたが、ダイレクトリンクはGoogleのみでした。
後は全て、まずは地図のページに移動してからの検索です。infoseek等で、丁目まで絞り込んだ結果が出てきました、よく見ると、地図サービス「マピオン」の結果が見えていただけでした(*ノノ)


各地図サービスを開いてみると、主に3つの地図会社のサービスの提供を受けているようです。同じ地図会社の場合(Google, Goo, infoseek)、同じ住所を検索すると同じ結果が出るようです。つまり、縮尺や地図の表記が一緒ということです。

【ZENRIN 系】
 Google
 goo
 infoseek

【Alps Map 系】
 Yahoo!
 excite
 so-net
 AOL

【INCREMENT 系】
 MSN
 livedoor
 OCN
 @nifty


地図会社の違い

【ZENRIN 系】
住所の検索で、丁目・番地・号で、ピンポイント表示されます。都市部も田舎も、比較的細かい地図が出てきます。Googleは若干、縮尺が違って粗めです。銀行やホテルなどが判りやすいアイコン表示。

【Alps Map 系】
住所の検索で、丁目・番地までが基本で、号は場合によっては出てきますが、さらに号を指定するクリックが必要でした。都心部では非常に細かく、田舎では縮尺が粗いです。都市部でも少し離れると縮尺が大きくなるのが残念です。

【INCREMENT 系】
住所の検索で、丁目・番地・号で、ピンポイント表示されます。都市部も田舎も、比較的細かい地図が出てきます。田舎の細かい住所では検索出来ない事も。



ポータルサイト別の違い

Google
マウススクロール移動あり。検索内容がGoogleに直結しており、目的地によってはURLやTELが表示される。場所のURLを作れる。

goo
マウススクロール移動あり。カーナビのようなルート検索が出来て、距離も測れる。右折地点等のリストが付き、その地点の地図も印刷される。画面内のお店などの案内機能がある。場所のURLを作れる。

infoseek
マウススクロール移動あり。待ち合わせ機能があり、場所や時間、メッセージを添えたアドレスを作れる。1ヶ月間保存されるらしく面白いけど、コレには印刷機能がないため、印刷して持ち歩けないのは頂けないかも。携帯用のURLを作れる。

Yahoo!
Yahoo!IDを持っている人は地図を100カ所登録出来る。場所のURLを作れる。

excite
メモ欄があり、簡単なメモを入力して印刷することが出来る。機能が少ない。

so-net
あまり特徴無し。場所のURLを作れる。

AOL
あまり特徴無し。場所のURLを作れる。

MSN
場所のURLを作れる。また、一カ所のアイコン付でもURLを作れる。

livedoor
マウススクロール移動あり。カーナビのようなルート検索が出来て、距離も測れる。一部、航空写真が見れる。メールで直接URLを送れる。livedoor IDを持っている人は地図を100カ所登録出来る。

OCN
あまり特徴無し。

@nifty
あまり特徴無し。



私のオススメ
gooが一番使い勝手がよいと思いました。あとは、google、livedoor、infoseekと思いました。

gooは、マウスで操作出来て、アイコンで銀行などが確認出来ますし、ルート検索も可能。さらに天気や最寄り駅も検索出来ると、ここにある地図全ての機能がほぼ揃っています。私のような方向オンチには、精度は判りませんが、このルート検索機能はスゴイと思いました。曲がる場所の地図が出るのは圧倒的です。ただ、クルマで移動する場合には小さい地図なので頼りないですね。良好などの場合は、助手席の人が普通の地図を見つつgooの印刷結果と見比べて案内でバッチリです!

コレが、大阪駅からUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)へのルートの結果でした。
(PDFファイル) 050914_goomap.pdf


googleは、その検索窓の柔軟性と、マウススクロールとホテル等のアイコン表示の便利さ。

livedoorは、マウススクロールと他のINCREMENT系にない銀行やコンビニのアイコン表示。livedoorのみ、ホイールで縮尺を変更出来ます。

infoseekは、マウススクロールと待ち合わせ機能。アイコンで場所を細かく指定出来て、メッセージも添えれるのは便利です。1ヶ月のみ有効なので、ふと思い出した時に再利用と思っても使えないのは残念。


便利な地図サービス、意外に特徴があるので、使ってみてください♪



【追記】
Google マップ & ローカル

食べログ.com + Google Maps
posted by 藍旋 at 23:28 | Comment(2) | TrackBack(3) | ソフト・ツール紹介

2005年09月13日

Operaのアファリエイトについて

ブログ右上に、WEBブラウザ「Opera」のバナーを付けさせて貰っていますが、その説明を。
Download Opera



いきなりOperaのキーを紛失」で書かせて貰っていますが、Operaの無償ライセンスキーをゲットしたのですが、いきなり紛失してしまいました。

そこで、Operaは、バナークリックアファリエイトというものがあり、バナーを250クリック(異なる250人がクリック)されることにより、無償でライセンスキーが貰えるという仕組みがあります。これを利用して、ライセンスキーをまたゲットしようと考えました。
Download Opera



ですが・・・なにやら、うまくこの機能が動いていないらしく、ちゃんとした説明が書けずにいました。そこで、状況説明を。


ちょうど登録しようとした頃に、それを管理するOperaのコミュニティーサイトがリニューアルしました。Opera-PukiWikiPlus! さんのアファリエイト説明をみると、このサイトに自分のページを登録して、アファリエイトバナーを貼り付けるだけらしいのですが、説明を見ていると、詳細が微妙に変わっているのです。

とりあえず、何とかかんとかバナーを設置したのですが、マイページのカウンターが見えません。一応、全員のカウンターの一覧(1万人に及んでました)は見れたのですが、検索出来ないため、まともに探す事も出来ません。と、思っているうちに、そのページが存在しないという状態に!! どうやら、サイトのその機能が壊れたか停止かで、止まっているようです。


先日の「Operaの導入とブラウザ能力の比較」で、TBさせて頂いた「ふりむんのひざまずき@沖縄」に、助言をお願いしたところ色々と教えて頂き、「私のポイントは残り6クリックのまま停止してます」との事。。。(p_q)


なので、ちょっとOperaでのバナークリックは意味がない状態になっています。
でも、復活を祈って設置しています。バナー嫌いな人、ゴメンナサイ。私も大嫌いなんです。。。ですが、私の記事やお勉強のために、取れるまで我慢してください!
実は、トマログさんにライセンスキーを頂いたんですけどね。アファリエイト等で得たライセンスキーは、譲渡可能なんです。仕事で使うPC用にという意味も兼ねています。




余談ですが、「ふりむんのひざまずき@沖縄」さんが今回の話しに関する記事をアップされており、「てぃーだブログではOperaが使い難い」との事。ちなみにてぃーだとは沖縄弁で太陽の事らしいです。

あ、そういえば・・・私のSeesaaブログでは、Firefoxが使いづらいんです。

記事を書く時に使うページはこんな風になっています。
050913_seesaa.jpg

太文字にしようとか、リンクを貼ろうとすると、記事を書くスペースの一番上にスクロール移動しちゃいます。


そこで、また比較デス。
文字を太文字にする「文字装飾」、画像ファイルを置くという「画像設置」処理を行いました。動きがよければ○、悪ければ×です。

IE
・文字装飾:○
・画像設置:×

Firefox
・文字装飾:×
・画像設置:○

Opera
・文字装飾:○
・画像設置:○

あらら。またOparaが良い結果に。
IEは、画像設置をしようとすると、必ず文章の一番上にその文章が書かれてしまいました。私はいつもエディタソフトで文章を書いていて、画像設置の文章だけを貼り付けて、記事を書くスペースで文字装飾をして投稿しています。Firefoxは、太文字などにすると、必ず文章の一番上にカーソルが移動してスクロールします。結構致命的で、やりづらいです。一番素直だったのがOpera。文句なしでした。


比べてみると、たかだかWEBブラウザ、されどWEBブラウザです。細かい点で違うモノですねぇ!
posted by 藍旋 at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

2005年09月07日

ファイル復旧ユーティリティ「復元」

ファイル復旧ユーティリティってなーに?
簡単に言えば、ごみ箱から消したファイルを復活させるソフトの事です。


Windowsのファイルは、普通、不要になったらごみ箱に捨てます。ゴミ箱のファイルは簡単に元に戻せますよね。これは、ゴミ箱にファイルを移動してるだけだからです。必要になったら、元の場所に戻すだけです。

じゃぁ、ごみ箱を右クリックして「ごみ箱を空にする」と? ごみ箱に入っていたファイルが消えてしまいます。と、思いきや、実際の所は、すぐには消えていないのです。見えないけれどもディスク上にはちゃんと残っていて、新しいファイルが出来たら、上書きされて本当に消えるのです。


そこで使うのが、ファイル復旧ユーティリティ「復元」で、「見えないけれどもディスク上にはちゃんと残っている」ファイルを、見えるように出来るのです。これで発見したファイルを、見える位置に移動させるのが、このソフトなのです。


但し、万能ではありません。
先に書いたとおり、新しいファイルが作られたりすることにより、ドンドンとファイルが上書きされて消えていきます。特に、インターネットのキャッシュファイルがあるドライブは、ハイペースでファイルが上書きされていきます。標準では、デスクトップ上のファイルも、キャッシュファイルもCドライブですので、Cドライブのファイルの復旧は思った以上に失敗する可能性があります。

また、ファイルが消えて困ってから、このファイルをDLしているうちに、ドンドンとインターネットのキャッシュが貯まります。また、このソフトは圧縮ファイルでダウンロードするため、解凍する必要があります。つまり、こういう作業をしている間にもドンドンとファイルが上書きされて復旧する可能性が減っていくのです。

問題が起きていないうちに、解凍しておいておく事をお勧めします。また、インストール不要で解凍しても500kb程度と小さいため、フロッピーディスクに置いておく事が出来るほどコンパクトです。



「復元」の画面サンプル (クリックすると拡大表示されます)
050907_rest.jpg

これは、私のEドライブの完全削除済みのファイルを表示しているところです。ドライブ単位で検索します。

ファイル名に含まれる文字列で検索する事が出来ます。今回はJPEGファイルを検索するといことで、「JPG」で検索しました。これは正規表現による検索は出来ません。とりあえず全部表示の場合は、ココは空白のままです。

あとは、「削除ファイル検索」ボタンでファイルを検索して、リストに出てきたファイルを選んで、「コピーして復元」ボタンで、復活させる事が出来ます。



他にも、ソースネクストの1980円シリーズで「救出ファイル復元」等があります。こちらは、画像ファイル(JPEG・BMP・GIF)の内容をみて復活させる事が出来ます。デジカメのファイルは連番のファイル名が多いので、そういう時に良いですよね。市販ソフトは、他にもあり、Wordの内容が見えるモノなどもあります。


実際の所、コレを使う時は、消してはいけなかったファイルを間違って消しちゃった!の時が多いので、焦る事が多いです。一度、試しに使ってみる事をお勧めします。



ところで、私のブログの画像が小さくて見えないのがよくあると言われました。クリックすると、別画面で拡大されるのを知らなかったようです。拡大出来る画像は「クリックで拡大」とか書いた方がいいんでしょうか??
posted by 藍旋 at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・ツール紹介

2005年09月06日

いきなりOperaのキーを紛失

とほほ・・・先日、Operaの無料ライセンスキーを手に入れたのを、いきなり紛失しちゃいました。

貰えるライセンスキーって、WEB上で表示されただけなんですよね。その画面をPDFで保存して、とりあえずデスクトップに置いてOperaのファイルをダウンロードしたのと一緒に保存しようと思っていたんです。

で、先日の「Operaの導入とブラウザ能力の比較」を書いている時に、ブラウザ毎の印刷結果をPDFで確認していて、そのファイルをデスクトップに置いていました。著作権絡みもありますので、他のWEBページを印刷するわけにはいかず、私のブログを印刷しようとしたんですけど、ちょっとレイアウト上の問題があり、印刷結果の比較には使いづらく、やめちゃったんですよね。


そういうわけで、不要なテスト結果のPDFファイルを削除しました。
「デスクトップに保存しておいたライセンスキーのPDFファイル」も一緒に。


ちゃんと整理しようとしたころには、もうキレイさっぱりです。念のために、ファイル復活ユーティリティ「復元」を使ってみましたが、既にディスク上から消滅していました。もう、ガッカリです。。。


Operaの英語サイトでは、ライセンスキーの再発行があるのですが、今回の無料ライセンスキーは対象外なのか、それとも、ちゃんと登録が出来ていなかったのか、再発行に失敗してしまいます。それがまた、とっても痛いんです。。。もしかすると、別途、Operaのコミュニティーに登録しないとダメなのかも、です。念のために、今回ゲットした人は、試した方がいいかも?



折角なので、今のブログの状態で印刷結果をアップします。
印刷条件は、デフォルト基本で、「Adobe Acrobat 7.0 Standard」というPDF作成ソフトの結果で試しました。PDFに出力なので、完全に印刷結果と同じであるとは言い切れませんが、ほぼこんな感じで印刷されます。

ただし、このブログはレイアウトがサイズ指定が細かいなど、妙に形式張ったスタイルを採用してしまっていて、サンプルとしては良くないのかも知れません。どんなHPやブログでもこのような結果になるとは限らない事を念頭にいれて参考に見て下さい。

IEの印刷結果 (PDF出力)

Firefoxの印刷結果 (PDF出力)

Operaの印刷結果 (PDF出力)


これがまた、Operaが優秀でした。

IEは、致命的な事に、右端が切れていて表示無しです。
文字の大きさなどを基準に考えているためか問答無用です。これは、文章として全く読めない可能性もあるので、非常にマズイと言えますよね。私のブログの横幅は840ドット程度なので、1024 x 768 の画面サイズ(XGA)だと余裕なのですが、それでも表示しきれないって・・・

Firefoxも、長い文章だと痛いです。
こちらはちゃんと横幅全てを表示していますが、5ページ目以降をみて頂くと、右にずれていくのが判ります。8ページ目には文章が途切れていきます。これは酷いですね。もっとレイアウトに柔軟性のあるサイトならキレイに印刷できていたかも?

Operaは、一番キレイでした。
横も途切れず、最後までレイアウトが崩れていませんでした。画像の印刷もデフォルトでもだいぶ出ています。


うーん、思った以上に、Operaってイイ出来なのね。。。余計にキーの紛失が悔やまれます。。。
posted by 藍旋 at 14:57 | Comment(6) | TrackBack(2) | ソフト・ツール紹介

2005年09月02日

Operaの導入とブラウザ能力の比較

8月30日に、WEBブラウザ「Opera」が、発足10周年ということで、1日限定で無料でOperaのライセンスキーを発行していました。スイマセン、1日限定なので、すでに終了しています。

私が最初にトマログさんで知った時は、既に31日の夜で、こんなのありましたよ!と伝える事が出来ず・・・です。

 Opera、10周年記念でブラウザ広告削除コードを無料提供(ITmedia)


日本語版はlivedoorが販売しており、ダウンロード販売で5040円となっています。それがタダなのは美味しかったです♪試用版として無料で使い続ける事も出来ますが、その場合、バナー広告が表示されます。その程度の違いだけですので、バナーが常に表示される煩わしさを我慢すれば使えますよぉ。



Operaの特徴は、軽量快速のタブブラウザで、独自の高速ブラウザエンジンを持っているという事です。また、幅広い対応OS(Win/Mac/Linux/FreeBSD/Solaris)です。

Operaはタブブラウザという概念を世に知らしめた存在で有名です。もっと前からタブブラウザの概念はあったのかも知れませんが、有名にしたのは間違いなくOperaだと思います。私が最初に知ったタブブラウザはOperaでした。

メモリ容量も比較的小さいのが特徴です。DLするプログラムの大きさも小さいですけど(Opera8.01で3.7MBぐらいでした)。
ちょっとIE と Firefox と Opera で比較を。
同条件は私の環境では難しく、IEはMSNツールバーでタブブラウザ化を、FirefoxはSafe Modeで拡張機能で追加したプラグインを使わない状態で比較しました。

起動初期時
IEは、27.3MB
Firefoxは、23.9MB
Operaは、19.4MB

10個のタブを表示時
IEは、74.6MB
Firefoxは、43.7MB
Operaは、43.9MB


やっぱり、IEがダントツでメモリを使っていますよね。OperaとFirefoxは同じぐらいです。
「IEはMSNツールバーを入れてるから余計に大きくて当たり前!」ではなく、IEはタブブラウザ化しないと、10個のサイトを開こうとすると、10個分のメモリを使ってしますので、27MBx10個で、起動だけで270MB近くも容量を使う計算になります。この点で、タブブラウザにする効果が大きいのは感じれそうにないです?



ブラウザエンジンとは、サイトを表示するための中心となるプログラムの事です。
IEはIEコンポーネント、FirefoxはGeckoというプログラムを使っています。そして、Operaは独自のブラウザエンジンを持っています。ブラウザエンジンは表示だけが目的なので、他のブックマークを管理するプログラムなどが組み合わさって、ブラウザとして機能します。

そして、ブラウザエンジンの性能で、表示が早いなどが決定されます。
OperaはIEと比べて早いです。今の強力なPCでブロードバンド環境ですと、それほど感じないのは確かでしょうけど。。。


ここで、そのブラウザの処理能力の差をちょっと実験。
ブラウザの表示で差がよく出るのは、HTMLの「テーブルタグ」というのがあります。これは、ウェブ上でExcelのような表を表示する時や、レイアウトのために使ったりします。これが、ブラウザにとっては意外に処理能力を問われます。

そこで、「テーブルアート」というモノで実験しました。
テーブルというのは各マス目の背景色に色を付けれるので、これを利用して細かいマス目を使って絵にします。今回、「TableP」というソフトを使って画像ファイルを変換してましました。テスト比較は、ネット上のファイルではなく、PC上のファイルで比較しています。

【私の環境】
CPU: Pentium4 2.80GHz
メモリ: 512MB
グラフィック:NVIDIA GeForce FX5900XT 128MB

050902_ta1.jpg(7KB)
上記の画像テーブルアートにを変換したファイルがコレ(710KB)です。但し、ファイルサイズを見て貰うと100倍になって大きく、処理にすこし時間が掛かります。

IEは、6秒
Firefoxは、6秒
Operaは、3秒


050902_ta2.jpg(18KB)
上記の画像テーブルアートにを変換したファイルがコレ(2.1MB)です。但し、ファイルサイズが2MBと大きく、結果の通り、処理にかなり時間が掛かります。あまり開くのはお勧めしません。

IEは、74秒
Firefoxは、47秒
Operaは、8秒


正直、ビックリしました。これほど差があるとは、思いもよりませんでした。
時間は目でPCの時計を見つつなのでアバウトですが、大きいファイルでは顕著に出ますよね。また、Firefoxでは少し横ノビになる、IEでは大きい画像で下半分で色がおかしくなるというのが出ました。

もっとも、普段のWEBサイトでここまで無茶苦茶に使うのはちょっとありませんので、あんまり差は感じないと思います。



基本的に、ブラウザのセキュリティがなんちゃら〜・・・と言う場合、このブラウザエンジンのセキュリティ・ホールの事を指しています。
ですので、「IEにセキュリティ・ホールが発生」した場合、IEコンポーネントを使った製品はほぼ全てセキュリティ・ホールがあるという事になります。私が普段使っているDonutRAPTというブラウザは、IEコンポーネントを使用しています。

このブラウザエンジンは他のプログラムでも使う事ができ、例えば、日本で大きなシェアを持つSleipnir(スレイプニール)というブラウザは、IEコンポーネントとGeckoを使い分ける事が出来ます。つまり、IEにセキュリティ・ホールが出た場合、Geckoブラウザエンジンを使って、セキュリティ・ホールを回避出来ます。それでいて、ブックマーク等の使い勝手はそのままと、良い事づくめだったりします。

Operaは、IEともFirefoxとも違うので、この二つを対象にしたセキュリティ・ホールから回避する事が可能です。

実際の所、Operaは比較的安全と言えます。
なぜでしょう?それは、シェアが少ないからです。2005年7月のシェアです。

 IEの巻き返しでFirefoxがシェア減少に(ITmedia)

 IE      : 87.2%
 Firefox   : 8.07%
 Safari(Mac) : 2.13%
 Netscape   : 1.50%
 Mozilla   : 0.52%
 Opera    : 0.49%
 その他    : 0.09%


見ての通り、IEとFirefoxとMacのSafariだけで、98%をカバーしてしまいます。Operaは0.5%と、少ないのがわかります。
ウイルスや悪質な攻撃をする人は、昔のように愉快犯や力試しと違って、今はビジネスのためが大半です。

例えば、スパムメールを送るためのスパイウェアを感染させます。この感染させたPCを5000台、1時間で200〜300米ドルで貸し出す等のビジネスです。(参考:「スパム送信用“ボットネット”のレンタル料は1時間で300ドル」!)!)米MX LogicのCTO)また、直接、IDやパスワードを盗んで銀行やオンラインショッピングをしたりします。

そのため、Operaのような対象人数が少ないものよりも、非常に多いIEを狙います。元々、標準でないFirefoxやOperaをインストールする人は、それなりにPCを使う人なので初心者の率が低く、セキュリティ対策をしてる可能性も高いですしね。



まさか、単純にOperaを試してみただけなのに、実験するとは思いませんでした。。。ちょっとブラウザに興味を持って頂ければ、嬉しいかも。


【追記】
いきなりOperaのキーを紛失」で、PDFでの出力結果の比較をUPしています。
posted by 藍旋 at 02:50 | Comment(6) | TrackBack(14) | ソフト・ツール紹介

2005年08月25日

MSN メッセンジャー7.5 と Googleデスクトップ検索の組み合わせ

MSN メッセンジャー7.5が出ているそうで、インストールしてみました。

 “音声IM”機能などを追加した「MSN Messenger 7.5」リリース

主なバージョンアップ内容

・ボイスクリップ機能
・会話ウィンドウ内のリンク禁止設定
・ファイル転送機能禁止設定
・リンクによるコンタクトリンク機能
・ダイナミック背景(フラッシュ背景)
・アップグレードを簡単にする機能

会話ウィンドウ内のリンクやファイル転送を禁止出来るようになりました
これはポリシー設定が可能で、企業のPCを一括設定が可能になります。
簡単に言えば、ウイルスの感染やスパムに対して強くなったと言う事です。最近はIM(インスタントメッセンジャー)経由のウイルス感染が増えています。気を付けて下さいね。MSN メッセンジャーではこのオプションで受信したファイルのウイルスチェックが行われます。私の例は、Norton Internet Security です。
050825_im.jpg

もっとも、メッセンジャーを企業で使う場合、簡単にファイルを送信出来たりするのが利点なんですけど。。。友達リストに入ってない場合は不可とか、もうちょっと機能を追加して欲しいですよね。

ボイスクリップ機能はボタンをクリックする事で、最大15秒のメッセージを録音して相手に送信出来るようです。
音声チャットと違って、相手にマイクなどが無くても気軽に使えるという事でしょうか?私はマイクとか持ってないのでよくわかりません。

コンタクトリンク機能とは、WEBページやメールにリンクを書く事で、簡単に相手との会話を始めれます。
メッセのアドレスをネット上に簡単に書くとスパム業者の餌食になるので、せいぜいメールでしか使えません。記述例を挙げますが、メルアドと書いている場所をご自分のMSNメッセンジャーのメルアドに置き換えて下さい。また、ダブルクォーテーションで囲むと動きませんでした。

【コンタクトリンク機能の記述例】
<a href=msnim:chat?contact=メルアド>藍旋</a>

ダイナミック背景は、Flashを使って会話ウィンドウなどで時計を表示したりしますが、どの背景も会話が見づらくなって使いづらいです。やっぱりシンプルが一番♪


私は友達リストの広告などが嫌いなので、このパッチを使って広告を消します。
導入してみる場合は、Versionが一致していないとダメなので、メッセンジャーのバージョンと同じバージョンのファイルをDLして下さい。
 MSN Messenger 機能追加無駄削除総合パッチ


そして、今回リリースしたMSN Messenger 7.5 と Googleデスクトップ検索の同居で不具合という話が出ています。

 「Google デスクトップ検索」と「MSN Messenger 7.5」の同居で不具合

 MSN メッセンジャー 7.5 をインストールした後に、インスタント メッセージを受け取れない問題について


不具合内容は、Googleデスクトップ検索がインストールされている環境にMSN Messenger 7.5をインストールすると、MSN Messenger の会話の受信に失敗する事があるようです。

原因は不明ですが対処方法として、Googleデスクトップ検索の最新版をインストールする事で、不具合を解決出来るようです。


Microsoftの場合、わざとやってるように見えるのがスゴイです。そこまでして、邪魔をしたいの?みたいに(笑)
posted by 藍旋 at 14:41 | Comment(2) | TrackBack(4) | ソフト・ツール紹介

2005年08月22日

Yahoo!ミュージックがIE上のみの無料音楽配信

Yahoo!が8月22日より、インターネットを通して約10万曲の楽曲を無料で配信するサービスを始めました。

 Yahoo!ミュージックサウンド ステーション
 10万曲が無料――ヤフーが新音楽配信サービス(ITmedia)
 ヤフーが10万曲を無料でネット配信,広告が主な収入源に(IT Pro)

Yahoo!ミュージックサウンド ステーションにアクセスして、ジャンルやアーティスト別に分かれた番組を選ぶと、ブラウザ上に音楽プレーヤが現れて曲が流れます。プレーヤ上には収録されているCDやアーティストの情報へリンク出来たり、気に入ったCDを購入するためのボタンがあります。

番組の最初と何曲かごとにCMが流れるようです(30秒程度?)。無料なんですから、これぐらいは当然ですよね。


【動作環境】
・Windows 98 SE 以上
Microsoft Internet Explorer 5.5以上のブラウザ
・Windows Media Player 9.0以上
・Macromedia Flash Player 6.0以上
・JavaScript、ActiveXコントロールの使用を許可する設定にしてください


但し、制約が色々とあります。
1.無料で約10万曲と書いていますが、各番組は100〜300曲程で40番組程度と思いますので、一度に10万曲が聴けるわけではありませんし、任意の聴きたい曲を選べません。

2.ブラウザ上のみで、ローカル保存は出来ません。(とは言いつつ、すぐにドッカでローカル保存するためのツールが出てきそうですけど・・・)

3.音楽プレーヤには再生と停止のみ。リピートしたくても出来ませんし、巻き戻しも出来ません。これが痛いです!

4.再生可能なのはIEのみ!Firefoxは動作不可でした。Macとかはダメなんですね。。。

5.どうせなら「今週のトップ10」とか作って欲しいです。


なんだか使えないと思う点が多いですが、単純にBGMとして使うにはイイですよね。
posted by 藍旋 at 22:53 | Comment(8) | TrackBack(6) | ソフト・ツール紹介

食べログ.com + Google Maps

価格.com が運営するレストラン系口コミサイト「食べログ.com」で、8月22日より地図上でレストランを探すサービスを始めました。この地図検索でのサービスは Google Mpas を使用しています(詳しく言うと、Google Mpas API を使用)。

 カカクコム、レストランくちコミサイトに Google Maps API を採用(Japan.internet.com)


まだベータ版の位置付けらしく、対象エリアは、東京、神奈川、京都、大阪、神戸の5地区のみで、今後、全国サービスの予定ありです。


Google ローカルなどは面白いですが、この食べログ.comの良い点は、ユーザがその店のレビュー・評価や予算等を書ける事。Google ローカルでも地域でお店を探せますが、関係なさそうなのもよく引っかかるのが問題でした。食べログ.comはレストラン等、食べるところ専用がいいですよね。


大阪を見てみました。8月22日現在、大阪全域の全カテゴリで、2599件の登録があるようですね。
アイコンの星マークは評価の平均点で色づけされているようです。
050822_tabe1.jpg


拡大して、アイコンを一つをクリックして見ました。
評価の平均点とレビュー数が書いています。検索条件のカテゴリはこんな風に分かれています。さらに、詳しくサブカテゴリに分かれています。
050822_tabe2.jpg


お店の名前をクリックすると、そのお店のレビューが書いてあるページに移動します。
住所、定休日、営業時間、レビューした人の予算などが書かれているので、かなり参考になりそうですよね!
050822_tabe3.jpg


次は、大阪市北区(大阪駅周辺)で、お好み焼きを・・・
検索条件も、場合によってはサブカテゴリがこのように深くなります。今回は、有名な老舗お好み焼き屋「美舟」を♪
050822_tabe4.jpg


お店の名前をクリックして、内容確認を。
残念!まだレビューはないようです。
050822_tabe5.jpg


住所に書いてある「地図」をクリックすると、新たに地図が開きます。
但し、こっちはGoogle Mapsとは違います。Google Mpasは地図会社ゼンリン、こっちの地図は地図会社アルプスでした。私はこっちの地図が好きですね♪
050822_tabe6.jpg


食べログ.comにレビューを書くときは、価格.comのユーザ登録が必要です。但し、レストランの新規追加依頼は、ヘルプページからメールでお願いするようですのでユーザ登録不要のようですね。

ぐるなびのように予算や条件で調べれませんが、口コミの話の方が参考になったりするので、ちょっと利用してみてはいかがでしょう??


今回もトマログさんの記事で気付きました。面白いネタをありがとうございます♪
posted by 藍旋 at 22:03 | Comment(2) | TrackBack(2) | ソフト・ツール紹介

2005年08月15日

HDDは暑さに苦手。状態チェック

暑いですね。。。昼間に外に出るという考えがイヤになりますよね。
暑さに苦手と言えば、PCだって暑さに弱いんです。CPUは性能向上と共に暑くなり、熱暴走するので空冷のファンだとうるさくなる一方で最近は水冷とかでを冷やしたりしますが、ハードディスクも実はかなり熱に弱い部品です。なんと言ってもモーターという実際に動く部品があるんですから、熱を持つのは当然ですよね。そして、その場合、データの読み書きの失敗、最悪はクラッシュに繋がります!

 HDDは高温になっても大丈夫?(デジタルARENA)


この記事によると「HDDの動作保証温度は一般にはおよそ0〜55℃の範囲」みたいです。外気温じゃなくてHDD本体の温度ですよね。あくまでも動作するだけでエラーが発生しやすくなる等の目安ではありません。でも、温度なんてわからないし・・・で、こんなソフトがあります。

 HDDlife
 HD Tune


二つともフリーで使えます。HDDlifeは基本は有料なのですが、試用期間を過ぎれば機能が制限されたフリーバージョンになって使い続けれます。基本は二つとも英語ですが、HDDlifeは日本語も選べます。と、いいつつ、上手く日本語になってくれなかったりしますが。。。

どうやって温度を測るかというとHDDについている「S.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysisand Reporting Technology)」というHDDの自己診断機能を使っており、コレには温度や今までの実働時間、エラー発生した回数などが残されています。ここ2〜3年ぐらいのHDDにはほぼついています。もう5年ぐらい前のHDDにもついていましたので、ほぼどれでも使えると思います。


私のHDDはちょっと使うと44℃とかになっちゃいます。HDDは機種によっては平均温度が違うのですが、高温ですよね〜。

私のHDDの状態をHDDlifeとHD Tuneでとってみました。現在、41℃みたいですね。
050814_hddlife.jpgHDDlife
050814_hdtune1.jpgHD Tune



このS.M.A.R.T.という自己判断機能でエラーなどを見る事が出来るため、経年劣化よるクラッシュしそうな時期を判断できます。S.M.A.R.T.を見るという事と拡張情報を見るフリーソフトではHDD Healthがあります。

 HDD Health

HDDlifeですと、エラー発生率などから総合判断してhealth statusに表示するので、OK!の間は比較的大丈夫です。(突然壊れる可能性はありますよ!)

HD TuneやHDD Healthですと、ステータス毎の細かい数字が羅列されます。正直、ちょっと読み方がわかっていません。「Raw Read Error Rate」が読み込みエラーの発生率らしく、なんか既に発生済みのようです(ノ_・。) 私のためにも、いつかちゃんと調べて載せてみたいです〜。


050814_hdtune2.jpgHD Tune
050814_hdhealth1.jpgHDD Health


HDD Healthでみると、詳しいHDDの情報を見れます。こんな機能をサポートしてます、等々。
050814_hdhealth2.jpgHDD Health



暑いとHDDは非常に壊れやすくなります。
HDDがクラッシュした時に「データ復旧サービス」というのがあるのですが、かなり高価です。これが、夏場は稼ぎ時で休む暇がないそうです!!残念ながら、PCに関しては「室温28℃」は敵のようです。。。
ちょっと涼しい部屋にPCはおくようにした方が安全ですよ〜!



簡単に今回紹介したツールのまとめ

HDDlife
温度と簡単なステータスチェックを見るのに便利。

HD Tune
温度、HDDのベンチマーク(性能判断テスト)、S.M.A.R.T.の表示、HDDのエラースキャン等機能が豊富。一番使えそう。

HDD Health
S.M.A.R.T.の表示、HDDの詳細機能表示。サポートしている機能を調べるなど特殊な時には便利。
posted by 藍旋 at 00:28 | Comment(2) | TrackBack(1) | ソフト・ツール紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。